ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/12/06 19:19:37

金谷 弦

KANAYA Gen

氏名
金谷 弦(かなや げん)
所属/職名
地域環境研究センター(海洋環境研究室)/主任研究員
研究課題
富栄養な汽水域・沿岸域における底生動物を介した物質循環過程の解明
学位の種類
博士 (理学)
専門とする学問分野
生物学
専門とする環境分野
干潟生態系,海洋生物学
関心のある研究、実施してみたい研究
・干潟・ヨシ原の生態系機能の評価
・環境変化がベントス種の分布,個体群動態および餌利用に及ぼす影響の解明
・稀少な底生動物種とその生息場所の保全
・震災による沿岸生態系への影響評価
研究概要
 富栄養な内湾域に発達する干潟をフィールドに、ベントス(二枚貝や巻き貝、ゴカイ類やカニなど)を中心とした干潟の物質循環について、様々な手法により研究を行っています。有機物や栄養塩が、どのような経路を経て汽水性のベントスや微細藻類に利用されているのかに興味を持っています。生態系で起こっている様々な現象を正しく理解するためには、生態系を構成する生物種の生態(餌、生活史、個体群動態etc.)に関する基礎的知見の蓄積が不可欠です。多くのベントスが暮らす干潟研究を通じて、人間と自然との共生のありかたについても考えていきます。
略歴
2005年 東北大学大学院理学研究科生物学専攻博士後期課程修了(博士(理学))
2005〜2007年 東北大学東北アジア研究センター 機関研究員(教育研究支援者)
2007〜2009年 同 専門研究員
2009年4月〜 国立環境研究所に勤務
URL
http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901079391320741&t=1&d=1&q=5000097020
所属学会
日本ベントス学会,日本生態学会,American Society of Limnology and Oceanography
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • 川と田んぼと河口域−汽水域の環境変動に対するベントスの応答−
    発表者 : Kanaya G.(金谷弦)
    掲載誌 : 日本ベントス学会誌, 71:102-110 (2017)
  • Impact of the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami on marine and coastal organisms
    発表者 : Miura O., Kanaya G.(金谷弦)
    掲載誌 : Biology International, SI36:81-92 (2017)
  • 富栄養化が汽水域の底生生態系に及ぼす影響について
    発表者 : 金谷弦, 菊地永祐
    掲載誌 : 地球環境, 16(1):33-44 (2011)
  • 炭素・窒素安定同位体比測定法による大型底生動物の餌資源推定−汽水域生態系への適用−
    発表者 : Kanaya G.(金谷弦)
    掲載誌 : 日本ベントス学会誌, 65:28-40 (2010)
  • 干潟のめぐみとその経済価値評価
    発表者 : 金谷弦
    掲載誌 : 水環境学会誌, 39(4):135-140 (2016)
  • 東日本大震災による三陸沿岸の底質の炭化水素による汚染と分析
    発表者 : 牧秀明, 金谷弦
    掲載誌 : 日本マリンエンジニアリング学会誌 Journal of the JIME, 51(6):75-82 (2016)
  • 大津波で撹乱された蒲生干潟は回復するのか
    発表者 : 鈴木孝男, 金谷弦
    掲載誌 : 日本ベントス学会誌, 66(2):120-122 (2012)
  • 津波による蒲生干潟の底生動物と植生への影響
    発表者 : 金谷弦
    掲載誌 : グリーン・エージ, 39(9):12-15 (2012)
  • 東日本大震災による沿岸・干潟生態系,生物多様性への影響
    発表者 : 金谷弦
    掲載誌 : 資源環境対策, 47(9):13-19 (2011)
  • 津波によって蒲生干潟はどう変わったか
    発表者 : 金谷弦
    掲載誌 : 生態学が語る東日本大震災—自然界に何が起きたのか— (2016)
  • Chapter 7 Ecological consequences of the 2011 tsunami and subsequent disturbance events in a shallow brackish lagoon in Sendai Bay, Japan
    発表者 : Kanaya G.(金谷弦), Suzuki T., Kanou K., Kondoh T., Sato-Okoshi W., Kikuchi E.
    掲載誌 : Ecological Impacts of Tsunamis on Coastal Ecosystems: Lessons from the Great East Japan Earthquake (2016)
  • Chapter 15 Impacts of fuel spills caused by the 2011 Japanese tsunami on the subtidal soft-bottom communities of a semi-enclosed bay located on the Sanriku coast.
