ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2018/10/25 16:06:11

町田 敏暢

MACHIDA Toshinobu

町田 敏暢
氏名
町田 敏暢(まちだ としのぶ)
所属/職名
地球環境研究センター(大気・海洋モニタリング推進室)/室長
研究課題
炭素循環、温室効果ガスの観測研究
学位の種類
博士(理学)
専門とする学問分野
理学 ,地学,物理学
専門とする環境分野
大気科学,炭素循環
自分の強みのキーワード
航空機観測,二酸化炭素観測
関心のある研究、実施してみたい研究
・航空機を用いた温室効果ガスの時・空間分布の観測
・シベリアにおける温室効果ガスの観測
略歴
1993, 東北大学大学院 理学研究科 地球物理学専攻 博士後期課程修了
1993, 国立環境研究所地球環境研究グループ 研究員
2006より現職
URL
http://www.nies.go.jp/researchers/100115.html
http://www.cger.nies.go.jp/contrail/
http://www.kankyo.tohoku.ac.jp/renkei/index.html
所属学会
日本気象学会,American Geophysical Union (米国地球物理学連合),日本大気化学会,日本地球惑星科学連合
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • 発表者 : Machida T.(町田敏暢), Sasakawa M.(笹川基樹), Shimoyama K.(下山宏), Arshinov M., Davydov D.(Davydov D.), Fofonov A.(Fofonov A.), Krasnov O.(Krasnov O.), Fedoseev N.(Fedoseev N.), Mitin S.(Mitin S.), Suto H.(須藤洋志), Katsumata K.(勝又啓一), Tsuda K.(津田憲次), Nakazawa T.(中澤高清), Maksyutov S.(Shamil MAKSYUTOV)
    掲載誌 : 低温科学, 68:9-19 (2010)
  • 定期航空路線を利用した温室効果ガスのグローバル観測
    発表者 : Machida T.(町田敏暢), 松枝秀和, 澤庸介, 丹羽洋介, 江藤仁樹
    掲載誌 : 季刊 環境研究, (172):4-13 (2013)
  • 2-9 シベリア上空の温室効果ガス
    発表者 : 町田敏暢
    掲載誌 : 低温環境の科学事典, 52-53  (2016)
  • 2.1.3b 航空機観測. 3.1.4 二酸化炭素. 3.1.14 酸素
    発表者 : Machida T.(町田敏暢)
    掲載誌 : 実験化学講座 20-2 環境化学(第5版), 247-250. 64-67. 200-203. (2007)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
所の刊行物
委員会活動
  • 2018年度 : 日本気象学会第40期委員(学術委員会) ((公社)日本気象学会)
  • 2018年度 : 第6回国際北極研究シンポジウム組織委員会委員 (国立極地研究所 国際北極環境研究センター)
  • 2018年度 : 平成30年度気候変動影響観測・監視の推進に向けた検討チーム委員 (環境省 地球環境局)
  • 2018年度 : 非常勤講師(地球変動環境科学、国際資源戦略学持論) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2017年度 : 日本学術会議委員(環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会IGAC小委員会)  (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2017年度 : 平成29年度気候変動影響観測・監視の推進に向けた検討チームメンバー (環境省 地球環境局)
  • 2017年度 : 非常勤講師(地球変動環境学、国際資源戦略学特論) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2017年度 : 品質評価科学活動委員会委員 (気象庁 地球環境・海洋部)
  • 2016年度 : 第5回国際北極研究シンポジウム組織委員会委員 (第5回国際北極研究シンポジウム組織委員会)
  • 2016年度 : 日本気象学会第39期委員(学術委員会) ((公社)日本気象学会)
  • 2016年度 : 日本地球惑星科学連合委員 ((公社)日本地球惑星科学連合)
  • 2016年度 : 平成28年度温室効果ガス観測データ標準化WG委員  (環境省 地球環境局)
  • 2016年度 : 非常勤講師(地球変動環境学)  (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2015年度 : 日本地球惑星科学連合プログラム委員 ((公社)日本地球惑星科学連合)
  • 2015年度 : 平成27年度温室効果ガス観測データ標準化WG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2015年度 : 品質評価科学活動委員会委員 (気象庁 地球環境・海洋部)
  • 2015年度 : 日本大気化学会運営委員会委員 (名古屋大学太陽地球環境研究所)
  • 2015年度 : 非常勤講師(太陽地球環境学) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2014年度 : 日本学術会議委員(環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会 IGAC小委員会委員) (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2014年度 : 日本気象学会第38期委員(学術委員会委員) ((公社)日本気象学会)
  • 2014年度 : 平成26年度温室効果ガス観測データ標準化WG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2014年度 : 非常勤講師(地球環境変動学) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2013年度 : 平成25年度温室効果ガス観測データ標準化WG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2013年度 : 品質評価科学活動委員会委員 (気象庁 地球環境・海洋部)
  • 2013年度 : 非常勤講師(地球環境変動学) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2012年度 : 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会 IGAC小委員会委員 (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2012年度 : 平成24年度温室効果ガス観測データ標準化WG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2012年度 : 平成24年度品質評価科学活動委員会委員 (気象庁 地球環境・海洋部)
  • 2012年度 : 非常勤講師(地球環境変動学) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2011年度 : 気象学会学術委員会航空機観測に関する検討部会委員 (東京大学大学院理学系研究科)
  • 2011年度 : 非常勤講師(太陽地球環境学) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2011年度 : 平成23年度温室効果ガス観測データ標準化WG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2011年度 : 平成23年度品質評価科学活動委員会委員 (気象庁 地球環境・海洋部)
  • 2010年度 : こどもエコクラブ壁新聞選考委員会委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2010年度 : 平成22年度地球温暖化観測推進WG(温室効果ガス観測データ標準化WG)委員 (環境省 地球環境局)
  • 2010年度 : 平成22年度品質評価科学活動委員会委員 (気象庁 地球環境・海洋部)
  • 2010年度 : [連携]非常勤講師(太陽地球環境学) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2009年度 : 博士学位論文審査委員会委員 (東京大学大学院理学系研究科)
  • 2009年度 : Member of the Scientific Advisory Group (SAG) on Greenhouse Gases(温室効果気体に関する科学諮問部会委員) (World Meteorological Organization(WMO))
  • 2009年度 : 検査職員 (東北大学大学院理学研究科)
  • 2009年度 : 平成21年度品質評価科学活動委員会委員 (気象庁 地球環境・海洋部)
  • 2009年度 : [連携]非常勤講師(太陽地球環境学) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2008年度 : [連携]非常勤講師(太陽地球環境学) (東北大学大学院環境科学研究科)
  • 2007年度 : [連携]非常勤講師(太陽地球環境学) (東北大学大学院環境科学研究科)
受賞
  • 2015年 : 第24回地球環境大賞 審査員特別賞 (フジサンケイグループ)
  • 2014年 : 堀内賞 (公益社団法人日本気象学会)
  • 2013年 : 日韓国際環境賞 (毎日新聞社、朝鮮日報社)
  • 2013年 : 平成25年度環境賞(環境大臣賞・優秀賞) (日立環境財団、日刊工業新聞社)
  • 2013年 : 平成24年度NIES賞 (独立行政法人国立環境研究所)
  • 2009年 : 平成20年度NIES賞 (独立行政法人国立環境研究所)
学会活動
  • 2017年度 : 日本大気化学会 : 日本大気化学会運営委員会委員

この研究者の関連情報・記事