ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-地球環境研究センター

  • センター長あいさつ
  • 研究概要
  • 研究室・研究者紹介
  • 報道発表等
  • 研究成果
  • 刊行物
  • データベース/ツール
  • 関連ページ

センター長あいさつ

地球環境研究センター長 向井 人史

地球環境研究センター長 向井 人史

 地球環境研究センターは、1990年に発足し、地球環境問題を中心とする課題解決に向け、未知の領域を明らかにする研究に加え、先進的な地球環境モニタリング事業や研究の総合化を推進する活動を続けてきました。2001年度以降は、地球温暖化研究プログラムの開始により、地球規模の観測に加え、温暖化の影響や対策を専門とする研究者からなる組織を構成し、総合的な地球温暖化研究を推進してきました。これにより、観測に関しては二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの四半世紀に及ぶ長期的観測が順調に行われ、さらに温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の打ち上げ及び長期観測の成功により、宇宙から地球全体の二酸化炭素を測るという世界をリードする観測が開始されました。一方、2015年にパリ協定として合意されたいわゆる2℃目標を達成するため、これまで以上に地球温暖化研究が求められている状況です。

 2016年度からは第4期中長期計画のもと、これまでの地球温暖化研究プログラムを継承・強化した「低炭素研究プログラム」により、低炭素かつ気候変動に適応した社会の実現に向けて、気候変動予測・影響評価・対策評価モデルをより密接に結びつけた包括的なモデル研究体制を構築し、実現可能な適応・緩和策を提示するとともに、炭素観測管理技術を開発し、地域的な緩和策の効果検証を含む温室効果ガスのリアルタイムな評価システムの構築を目指していきます。またセンター内においても、経常的基礎研究から温室効果ガスモニタリング事業、さらに課題対応型研究までを一体的に推進するとともに、現実的な課題対応のための国内、国際的事務局機能や成果を最大限普及するための広報活動も担うなど、複合的に研究活動を行っていきます。

研究概要

低炭素研究プログラムの立ち上げにより、気候変動をはじめとした地球環境問題解決に貢献

 地球環境の現況の把握とその物理的、科学的、生物的長期変動プロセスの解明、それに基づく地球環境変動の将来予測及び地球環境変動に伴う影響リスクの評価、並びに地球環境保全のための対策に関する調査・研究・基盤整備を実施します。

 気候変動(地球温暖化)に関しては、低炭素社会構築を目指した、長・短寿命大気成分の濃度・循環変動モニタリングや予測、さらには緩和策評価を行うとともに、気候変動のリスクと適応策評価、未来を支える技術と緩和シナリオ等の調査・研究を行う。また、成層圏オゾンの問題にも取り組む。以上により、地球環境の保全に関して気候変動をはじめとする問題解決に貢献します。

 さらに、環境行政ニーズや国民の関心 に応えるため、研究成果や科学的な知見について積極的な発信も行っています。

図:地球環境の戦略的モニタリング
地球環境の戦略的モニタリング(マルチスケールの観測体制の展開による温室効果ガス等の排出・動態・収支及び温暖化影響の現状把握と変動要因の理解の深化)

3つのカテゴリの継続的推進

(1)戦略的モニタリング
  • 大気・海洋・陸域GHG循環
  • GHGフラックス変化
  • 温暖化影響検出(新)
  • 技術、GHG標準ガス

(2)データベース総合化
  • データベース統合解析
  • オープンサイエンス
  • インベントリデータ(GIO)
  • 研究支援係・交流推進

(3)地球環境研究支援
  • スーパーコンピュータ利用委員会
  • 国際オフィス(GCP、AsiaFlux)
  • 広報・出版・イベント・発信活動、双方向コミュニケーション


包括的モデル研究と気候変動リスクの総合的なシナリオ(全球規模の気候予測モデル、影響予測モデル、対策評価モデルをより密接に結びつけた包括的なモデル研究体制の構築と気候変動リスクの総合的なシナリオ描出)

低炭素社会の実現に向けた道筋・政策評価及び国際制度のデザイン(低炭素社会の実現に向けた道筋提示のための世界を対象とした統合評価モデルの詳細化・検証とそれを用いた政策評価及び国際制度のデザイン)

研究室・研究者紹介

研究室

  • 炭素循環研究室
    生物地球化学的な循環をしている温室効果ガスなどの物質の観測技術の開発と、地球規模・広域規模の物質循環の動態把握、および気候変動との相互作用の解明を行います。
  • 地球大気化学研究室
    気候変動に関わる大気微量気体やエアロゾルの観測技術の開発と、地球規模・広域規模での動態把握と、その変化機構および気候変動との相互作用の解明を行います。
  • 衛星観測研究室
    衛星による広域の環境監視に資する観測技術及びデータ処理手法に関する研究を行います。
  • 物質循環モデリング・解析研究室
    温室効果ガス・放射強制力関連物質などの地球規模での動態および排出・吸収源にかかる数値モデルの開発とそれを用いたデータ解析、統合的評価を行います。
  • 気候モデリング・解析研究室
    力学・化学・放射過程など諸過程の統合モデリングに基づく地球環境システムとしての気候変動の解明と予測を行います。
  • 気候変動リスク評価研究室
    気候変動モデルによる知見の統合解析に基づく地球規模での影響リスクの体系的評価を行います。
  • 大気・海洋モニタリング推進室
    地上観測、航空機、船舶を利用した温室効果ガスなどの大気中の濃度や海洋表層の分圧のモニタリング、および海洋生態系に対する気候変動影響のモニタリングの推進を行います。
  • 陸域モニタリング推進室
    陸域生態系などにおける温室効果ガスなどの吸収・排出の機構解明と吸収・排出量のモニタリング、および気候変動影響のモニタリングの推進を行います。
  • 地球環境データ統合解析推進室
    地球環境モニタリングなどによる自然科学系データおよび気候変動にかかる社会・経済活動データに関するデータをデータベース化し、それらを統合的利用・解析することによって地球環境問題の解決推進に関する活動を行います。
  • 主席研究員(室)
  • 日本における温室効果ガスのインベントリを算出することに加えインベントリ作成においてアジアでのキャパシティビルディングを行います。
  • Future Earth計画と連携しグローバル炭素管理に関する国際活動を行います。
  • 統合利用計画連携研究グループ
    「地球環境観測データとモデル統合利用による炭素循環の変動把握」に関し、実施すべき中期的な研究課題を展望し、研究計画を策定します。
  • エミッションインベントリ連携研究グループ
    国立環境研究所が実施する、温室効果ガス・大気汚染物質等の排出インベントリの作成および関連する調査研究、これに伴う国際対応等に係る業務を行います。

研究者

  • 研究者紹介-地球環境研究センター

報道発表等

報道発表

研究成果

最新の研究成果(誌上)

最新の研究成果(口頭)

過去の研究成果

刊行物

環境儀

国立環境研究所ニュース(テーマ別記事)

国立環境研究所研究プロジェクト報告(旧特別研究報告)

国立環境研究所研究報告

データベース/ツール