    発表者 : Kanaya G.(金谷弦), Maki H.(牧秀明), Chiba F., Miura K., Fukuchi S., Sasaki H., Nishimura O.
    掲載誌 : Ecological Impacts of Tsunamis on Coastal Ecosystems: Lessons from the Great East Japan Earthquake (2016)
  • Chapter 14 Genetic structures of Laguncula pulchella metapopulations along the northeast coast of Japan after the tsunamis caused by the Great East Japan Earthquake
    発表者 : Ohtsuki H., Suzuki T., Kinoshita K., Kanaya G.(金谷弦), Hirama T., Sato S., Shibata K., Okoshi K., Urabe J.
    掲載誌 : Ecological Impacts of Tsunamis on Coastal Ecosystems: Lessons from the Great East Japan Earthquake (2016)
  • オオノガイ. イトメ
    発表者 : 金谷弦
    掲載誌 : 宮城県の絶滅のおそれのある野生動植物普及版−RED DATA BOOK MIYAGI 2016− (2016)
  • (6)海岸地域の無脊椎動物類. (2)干潟の底生動物群集
    発表者 : 内野敬, 大越健嗣, 加戸隆介, 金谷弦, 酒井敬一, 佐藤慎一, 鈴木孝男, 太斎彰浩
    掲載誌 : 宮城県の絶滅のおそれのある野生動植物−RED DATA BOOK MIYAGI 2016− (2016)
  • 発表者 : Kanaya G.(金谷弦), Taru M, Miura O., Yuhara T., Unagami T., Tanaka M., Mori K., Aoki M., Nakai S., Itoh H., Inoue T., Suzuki T.
    掲載誌 : IAIA16 Conference Proceedings, 1-5 (2016)
  • Determination of Trophic Relationships within Biotic Community in Down-flow Hanging Sponge Reactor for Sewage Treatment using Carbon and Nitrogen Stable Isotope Analysis
    発表者 : Onodera T.(小野寺崇), Kubota K., Iguchi A., Nagamachi A., Tagawa T., Kanaya G.(金谷弦), Syutsubo K.(珠坪一晃)
    掲載誌 : 10th International Conference on Biofilm Reactors (2017)
  • 生態系内における寄生虫を介した物質循環:安定同位体比による解析
    発表者 : 金谷弦, Yurlova Natalia I, Vodyanitskaya Svetlana N, Yadrenkina Elena N, 岡野淳一, 鹿野秀一
    掲載誌 : 生態学・疫学談話会ニュース, (27):2-9 (2014)
  • 震災が及ぼした干潟・砂浜域生態系の変化と回復過程
    発表者 : 大越和加, 近藤智彦, 占部城太郎, 鈴木孝男, 金谷弦
    掲載誌 : 日本水産学会誌, 82:141 (2016)
  • 外来性巻貝サキグロタマツメタの安定同位体比が示すもの−生息場所や成長段階によって餌利用は変化するのか?−
    発表者 : 金谷弦, 冨山毅, 鈴木孝男
    掲載誌 : 日本水産学会誌, 81(5):888 (2015)
  • 寄生-宿主間の栄養関係に関する研究のこれまでとこれから—アサリ-カイヤドリウミグモを事例に−
    発表者 : 山田勝雅, 金谷弦, 宮崎勝巳, 冨山毅, 玉置雅紀
    掲載誌 : 日本水産学会誌, 81(5):888-889 (2015)
  • 芦崎干潟あぶら桟橋付近の大型底生動物−2mm目篩を用いた定量採集の結果
    発表者 : 金谷弦, 木下今日子, 鈴木孝男 (2015)
  • 芦崎湾のアサリとアサリの寄生生物について
    発表者 : 木下今日子, 金谷弦, 鈴木孝男 (2015)
  • むつ市芦崎干潟の底生動物−重要種の動向について−
    発表者 : 鈴木孝男, 木下今日子, 金谷弦 (2015)
  • 芦崎干潟潮下帯に生息するアマモZostera marina群落の葉上動物相
    発表者 : 金谷弦, 五十嵐健志, 山田勝雅, 木村昭一 (2014)
  • 発表者 : 鈴木孝男, 金谷弦, 木村妙子, 古賀庸憲, 多留聖典, 浜口昌巳, 逸見泰久, 岸本和雄, 仲岡雅裕 (2013)
