ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-地球システム領域

  • 領域長あいさつ
  • 研究概要
  • 研究室
  • 報道発表等
  • 研究成果
  • 刊行物
  • データベース/ツール
  • 関連ページ

領域長あいさつ

地球システム領域長 三枝 信子

三枝 信子領域長の写真

私たち人間の住む地球の表面には、大気や海洋、そして陸域があり、これら地球表層の環境を保全することは持続可能な人間社会をつくる上で欠かすことができません。しかし、近年では人間活動の影響を受けた気候変動により世界の陸域や海上の気温は長期的に上昇を続けています。将来は、海面水位の上昇や大雨の頻度の増加、さらに熱波や干ばつの被害を受けやすい国や地域では食料生産への深刻な影響も危惧されています。

このような中で、気候変動対策の国際的な枠組み「パリ協定」のもと、世界各国は温室効果ガスの削減に向けて対策をいっそう進めることが求められています。日本においても2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするとの目標が表明され、国を挙げて取り組む決意を示す「気候非常事態宣言」の決議が衆議院と参議院で採択されました。

私たち地球システム領域は、地球環境保全に資する研究を専門的に行う部署として、気候非常事態を乗り越えて持続可能な地球環境を実現するために、最新の科学的知見をもって貢献していきます。

地球システム領域は、国立環境研究所第5期中長期計画の開始に合わせて2021年4月に始動しました。地球システム領域のメンバーは、新たに開始する戦略的研究プログラム「気候変動・大気質研究プログラム」をはじめ、地球システムの現象把握、将来の地球環境変化の予測とリスク評価、それらに必要な先端的計測技術やモデル開発に関わるさまざまな研究課題に国内外の研究者と連携して取り組みます。また、1990年に発足した「地球環境研究センター」が整備してきた知的研究基盤(長期モニタリング、データベース等)は、地球システム領域内のセンターとして新たに位置付ける「地球環境研究センター」が引き継ぎます。温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)シリーズを担う「衛星観測センター」とも密接に連携していきます。

研究活動や成果はこれまで以上に迅速に幅広くお伝えしていきます。科学的知見やデータについては国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)や気候変動に関する政府間パネル(IPCC)等の国際枠組みへ積極的に発信します。以上の活動を通して、持続可能な地球環境と人間社会の実現に貢献していきたいと思います。

2021年4月 三枝信子

研究概要

地球システム領域 研究概要

 地球表層を構成する大気・海洋・陸域における物理・化学プロセスと生物地球化学的循環の解明、人間活動の影響を受けた気候及び地球環境の変動とそのリスクの将来予測、それらに必要となる先端的計測技術やモデリング手法の開発、並びに地球環境保全に関わる政策決定に必要な科学的基盤を提供するための研究を行います。また、気候安定化と持続可能な社会への移行に資するため、経済・社会に大きな影響を与える極端気象等への気候変動の影響の研究、地球観測データの複合利用による人為起源・自然起源の気候変動関連物質の動態把握、それに基づくパリ協定の目標達成に向けた緩和策の効果の確認等に関わる研究にも取り組みます。
 なお、地球システム分野における知的研究基盤整備として、気候変動関連物質を中心にした地球環境の戦略的モニタリング、気候変動影響のモニタリング、地球環境変動に関わるデータの整備と利活用の推進、国際的な研究動向を踏まえた国内外共同研究やオフィス活動の支援、科学的知見の集約と社会への普及等を行います。以上の活動を通して、地球システム分野の中核的研究機関としての機能を一層強化します。

