ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-環境情報部

  • 部長あいさつ
  • 業務概要
  • データベース/ツール

部長あいさつ

環境情報部長 柳橋 泰生

環境情報部長 柳橋 泰生

 環境情報部の第一の業務は、国民の皆様に対する環境情報の提供です。
 「環境展望台」というサイトの運営を通じて、皆様に環境問題に関するさまざまな情報を提供しています。
 環境問題への取り組みに関する国内外のニュースを日々配信しているほか、国や地方公共団体が実施した環境監視のデータを地理情報システムの技術を用いて見ることができるようにしています。元となるデータの精査も行い、正確な情報づくりに努めています。
 さらに、大気中の微小粒子状物質(PM2.5)等の濃度が注意を要する水準に達するかということをお知らせするため、毎日、シミュレーションモデルを用いてコンピュータで予測計算し地図上に表記するヴィーナスというシステムを運用しています。
 その他、環境法令や環境技術などの情報を体系的に整理し提供しています。

 環境情報部の第二の業務は、国立環境研究所で行われた研究成果の発信です。プロジェクト研究の報告書や「国立環境研究所ニュース」を作成しているほか、一般の方や他分野の専門家が理解しやすいように、特定のテーマについて研究の背景情報も含め研究成果を研究者へのインタビュー形式でまとめた「環境儀」という情報誌を発行しています。

環境情報部の第三の業務は、研究の支援です。研究・業務のインフラとしての図書室やスーパーコンピュータ、ネットワークシステムの管理を行っています。

 気候変動問題にみられるように、環境問題が人類の存続を左右するような重大な問題となってきている中、環境問題を正確な情報により理解することがますます重要となってきています。平成28年度から始まる第4期中長期計画期間においても、環境情報部では、正確で分かりやすい環境情報を発信していくよう努めてまいりますので、引き続きご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

業務概要

 環境保全の推進のためには、環境情報が社会全体で可能な限り共有され、これに基づいて共通の理解や合意を形成していくことが重要です。このため、環境情報部では、様々な環境情報を幅広く収集し、これらの情報をインターネットを通じて提供するほか、環境問題に関して行っている様々な研究の成果を広く発信しています。また、図書室やコンピュータシステムの管理など、業務の効率的な運営のための業務も担当しています。

環境展望台

図:環境展望台

 環境保全活動への多様な主体の参加を推進するため、環境情報を総合的に提供する環境情報メディアとして開設したウェブサイトです。見晴らしの良い展望台のように様々な情報を俯瞰して見ることができ、体系的に整理した情報を提供することにより、持続可能な社会が形成されることを目指しています。様々な環境情報を案内する検索システムをはじめ、国内外の環境ニュース、環境分野の研究技術や政策法令に関する情報、環境マップ、環境学習に役立つ情報などを掲載しています。

環境GIS

図:環境GIS

 「環境GIS」は、本研究所や環境省などの環境調査・研究の成果を可視化し、地図やグラフなどを用いて、大気汚染、公共用水域水質、有害 大気物質、ダイオキシン、自動車騒音などの常時監視結果を分かりやすく提供しています。また、本研究所の研究成果を活用して、「大気汚染予測システム」や「東アジアの広域大気汚染マップ」「自動車CO2排出量マップ」などを提供しています。さらに、「環境数値データベース」では、大気環境月間値・年間値データ(1970年度~)及び公共用水域水質年間値データ(1971年度~)のデータダウンロード提供を行っています。

環境研究・技術開発情報の提供

図:研究・技術

 わが国における環境研究の推進及び環境技術の普及に貢献することを目的に、上記「環境展望台」の主要コンテンツの一つとして、環境研究・技術開発に関する情報を幅広く提供しています。環境技術をわかりやすく解説する「環境技術解説」をはじめ、必要な情報に手際よくたどりつくための「環境技術情報ナビ」、環境分野の国内外のデータベースを紹介する「環境データベース」などがあります。また、全国の地方環境研究所の取り組みや環境研究に関する動画なども掲載しています。

国立環境研究所ホームページ

 本研究所の活動状況や研究成果等に関する情報をホームページから提供しています。研究への取り組みとして、重点研究プログラムのほか、研究センター毎に活動状況を紹介し、研究成果として、各研究者の発表研究論文を検索できるようにしています。また、研究の結果得られた各種データベースを整備し、年報、研究報告書など、各種刊行物についてはホームページからダウンロードできるようになっています。さらに、公開シンポジウムの状況については、動画により提供しています。

刊行物の出版、普及

図:刊行物

 国立環境研究所の活動状況や研究成果等をとりまとめた年報、英文年報、研究報告、ニュースなどを刊行し、広く国や都道府県の試験研究機関などに提供しています。また、国立環境研究所の研究成果を分かりやすく説明した研究情報誌「環境儀」を年4回刊行しており、広く一般提供しています。これら刊行物は電子媒体での提供を基本としており、PDFファイルを研究所ホームページからダウンロードできます。

図書室の運営

写真:図書室

 環境研究に必要な文献情報を国内外から収集し、図書室に整理・保管して所内の研究者を中心に閲覧等に供するサービスを行っています。単行本蔵書数は約5万冊であり、学術雑誌は、国内外を合わせて、約400誌にのぼります。これらのほか、所内研究者に対する文献閲覧サービスの一環として、Web of Science やScience Directなどのインターネット上のウェブサイトを利用した文献情報の検索・参照体制を整備しています。

コンピュータ・ネットワークシステムの管理

写真:コンピュータ・ネットワークシステム

 スーパーコンピュータ及び所内基幹ネットワークの管理・運用を行っています。スーパーコンピュータについては、大容量データ解析を超高速かつ効率的に実行可能とするベクトル処理用計算機により、地球温暖化予測や地球観測データの解析などの環境研究に活用されています。また、ネットワークシステムについては、所内利用者に対する利用支援のほか、不正アクセスの防止、コンピュータウイルス対策等のセキュリティ対策を行っています。

データベース/ツール

  • 全国や地域のさまざまな環境質の測定データや法規制の状況などについて、地理情報システム(GIS)を用いて地図やグラフで提供するシステム
  • 全国の大気環境常時監視測定局の年間値、月間値測定結果と公共用水域水質測定地点の年間値測定結果のデータを掲載
  • 様々な環境情報の中から必要な情報にたどり着きやすい検索システム
  • 国立環境研究所の研究計画(研究課題)のデータベースを検索:平成13年度〜
  • 国立環境研究所の研究成果(年報)のデータベースを検索:平成13年度〜
  • 国立環境研究所の職員が学会誌等に発表した論文一覧:昭和63年度〜
  • 国立環境研究所の職員が学会等で講演発表した一覧:昭和63年度〜
  • 国立環境研究所の職員が学会誌等に発表した論文のデータベース:昭和50年度〜
  • 国立環境研究所の研究のうち環境技術に関連するものを2つの観点で整理して紹介
  • 国立環境研究所の研究者のプロフィールや業績を紹介