ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-資源循環領域

  • 領域長あいさつ
  • 研究概要
  • 研究室
  • 報道発表等
  • 研究成果
  • 刊行物
  • データベース/ツール
  • 関連ページ

領域長あいさつ

資源循環領域長 大迫 政浩

大迫 政浩領域長の写真

 私たちの資源循環領域では、モノの上流から下流まで、つまり、資源を採り出すところから廃棄するところまでを扱います。資源は、私たちが生活していくための活動に使われ、私たちの様々な欲求に対して価値を提供しています。天然資源のほとんどは有限なので、私たちはできるだけ少ない資源でより豊かな生活を得ることが理想です。また、資源を採り出す時に生態系に影響を与えたり、廃棄するときに環境に影響を与えたり、その他様々な環境負荷が生じる可能性があります。3Rの取組みや廃棄物等の適正な処理によりできるだけ環境負荷を少なくして、私たちの生存基盤である環境が持続的に維持されるように資源を利用していくことが望ましいといえます。このような資源の持続可能な利用により価値を得て、同時に環境負荷を十分低減できる社会が循環型社会であり、私たちの領域は将来の理想像を明確に描くこと、そこに至る道筋と方法論を提示することが役割であると考えています。また、循環型社会の形成において、将来の脱炭素社会や自然共生社会、安全が確保された社会を統合的に実現していくこと、さらには、SDGsで示されているような様々な社会課題を同時に解決していくための道筋を示していきたいと考えています。
 社会をシステムとしてマクロにみる視点だけなく、日本やアジア諸国等の様々な地域や自治体、事業者、NPO/NGO、一般市民等の各主体の活動など、現場の状況にも目を向けて、現場に密着したミクロな視点での研究も大事にしていきたいと考えています。各地域や様々な主体が抱えている課題、制約条件は異なります。人々が持っている情報やリテラシー、そして価値観も異なる中で、個別解を探していくこと自体とても難しいことです。廃棄物処理施設はいまだ迷惑施設として扱われ、ましてや福島第一原発事故に伴う放射能汚染で生じた廃棄物や土壌の処理の過程では、地域社会に大きな軋轢が生じています。このようなリアルな現場に身を置いて、自分たちの目で直接見て、コミュニケーションを図ることで多くの気づきが得られます。そして、研究を通して一般化を試み、現場の方々と協働して望ましい姿の実現を目指していく、そのような地道な社会実装の取組みにも力を入れていきたいと思います。
 以上、第5期の中長期計画がスタートするにあたり、資源循環領域としての意気込みを示しました。私たちの強みである、社会をシステム的に思考する力、基盤となるハードウェア技術を開発する力、環境の状態を的確に計測する力を存分に活かして、持続可能な循環型社会の形成に貢献していく所存です。

研究概要

資源環境分野

資源から廃棄物に至るライフサイクル全体を通じた物質のフロー・ストック、循環の実態把握・影響評価、将来予測、環境負荷の低減や資源効率の向上に資する管理方策の提案等を行う調査研究を行います。
また、物質の循環的利用、廃棄物の適正な処理・処分、環境の修復・再生のための技術・システムの開発と発展途上国等への適合化のための調査研究を行います。

詳しくは資源循環領域のホームページをご覧ください。

研究室

研究室

  • 資源循環社会システム研究室資源循環分野における社会システムと政策の分析資源循環と廃棄物管理に関するシステム分析と調査、制度設計と政策評価、ステークホルダーの行動分析を含む社会システム研究を行います。一般廃棄物のシステム分析による国や自治体の計画目標の設定と政策戦略の策定支援、超高齢時代における廃棄物処理システムの確保策の提示、廃棄物処理・資源循環過程における化学物質の動態把握の手法開発などを目指します。

    資源循環領域の研究室メンバーのページはこちら
  • 国際資源持続性研究室資源利用の持続可能性評価と将来ビジョン研究マルチスケールでの資源の持続的利用を可能とする生産・消費システムの同定と制度設計に関する調査・研究を行います。具体的に、国際的な資源のフロー・ストックの推計と構造特性の分析、資源利用の環境・経済・社会影響から見たリスクやクリティカリティ評価手法の開発、多様なステークホルダーが資源の持続可能性を理解するための可視化方法の検討を行います。

    資源循環領域の研究室メンバーのページはこちら
  • 資源循環基盤技術研究室持続可能な資源循環及び地域循環共生圏の構築に資する基盤技術開発近未来の資源循環において予見される課題に対して、化学分析、材料分析、リスク評価、化学工学、環境工学を融合したアプローチによって、課題解決するための先導的基盤技術(ナノプラスチックに関する分析評価基盤やカーボンサイクル技術等)を研究開発し、脱炭素化や安全確保に配慮した持続可能な資源循環及び地域循環共生圏の中核要素技術に関する技術基盤を整備します。また、他研究室や外部機関とも連携し、各種政策への貢献や成果の社会実装を目指します。

    資源循環領域の研究室メンバーのページはこちら
  • 試験評価・適正管理研究室資源循環過程の有害物質等の計測・試験・評価研究環境に調和した循環型社会を目指して、製品ライフサイクルにおけるマイクロプラスチックやアスベスト等の粒子状物質や新規・次期POPsの実態把握や作業従事者等の曝露評価、含有有価金属等の資源性評価、循環利用のための環境安全品質評価手法開発・標準化等に取り組むとともに、循環資源グリーンインフラ機能向上に向けた基礎技術開発・評価を行います。

    資源循環領域の研究室メンバーのページはこちら
  • 廃棄物処理処分技術研究室廃棄物処理処分技術の適合化ならびに高度化に関する研究我が国の廃棄物・資源循環技術の衛生面及び環境安全面での高度化に資する技術・システムの開発を行います。また国産技術のアジア等海外への適用、外国産技術のアジア等への適用のため、廃棄物等の物流制御、合理的なアジア都市の代謝システムの提示、廃棄物・生活廃水の適正処理・リサイクル技術開発、住民参加による行政の効率化・適合化に関する検討を行います。

    資源循環領域の研究室メンバーのページはこちら

報道発表等

報道発表

研究成果

最新の研究成果(誌上)

最新の研究成果(口頭)

過去の研究成果

刊行物

国立環境研究所ニュース(テーマ別記事)

国立環境研究所研究プロジェクト報告(旧特別研究報告)

データベース/ツール