ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

温室効果ガス等の濃度変動特性の解明とその将来予測に関する研究(平成 25年度)
Study on characteristics of GHG in the atmosphere and outlook of their future concentration

研究課題コード
1115AA011
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
二酸化炭素,メタン,温室効果ガス
キーワード(英語)
carbon dioxide, methane, Greenhouse gases

研究概要

これまで作り上げてきた観測ネットワーク(地上ステーション、定期船舶、航空機、衛星など)を継承し、長寿命の温室効果ガス(GHG)の観測項目に加え短寿命のガスやエアロゾル成分へ項目を広げ、アジア—太平洋地域およびグローバルな濃度増加や変動、分布特性についての研究を実施する。二酸化炭素やメタンにおいては、衛星やその他の観測データとを比較しながら、炭素循環モデルを含む全球大気輸送モデルにより解析し、地域別のGHGフラックスのトップダウン的手法による推定精度を向上させるための研究を行う。また、ボトムアップ的手法でのフラックス観測を太平洋やアジアの陸域で展開し、生態系モデルをチューニングすることによって不確実性を低減し、トップダウン法と比較する。同時に、気候変動の影響を含めた観点から、温暖化による陸域、海洋フラックスの変化に関するプロセス研究を拡大し、GHGの将来濃度予測に対して知見を得る。

今年度の研究概要

(1)「大気観測によるグローバルなGHG等の発生/吸収量分布評価に関する研究」
昨年同様、各種観測プラットフォームを用いて、アジア—太平洋地域を中心とした二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素などの変動を時系列的また、立体的な解析を継続する。また衛星「いぶき」(GOSAT)によるGHG観測データを用いて、さらに分解能の高い人為発生量分布や陸域生態系、海洋の発生/吸収量分布をインバースモデル等を用いて推定方法を検討する。熱帯域やシベリアでの地域的なCO2吸収量解析を行うために、熱帯域での立体観測やインバースモデルの高分解能化を図る。インバースモデル等から得られた発生/吸収量分布とその時系列を、サブテーマ2からのプロセスモデル等と比較し、モデルの持つ誤差要因の検討を通してその低減方法を検討する。
(2)「GHG等フラックス及びその関連指標観測による海洋、陸域の発生/吸収量評価と将来予測に関する研究」
これまで北太平洋地域で実施されてきた海洋のpCO2マップデータの解析を中心に行い、海洋全体の変動について研究を行う。また、これまでのpCO2マップの適用範囲を広域化する試みを行う。これまで行ってきた、日本や世界での陸域吸収量をモデル計算とともに評価し、時系列的にその変動要因を解析する。また、モデル間比較や熱帯域でのトップダウンによる観測との比較などを行い、モデルの精度の改善などを検討する。

外部との連携

共同研究機関:JAXA, マレーシア気象局、中国気象局、NOAA、ARIES、

課題代表者

向井 人史

  • 地球環境研究センター
  • センター長
  • 工学博士
  • 化学,化学工学,地学
portrait

担当者