ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

森林における二酸化炭素吸収・排出量測定に関する研究開発業務(平成 23年度)
Research and Development for measurement technique of CO2 sink and emission by forest area

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
1111BY014
開始/終了年度
2011~2011年
キーワード(日本語)
炭素循環,REDD+,MRV,二酸化炭素吸収,GOSAT
キーワード(英語)
Carbon cycle , REDD+, MRV, CO2 sink, GOSAT

研究概要

温室効果ガス、特に二酸化炭素の排出減は人為起源の化石燃料によるものが問題となっているが、一方では森林の減少・劣化等土地利用変化によるものも少なくないとされている。特に、熱帯地域の途上国での森林の変化が世界的に注目されており、この地域での森林保全による二酸化炭素放出量削減(REDD+)に関心が高い。ここでは、森林の二酸化炭素吸収・排出量を大気の濃度測定などから求めるための必要観測精度の検討や衛星、地上フラックス観測、モデルの使用、次期衛星観測をにらんだ新たな観測技術、計算方法の検討やその他のトレーサーなどの開発を含み、総合的な技術開発を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

ここの計画は以下の通り
1)H27年をめどにした全体のプロジェクトのマトリクスを作成する。
2)森林における二酸化炭素吸収、排出量とその変化の評価に必要な観測精度およびその確保に必要な観測システムの要求性能の設定を行う
3)上の要求水準を確保するための観測システム校正技術の開発
4)温室効果ガス直接観測の長期的精度管理と国際比較への参加
5)衛星画像解析による森林炭素量解析技術の検討

今年度の研究概要

ここの計画は以下の通り
1)H27年をめどにした全体のプロジェクトのマトリクスを作成する。
2)森林における二酸化炭素吸収、排出量とその変化の評価に必要な観測精度およびその確保に必要な観測システムの要求性能の設定を行う
3)上の要求水準を確保するための観測システム校正技術の開発
4)温室効果ガス直接観測の長期的精度管理と国際比較への参加
5)衛星画像解析による森林炭素量解析技術の検討

関連する研究課題
  • 0 : 地球環境研究分野における研究課題

課題代表者

向井 人史

  • 地球環境研究センター
  • センター長
  • 工学博士
  • 化学,化学工学,地学
portrait

担当者