ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-環境リスク・健康研究センター

  • センター長あいさつ
  • 研究概要
  • 研究室・研究者紹介
  • 報道発表等
  • 研究成果
  • 刊行物
  • データベース/ツール
  • 関連ページ

センター長あいさつ

環境リスク・健康研究センター長 鈴木 規之

環境リスク・健康研究センター長

 近年はさまざまな技術革新によって人々の生活は大きく変わりました。しかし、どのような新しく高度な技術に囲まれていても、人間の、また 環境の安全を保ち、健康な社会を作っていくことは常に最も重要な課題です。また、現代においては、地球規模の環境全体の中で安全の課題をとらえることがますます重要になってきています。環境リスク・健康研究センターは、2001年に設置された化学物質環境リスク研究センターおよび、今年度からは環境健康研究センターを引き継いで、化学物質の生態リスクと健康リスクを主要な研究分野として研究を進めてまいりました。環境から人と環境が受ける可能性のあるリスクとその管理のあり方を明らかにすることは、国内外から広く求められています。国立環境研究所第4期中期計画では、今後予想される新たな課題への対応をも目指しつつ、「安全確保社会実現のためのリスク科学の体系的構築研究プログラム」を軸に、環境リスク研究分野および環境健康研究分野の基盤研究、またリスク評価科学事業連携オフィスおよびエコチル調査コアセンターでの研究事業を一体として推進しています。また、国際機関、関連団体等との連携を積極的に進め、中核的研究機関としての機能をさらに強化していきたいと考えています。社会や技術の進歩とともに、人と環境の安全を守るための課題も日々変化しています。私たちは、新たな課題に対応しつつ、基礎から応用にわたる総合的な取り組みによって、新しい社会の安全を保つために貢献したいと考えています。

研究概要

環境汚染物質等の環境要因による環境リスクから人の健康と生態系の保全と安全確保に貢献

 環境汚染物質等の環境要因による環境リスクから人の健康と生態系の保全、安全確保および未然防止に貢献することを目指して、環境リスク研究分野と環境健康研究分野が共同で調査・研究を進めています。また、「子どもの健康と環境に関する全国調査( エコチル調査)」について、調査の中心機関として総括的な管理・ 運営を行うエコチル調査コアセンターを担っています。

○環境リスク研究分野
環境リスクの防止を支える科学を確立し、安全確保社会の達成に貢献

 生態毒性試験の高度化と化学物質の新たな生態影響評価体系の開発、化学物質の環境経由の曝露・影響実態の把握手法の開発、フィールドおよび実験研究による生態系における曝露・影響実態の解明と対策、また化学物質等のリスク管理の体系化と環境動態や曝露評価に関する研究など一連の研究を人の健康に関する環境健康研究分野との共同で進め、リスク評価科学としての応用を実施しています。

○環境健康研究分野
環境要因による健康への悪影響の予防、健康リスクの低減や、将来にわたる健康の維持に貢献

 環境中の化学物質等さまざまな環境因子や新規環境要因が人の健康にもたらす悪影響の検出、将来の世代に及ぼす影響の予見、それらの影響メカニズムの解明とこれを基盤とした影響評価、および有害な環境要因の同定を行うための実験研究および疫学調査・研究を行っています。これらの成果をもとに、環境リスク研究分野と共同して健康リスク評価研究を推進します。

