ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

B-9 太平洋域の人為起源二酸化炭素の海洋吸収量解明に関する研究
(1) 太平洋の海洋表層二酸化炭素データ解析による二酸化炭素吸収放出の解明に関する研究
(4) 海洋二酸化炭素データ統合に関する分析標準化に関する研究 (平成 13年度)
B-9 Estimation of sink capacity of anthropogenic carbon dioxide in the Pacific Ocean
(1) Estimation of net flux of carbon dioxide in the Pacific Ocean from data analysis of carbon dioxide in surface seawater
(4) Standardization of chemical analysis of carbon dioxide species in seawater designed for data integration of oceanic carbon dioxide data

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0103BA152
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
太平洋, 二酸化炭素吸収, 二酸化炭素分圧, データ統合
キーワード(英語)
PACIFIC OCEAN, CARBON DIOXIDE SINK, PARTIAL PRESSURE OF CARBON DIOXIDE, DATA INTEGRATION

研究概要

海洋は大気中に放出された人為起源二酸化炭素の吸収源として働いているが、その吸収が将来どう変動するか予測することは、二酸化炭素の排出規制を決める上できわめて重要である。現在の海洋の二酸化炭素吸収を定量化し、予測モデルを正確にするために、現在までに得られている海洋表層二酸化炭素データを統合解析し、特に北太平洋の二酸化炭素正味吸収量を解明することを目的とする。また、海洋表層二酸化炭素分圧と海水中の全炭酸・アルカリ度など炭酸系物質の化学分析の正確さを保証し、国内的、国際的なデータの統一利用を可能にするための、分析標準化を行う。

全体計画

本年度は、国立環境研究所の北太平洋表層海洋二酸化炭素データを利用し、北太平洋中高緯度域の二酸化炭素吸収量を解明する。2002年度は、北太平洋全域に広げて二酸化炭素吸収量を解明する。2003年度には、国際データベースの活用で、太平洋全域の二酸化炭素吸収量と年々変動を解明する。また、この3年間で、海水の炭酸系物質化学分析標準化に向けて、標準試料の作成と分析機関の相互比較を行う。

今年度の研究概要

本年度は、国内機関が合同で進めている北太平洋二酸化炭素データベース作成と協力し、国立環境研究所の北太平洋データの解析を中心に、国内他機関のデータを加え、この海域の二酸化炭素正味吸収量を明らかにする。また、相互検定を行うための標準海水試料の調製を行う。

備考

北太平洋の海洋二酸化炭素共同研究、PICES(北太平洋の海洋科学に関する政府間機構)ワーキングループ13のもとで国際共同研究を行う。

課題代表者

野尻 幸宏

  • 地球環境研究センター
  • 連携研究グループ長
  • 理学博士
  • 化学
portrait

担当者