  • 芦崎干潟におけるツボミガイの生息状況
    発表者 : 金谷弦 (2012)
  • 本州最北の生息地芦崎干潟におけるウミニナの個体群構造と遺伝的特性
    発表者 : 金谷弦, 上村了美, 鈴木孝男, 武田哲 (2011)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
  • 宮城・福島でのモニタリング事例と広域モニタリングのためのアンケート調査手法
    発表者 : 金谷弦
    学会等名称 : 『渚の自然環境をめぐる諸問題II〜自然環境保全委員会企画自由集会 自然災害時にベントス研究者はどう対応すべきか?〜研究者のネットワーク構築に向けて〜』2016年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会. (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 153
  • 発表者 : 金谷弦, 冨山毅, 鈴木孝男
    学会等名称 : 平成27年度春季水産学会水産環境保全委員会企画シンポジウム (2015)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : 山田勝雅, 金谷弦, 宮崎勝巳, 冨山毅, 玉置雅紀
    学会等名称 : 平成27年度春季水産学会水産環境保全委員会企画シンポジウム (2015)
    予稿集名 : 同予稿集
  • Food web structure of fishes in Chany Lake
    発表者 : Kanaya G.(金谷弦), Yadrenkina EN., Zuykova EI, Kikuchi E., Doi H., Shikano S., Yurlova NI.
    学会等名称 : International Conference Dedicated to the 20th Anniversary of CNEAS, Tohoku University (2015)
    予稿集名 : Northeast Asia Towards a New Paradigm of Area Studies, 91
  • Incorporating parasites into a lake food web
    発表者 : Shikano S., Kanaya G.(金谷弦), Yurlova NI, Rastyazhenko NM, Urabe M.
    学会等名称 : International Conference Dedicated to the 20th Anniversary of CNEAS, Tohoku University (2015)
    予稿集名 : Northeast Asia Towards a New Paradigm of Area Studies, 94
  • Ecological consequences of the tsunami disaster in a shallow brackish lagoon (Gamo Lagoon) in Sendai Bay Japan
    発表者 : Kanaya G.(金谷弦), Suzuki T., Sato-Okoshi W., Kikuchi E.
    学会等名称 : IUBS Triennial Program DAB in cooperation with Biodiversity Network Japan International Symposium & Workshop Disaster and Biodiversity (2014)
    予稿集名 : Abstracts, 43-45
  • Ecological and genetic monitoring of the Asian mud snail Batillaria attramentaria,after the 2011 tsunami
    発表者 : Miura O., Kanaya G.(金谷弦), Nakai S., Makino W., Urabe J.
    学会等名称 : IUBS Triennial Program DAB in cooperation with Biodiversity Network Japan International Symposium & Workshop Disaster and Biodiversity (2014)
    予稿集名 : Abstracts, 42
  • 津波がもたらした環境攪乱と生物相の遷移−仙台市蒲生干潟を例にして
    発表者 : 金谷弦, 鈴木孝男, 大越和加, 牧秀明, 菊地永祐
    学会等名称 : 日本水環境学会第48回年会(2013年度) (2014)
    予稿集名 : 同予稿集, 264
  • 発表者 : Miura O., Makino W., Kanaya G.(金谷弦), Nakai S., Sato N., Urabe J.
