ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2020年9月25日

コロナ禍における資源循環・廃棄物管理 
国際シンポジウムの開催報告および共同声明の発出について

(筑波研究学園都市記者会、環境記者会、環境省記者クラブ同時配付)

令和2年9月25日(金)
国立研究開発法人 国立環境研究所
資源循環・廃棄物研究センター
センター長 大迫 政浩
主任研究員 石垣 智基
 

   国立環境研究所と廃棄物資源循環学会は共同で、2020年9月18日(金)に国際シンポジウム「コロナ禍における資源循環・廃棄物管理~アジア・大洋州からの地域レポート及び共同声明~」(Sound Waste Management in Response to the Pandemic of COVID-19)を開催しました。本シンポジウムでは、国内外から専門家の方をお招きし、コロナ禍において各国・地域の廃棄物・資源循環分野で抱えている問題を報告頂くとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大により安全な廃棄物管理のあり方に関する社会の懸念を共有し、今後の対応を国際的に協調して取り組んでいく決意を盛り込んだ共同声明を発表しました。

1.背景

   国立研究開発法人国立環境研究所と一般社団法人廃棄物資源循環学会は共同で、2020年9月18日(金)に国際シンポジウム「コロナ禍における資源循環・廃棄物管理~アジア・大洋州からの地域レポート及び共同声明~」(Sound Waste Management in Response to the Pandemic of COVID-19)を開催しました。
   新型コロナウイルス感染症が、世界中の人々の暮らしに大きな影響を与えている中で、資源循環・廃棄物管理分野において、感染性が懸念される廃棄物の取り扱い、廃棄物管理従事者に対する風評被害、新しい生活様式に基づく廃棄物排出実態の変化など、様々な影響について、世界共通の課題だけでなく国・地域に特有の課題について、国際機関からの基調講演と、日本を含む6ヶ国からの報告があり、科学的・政策的な知見の共有や交流が図られました。

   また、シンポジウムの最後には、新型コロナウイルス感染症の拡大により安全な廃棄物管理のあり方に関する社会の懸念と、世界共通及び地域固有の問題について引き続き情報共有を図り、今後の対応を国際的に協調して取り組んでいく決意を盛り込んだ共同声明を発表しました。
(共同声明の内容については、3.共同声明仮訳を参照のこと。)

2.実施概要

実施日時:9月18日(金)10:00 ~ 12:00
オンライン(zoom、YouTube)
YouTube動画リンク:https://youtu.be/LtN8a5XaPXk【外部サイトに接続します】
主催者:一般社団法人廃棄物資源循環学会、国立研究開発法人国立環境研究所
総参加者数:250 名

3.共同声明仮訳

コロナ禍における適正な廃棄物・資源循環に向けた学術界の貢献に関する共同声明

2020年9月18日に札幌で開催された国際シンポジウム「コロナ禍における資源循環・廃棄物管理~アジア・大洋州からの地域レポート及び共同声明~」において、廃棄物資源循環学会、韓国廃棄物学会、ネパール環境技術者協会、タイ廃棄物協会、中国環境科学会固体廃棄物分会、太平洋地域環境計画事務局、パプアニューギニア大学の代表者がオンラインにて参集された。

1.今回の新型コロナ感染症の流行拡大の中で、廃棄物処理および関連業務に従事する人々の献身的な働きに、社会インフラの一つとしての重要な役割を認識し、深く感謝の意を表する。

2. このような状況下で、廃棄物処理及び関連業務に従事する人々に対する不当な差別や偏見に断固として抗議し、これらの人々及び社会全体の安全性の向上を求める。

3. プラスチック、感染性廃棄物、家庭廃棄物の増加、処理能力の不足、不適切な処理や偶発的な汚染の懸念、公衆衛生や海洋プラスチック汚染への悪影響、リサイクル産業の弱体化など、感染症拡大の状況下において生じた新たな問題や課題を認識する。

4. 学術界に与えられた使命を再認識し、安全・安心な社会を維持するために、新型コロナ感染症の感染拡大に対応した関連研究の推進、状況の評価、技術・システムの開発、廃棄物管理や物質循環に関する必要な助言を会員に促す。

5. 社会の知見に基づく廃棄物管理の健全化に向けた政策立案に貢献するとともに、持続可能な開発目標(SDGs)と「より良い復興」の追求とともに、新型コロナ感染症の収束以降の廃棄物管理や資源循環を再構築し、強靱で持続可能な未来に向けた取り組みを行う。

6. 感染拡大に対応した健全な廃棄物管理に関する知識と最良の慣行(ベストプラクティス)の共有、およびアジア太平洋地域における学術界および関係機関間の国際協力と協力を促進する。

2020年9月18日、札幌

代表者署名(略)

署名式の様子の写真
署名式の様子

【問い合わせ先】

国立研究開発法人 国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター
主任研究員 石垣 智基


シンポジウムのチラシの画像