ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
1993年3月31日

都市型環境汚染による健康影響・リスクの環境保健モニタリング手法に関する研究

国立環境研究所研究報告 R-130-'93

表紙
R-130-'93 [3.7MB]

 本書は,特別研究「大都市圏における環境ストレスと健康影響に関する環境保健モニタリング手法の開発に関する研究(昭和63年~平成3年度)」における研究成果のうち「環境保健モニタリング」にかかわる個別の研究をそれぞれ論文の形で掲載したものである。ただし,最初に「環境保健モニタリング」手法の必要性や概念・定義について述べ,その後,特別研究報告(SR-12-'93)の内容,すなわち,道路沿道の夜間騒音と睡眠影響及びディーゼル排ガス粒子汚染と肺ガンリスクを具体的にモニタリングする方法のそれぞれに関連する諸研究を2部に分けて列挙し,また,得られた知見や今後の課題などについて整理・考察した。

 結論として,検討した方法は,夜間交通騒音による睡眠妨害とその慢性影響あるいはディーゼル排ガス粒子暴露による肺ガンリスクを長期にかつ広域にモニタリングするために有用であることが示唆された。

関連記事

関連研究報告書