ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-資源循環・廃棄物研究センター

  • センター長あいさつ
  • 研究概要
  • 研究室・研究者紹介
  • 報道発表等
  • 研究成果
  • 刊行物
  • データベース/ツール
  • 関連ページ

センター長あいさつ

資源循環・廃棄物研究センター長 大迫 政浩

大迫 政浩センター長の写真

 二十一世紀に入り、世界における環境や資源・エネルギー制約の問題、日本においては新興国の台頭による産業の空洞化の進行、少子高齢化による人口減少時代への移行、情報化社会が進む一方で無縁社会といった人のつながりの希薄化など、社会情勢は大きく変化してきています。そのような中で、私たちはどのような将来の「循環型社会」を目指せばよいのでしょうか。資源循環・廃棄物研究センターでは、その問いかけに答えるべく、次の三つの主要課題に今後取り組んでいきたいと考えています。一つ目は、経済のグローバル化の下で資源や廃棄物は国際的に移動、循環していることから、資源保全と環境リスク低減等の観点から資源利用と廃棄物管理の枠組を提示します。二つ目は、アジアの新興国などにおいて廃棄物問題が顕在化していることから、日本が蓄積してきた技術や社会システムを基にした国際貢献を行っていきます。三つ目は、日本国内においても低炭素社会や自然共生社会と統合的に循環型社会づくりを進めていく戦略を提示し、次世代の基盤となる技術の研究開発を推進します。さらに、眼前にある放射能汚染廃棄物等の処理や、将来の災害に備えるための研究も、私たちの大きな使命だと考えています。

研究概要

資源の循環的・効率的な利用と、廃棄物等の環境負荷の低減に貢献

 社会経済活動に伴う資源利用と付随する環境負荷に関する地域から国際的スケールでの実態把握とメカニズムの解明を行い、持続可能な循環型社会の評価手法と転換方策を提案します。また、国内外における廃棄物及び循環資源を適正な処理・処分・再生利用技術を開発・評価し、資源循環と物質管理に必要な各種基盤技術の開発および評価を行います。以上により、資源の循環的・効率的な利用と、廃棄物等の環境負荷の低減に貢献します。

図

○資源循環研究プログラム

  • 消費者基準による資源利用ネットワークの持続可能性評価とその強化戦略の研究
  • 循環資源及び随伴物質のフロー・ストックにおける資源保全・環境影響評価
  • 維持可能な循環型社会への転換方策の提案
  • アジア圏における持続可能な統合的廃棄物処理システムへの高度化
  • 次世代の3R基盤技術の開発

○基盤的調査・研究

  • 循環型社会システムの実態調査ならびに各種解析・評価手法の開発
  • 資源の国際的なフロー・ストックに関する実態解明、持続可能性評価と制度設計
  • 廃棄物等の適正な処理処分と循環利用の推進に資する品質評価管理技術システムの構築
  • アジアの途上国等における廃棄物および循環資源を適正に管理するための処理・処分・再生利用技術の開発および評価
  • 資源循環と物質管理に必要な各種基盤技術の開発と理論モデルの構築

○環境研究基盤の整備

  • 資源循環・廃棄物分野に係る情報基盤の戦略的整備

研究室・研究者紹介

研究室

研究者

報道発表等

報道発表

研究成果

最新の研究成果(誌上)

最新の研究成果(口頭)

過去の研究成果

刊行物

国立環境研究所ニュース(テーマ別記事)

国立環境研究所研究プロジェクト報告(旧特別研究報告)

データベース/ツール

この組織の関連情報・記事
(最新5件)