ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2022年7月19日

共同発表機関のロゴマーク
「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第19回会合(WGIA19)」
の結果について

(筑波研究学園都市記者会、環境記者会、環境省記者クラブ同時配付)

2022年7月19日(火)

   1.2022年7月7日(木)~同年7月13日(水)に「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第19回会合(19th Workshop on Greenhouse Gas Inventories in Asia (WGIA19))」をオンラインで開催しました。
   2.WGIAメンバー国の16か国や米国環境保護庁の政府関係者、国際機関の関係者、研究者等(総計約110名)が参加し、参加国の透明性に関わる能力向上支援と、ネットワークの更なる強化を図りました。
 

■ 概要

環境省と国立研究開発法人国立環境研究所は、2022年7月7日(木)~同年7月13日(水)に「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第19回会合(19th Workshop on Greenhouse Gas Inventories in Asia (WGIA19))」をオンラインで開催しました。 今回の会合には、我が国を含むWGIAメンバー国の16か国や米国環境保護庁の政府関係者、国際機関の関係者、研究者等(総計約110名)が参加し、温室効果ガスインベントリの相互学習を行うとともに、途上国が提出した国別報告書(NC)及び隔年更新報告書(BUR)に含まれる最新のインベントリに加え、パリ協定における強化された透明性枠組み(ETF)の下の新しい報告形式やツール及び分野横断的なガイダンスについて議論等を行い、参加国の透明性に関わる能力向上支援と、ネットワークの更なる強化を図りました。

■ 背景

環境省と国立研究開発法人国立環境研究所は、アジア地域諸国の温室効果ガスインベントリ(排出・吸収目録)の精度向上と、地域の協力関係の促進を目的として、2003年度から毎年度、WGIAを開催しています。

WGIA19の開催についての問合せ先
環境省地球環境局国際脱炭素移行推進・環境インフラ担当参事官室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8246)
参 事 官:水谷 好洋(内線 5750)
参事官補佐:迫口 貞充(内線 5134)
担   当:黒田 琴絵(内線 5123)

内容についての問合せ先
環境省地球環境局総務課脱炭素社会移行推進室
直  通:03-5521-8244
室  長:伊藤 史雄 (内線5730)
係  長:妹尾 光平 (内線5733)
担  当:宮田 和明 (内線5736)

国立研究開発法人国立環境研究所
地球システム領域 地球環境研究センター
温室効果ガスインベントリオフィス
代表:029-850-2777
マネジャー 畠中 エルザ