○エコチル調査コアセンター
http://www.nies.go.jp/health/labo/ecochil.html

研究室・研究者紹介

研究室

  • 生態毒性研究室
    生態毒性試験の高度化と化学物質の新たな生態影響評価体系の開発を目指して、分子~生体レベルでの試験系やモデルの開発、生態系へのインパクト解明を目指す評価体系の開発を行います。
  • 曝露影響計測研究室
    化学物質の環境経由の曝露・影響実態の把握手法の開発を目指して、変異原性を有する多環芳香族等や生物由来の高分子量分子等を対象とした検出手法の開発と健康影響への関連の検討を行います。
  • 生態系影響評価研究室
    生態系における曝露・影響実態の解明と対策を、閉鎖性内湾などの沿岸生態系でのフィールド研究および実験研究等により進め、曝露・影響実態の解明と生物相の回復に向けた対策の提案を行います。
  • リスク管理戦略研究室
    化学物質等のリスク管理の体系化と環境動態や曝露評価を進めるため、地球・地域規模多媒体モデル、難燃剤等の排出推定モデルの開発や化学物質等のリスク管理戦略に関する研究などを行います。
  • 統合化健康リスク研究室
    ナノマテリアルなどの新規素材も含め、化学的あるいは物理的性状の異なる物質に対し、神経毒性、免疫毒性、生殖発生毒性、遺伝毒性、あるいは吸入毒性等の有害物質の影響指標の研究を行います。
  • 病態分子解析研究室
    環境汚染物質・環境因子の免疫系、代謝系等への影響を評価し、その分子機序を解明することにより、疾患の予防、低減に有用な情報を提供し、健康保全に貢献します。
  • 生体影響評価研究室
    環境汚染物質・環境因子の脳神経系等、生体機能への影響検出・評価法の開発および影響評価を行うことにより、有害環境因子を同定し、環境因子による健康への悪影響の予防・低減に貢献します。
  • 曝露動態研究室
    環境要因への生涯曝露測定および曝露係数・曝露シナリオの定量に関する研究を行う。特に化学物質曝露後の体内動態に着目して、疫学研究、毒性学研究などと共同し、健康影響評価手法を開発します。
  • 環境疫学研究室
    環境汚染物質・環境因子が健康へ及ぼす影響を明らかにするための疫学調査・研究を実施し、健康影響評価及び健康被害予防のための政策に資する知見を提供する。また、疫学調査手法を開発・高度化します。
  • レギュラトリーサイエンスに関する研究開発及び研究事業を行う拠点として、生態毒性標準拠点及び環境リスク評価事業拠点をおいて環境リスクに関する研究と事業を連携して推進します。
  • エコチル調査コアセンター
    「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」について、調査の中心機関として総括的な管理・ 運営を行っています。
  • エコチル調査コアセンター企画推進室
    エコチル調査に係る企画調整や関係機関との連携推進を行います。
  • エコチル調査コアセンター研究開発室
    エコチル調査に係る研究計画の企画立案、調査手法の開発を行うとともに、データの整備・管理、試料の分析や管理を行います。

研究者

報道発表等

報道発表

研究成果

最新の研究成果(誌上)

最新の研究成果(口頭)

過去の研究成果

刊行物

環境儀

国立環境研究所研究プロジェクト報告(旧特別研究報告)

データベース/ツール

  • 化学物質安全情報提供システムなどの化学物質データベースにいくつかのファイルを追加して作成した化学物質データベース
  • 化学物質の分析法開発や環境分析に携わる方へ情報を提供することを目的として、公定法や環境省公表資料等に示されている分析法を集約し、化学物質名、関連法令などから検索できるようにしたデータベース
  • 簡易的な多媒体分布予測モデルを内臓した環境リスク評価統合アセスメントプログラム、地理情報を表示するためのファイルを作成する可視化ツール、化学物質排出量の推定および地理配分計算を実施するための排出推定ツール
  • オランダの国立公衆衛生・環境保護研究所(RIVM)の化学物質評価グループが開発したUSES(UniformSystemfortheEvaluationofSubstances)を基にして開発した環境リスクの統合アセスメントプログラム
  • 環境中に放出された化学物質の大気・水・土壌・底質など媒体間での輸送や分配と地点間移動を同時に推定するモデル
  • 生態毒性QSAR(定量的構造活性相関)モデルの1つ。化学物質の構造式等を入力することにより、魚類急性毒性試験の半数致死濃度及びミジンコ遊泳阻害試験の半数影響濃度を予測する。
  • 化学物質の健康影響を評価するための研究を支援する4つのサブシステム(ChemToxGen、ChemArrayDB、PCECとMulCEH)からなり、遺伝子発現、細胞や組織に対する影響、影響のメカニズムに関するデータベース機能と、それぞれの相互関係を包括的なネットワークとして可視化するための機能を提供
  • 酵母ツーハイブリッド・アッセイ法を用い、試薬として市販されている物質及び合成品について、エストロゲン作用のアゴニスト/アンタゴニスト活性を試験したデータ 【更新終了】
  • 各管轄消防局のご協力を得て、最新の熱中症患者発生状況を提供(過去データも保存)
  • 化学物質の生態系への影響を、藻類、ミジンコ、魚類の3栄養段階の生態毒性データをもとに、種間相互作用等を組み込んだ生態学モデル(水系3栄養段階生態リスク評価モデル A-TERAM)によって推定するリスク評価システム