    学会等名称 : Disaster and biodiversity IUBS triennial program "DAB" in cooperation with BDNJ Workshop 2 (2014)
    予稿集名 : -
  • 生態系内における寄生虫を介した物質循環:安定同位体比による解析
    発表者 : 金谷弦, Yurlova I Natalia, 鹿野秀一
    学会等名称 : 生態学・疫学談話会第28回 (2013)
    予稿集名 : なし
  • 東日本大震災による津波が海浜生態系に与えた影響
    発表者 : 島野智之, 永幡嘉之, 金谷弦, 岸本年郎, 八巻明香
    学会等名称 : 日本土壌動物学会第35回 (2012)
    予稿集名 : なし
  • 発表者 : 金谷弦, 鈴木孝男, 牧秀明, 中村泰男, 菊地永祐
    学会等名称 : 市民公開シンポジウム「大津波で被害を受けた沿岸域の生物多様性の現状」 (2012)
    予稿集名 : なし
  • 日本ベントス学会奨励賞受賞講演 汽水域の環境変動とベントス−川と田んぼと河口域−
    発表者 : 金谷弦
    学会等名称 : 20011年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会 (2011)
    予稿集名 : 20011年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集, 185
  • 大津波で攪乱された蒲生干潟は回復するのか
    発表者 : 鈴木孝男, 金谷弦
    学会等名称 : 20011年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会 (2011)
    予稿集名 : 20011年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集, 188
  • 発表者 : 金谷弦, 中村泰男, 牧秀明, 鈴木孝男, 菊地永祐
    学会等名称 : 第1回東北沿岸生態連絡会 (2011)
    予稿集名 : なし
  • 閉鎖性海域環境の現状と課題
    発表者 : 木幡邦男, 中村泰男, 牧秀明, 金谷弦
    学会等名称 : 第5回海の再生全国会議「沿岸域の統合的管理に向けた海域環境対策の俯瞰」 (2011)
    予稿集名 : 同プログラム
  • 発表者 : 金谷弦
    学会等名称 : 第63回海岸工学講演会 (2016)
    予稿集名 : なし
  • 渚の自然環境をめぐる諸問題III〜自然環境保全委員会企画自由集会 諫早湾閉め切りから20年、有明海の現状と未来を考える
    発表者 : 松政正俊, 木村妙子, 金谷弦, 佐藤慎一
    学会等名称 : 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会 (2017)
    予稿集名 : 同予稿集, 178
  • 渚の自然環境をめぐる諸問題II〜自然環境保全委員会企画自由集会 自然災害時にベントス研究者はどう対応すべきか?〜研究者のネットワーク構築に向けて〜
    発表者 : 松政正俊, 木村妙子, 金谷弦, 高橋徹
    学会等名称 : 2016年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会 (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 153
  • 発表者 : Miura O., Kanaya G.(金谷弦), Nakai S., Itoh H.
    学会等名称 : 10th International Kuroshio Science Symposium (2016)
    予稿集名 : -
  • 発表者 : 松政正俊, 木村妙子, 金谷弦, 高橋徹
    学会等名称 : 2015年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会 (2015)
    予稿集名 : 同予稿集, 194
  • 復旧工事が干潟ベントスにおよぼす影響−いわき市鮫川河口の事例を中心に−
    発表者 : 金谷弦, 多留聖典, 柚原剛, 海上智央, 鈴木孝男
    学会等名称 : 日本ベントス学会自然環境保全委員会企画自由集会、2015年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会 (2015)
    予稿集名 : なし
  • 発表者 : 児玉真史, 金谷弦, 山田勝雅
    学会等名称 : 平成27年度春季水産学会水産環境保全委員会企画シンポジウム (2015)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : 山田勝雅, 早坂大亮, 金谷弦
    学会等名称 : 日本生態学会第60回大会(ESJ60) (2013)
    予稿集名 : 同プログラム, 36
所の刊行物
委員会活動
  • 2017年度 : 平成29年度「有明海・八代海等再生対策検討委員会」委員 (環境省 水・大気環境局水環境課)
  • 2017年度 : 平成29年度重要生態系監視地域モニタリング推進事業(磯・干潟調査)有識者委員 (環境省 自然環境局)
  • 2017年度 : 非常勤講師(特別講義) (日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科)
  • 2016年度 : 平成28年度重要生態系監視地域モニタリング推進事業(磯・干潟調査)有識者委員 (環境省 自然環境局)
  • 2016年度 : 非常勤講師(特別講義) (日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科)
  • 2015年度 : 非常勤講師(地球科学特別講義) (静岡大学大学院総合科学技術研究科理学専攻)
  • 2014年度 : 宮城県レッドデータブック改定に係る調査・検討検討員 (宮城県環境生活部)
  • 2013年度 : 湿地が有する生態系サービスの経済価値評価検討会検討委員 (環境省 自然環境局)
  • 2013年度 : 相馬市史編さん調査協力員(自然部会) (相馬市教育委員会)
  • 2011年度 : 相馬市史編さん調査協力員(自然部会,海岸動物担当) (相馬市教育委員会)
  • 2009年度 : 相馬市史編さん調査協力員(自然部会,海岸動物担当) (相馬市教育委員会)
  • 2009年度 : 海岸動物分科会委員 (宮城県環境生活部)