図:地球システム領域 地球表層システムの理解と持続可能な地球環境の 実現に貢献する研究を行います。

研究室

研究室

  • 炭素循環研究室生物地球化学的な循環をしている温室効果ガスなどの物質の観測技術の開発と、地球規模の陸域・海洋および大気における物質循環の動態把握、および気候変動との相互作用の解明を行います。
  • 動態化学研究室環境中の化学物質の動態や生物地球化学的循環を様々な時空間スケールで把握するための計測技術の開発とその応用に関する研究を行っています。
  • 地球大気化学研究室地球規模における大気汚染および気候変動に関わるオゾンやエアロゾル、その関連物質を計測する技術開発、地上や船舶を用いた野外観測による動態把握、モデルシミュレーションによる輸送や変質のメカニズムを明らかにする研究を行っています。得られた科学的成果を国内および国際的な環境政策の立案や持続可能性の議論に役立てています。
  • 大気遠隔計測研究室大気遠隔計測研究室では、エアロゾル・雲の気候影響の評価を目的として、全球から領域規模での時空間変動の把握やその放射過程の理解に資する遠隔計測手法の開発とその応用についての研究を行っています。
  • 衛星観測研究室衛星リモートセンシングについて、観測機器の開発や運用、観測データの処理・解析や、観測結果を地上から検証する手法の開発・研究を進めています。また、衛星観測データを活用して地球規模の環境変動を把握するための研究をしています。
  • 物質循環モデリング・解析研究室物質循環モデリング・解析研究室では、主に温室効果ガスのグローバルな循環を解明するため、数値モデルによるシミュレーションやデータ解析を行っています。モデル研究において大気・陸域・水域を幅広く扱う国内有数の研究室です。GOSAT事業で使用される各種モデルの開発・応用も行っています。
  • 気候モデリング・解析研究室力学・化学・放射過程など諸過程の統合モデリングに基づく地球環境システムとしての気候変動の解明と予測を行います。
  • 地球システムリスク解析研究室気候変動が進むことによる悪影響のリスクや、気候変動対策に伴う副作用のリスクを、主に地球全体の空間規模に注目して評価する研究をしています。主にコンピュータシミュレーションの手法を用いて研究を行います。得られた成果を政策立案の指針に役立てることを目指しています。
  • 地球環境研究センター 観測係地球システム領域が行う活動成果を最大限とするため、地球環境研究を基盤的に支える知的基盤のマネージ、ウェブサイト等を利用した研究成果の積極的発信などを進めます。
  • 地球環境研究センター 研究推進係地球システム領域が行う活動成果を最大限とするため、地球環境研究を基盤的に支える知的基盤のマネージ、ウェブサイト等を利用した研究成果の積極的発信などを進めます。
  • 地球環境研究センター 大気・海洋モニタリング推進室温室効果ガスのグローバル循環を把握するため、地上ステーションや船舶・航空機等のプラットフォームによる温室効果ガスモニタリング観測を行っています。
  • 地球環境研究センター 陸域モニタリング推進室陸域生態系などにおける温室効果ガスなどの吸収・排出の機構解明と吸収・排出量のモニタリング、および気候変動影響のモニタリングの推進を行います。
  • 地球環境研究センター 地球環境データ統合解析推進室地球環境研究において、研究計画からデータの取得・解析・公開・利活用促進まで、データのライフサイクルに沿った支援を行っています。データを収集・整備し、広く発信する地球環境データベースGEDの運用、研究チームが効率的にデータ管理できる研究データ管理システムRDMSの開発等を行っています。
  • 地球環境研究センター グローバルカーボンプロジェクト(GCP)つくば国際オフィス
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス(GIO)毎年の日本国の温室効果ガスインベントリの作成および関連調査研究、これに伴う国際対応等業務の遂行を目的として、2002年7月に国立環境研究所 地球環境研究センターに設置されました。
  • 地球環境研究センター GHG-SLCF インベントリ高度化連携研究グループ
  • 衛星観測センター

報道発表等

報道発表

研究成果

最新の研究成果(誌上)

最新の研究成果(口頭)

過去の研究成果

刊行物

環境儀

国立環境研究所ニュース(テーマ別記事)

国立環境研究所研究プロジェクト報告(旧特別研究報告)

国立環境研究所研究報告

データベース/ツール