本文へスキップ

論文紹介

今年度の全ての発表論文 過去の論文概要紹介

「概要はこちら」以外のリンク先は、ジャーナルウェブサイトや他機関などへの外部リンクです。

水田放棄と農業生態系の劣化に関する社会経済的要因:日本農林業センサスデータを用いた検証

水田放棄と農業生態系の劣化に関する社会経済的要因:日本農林業センサスデータを用いた検証

Mameno K., Kubo T (2022) Socio-economic drivers of irrigated paddy land abandonment and agro-ecosystem degradation: Evidence from Japanese agricultural census data. PLOS ONE 17(4): e0266997.
水田放棄と農業生態系の劣化に関する社会経済的要因:日本農林業センサスデータを用いた検証 オンライン公開への外部リンク

日本におけるノネコ管理への主たる関心は公衆衛生であるが、生態系に関する情報提供は保全意欲を促進する

日本におけるノネコ管理への主たる関心は公衆衛生であるが、生態系に関する情報提供は保全意欲を促進する

Mameno K,. Kubo T,. Suzuki T,. Tsuge T,. Shoji Y. (2022) Sanitation is the greatest concern in outdoor cat management but ecological message frames promote biodiversity conservation in Japan. Environmental Conservation page 1 of 8.
日本におけるノネコ管理への主たる関心は公衆衛生であるが、生態系に関する情報提供は保全意欲を促進する オンライン公開への外部リンク

西表島マングローブ林における塩濃度に沿ったアーバスキュラー菌根菌群集相

西表島マングローブ林における塩濃度に沿ったアーバスキュラー菌根菌群集相

Akaji Y., Inoue T., Taniguchi T., Baba S. (2022) Arbuscular mycorrhizal fungal communities of a mangrove forest along a salinity gradient on Iriomote Island. Plant and Soil, 472:145-159
西表島マングローブ林における塩濃度に沿ったアーバスキュラー菌根菌群集相 オンライン公開への外部リンク

福島県の野生イノシシの個体群遺伝構造

福島県の野生イノシシの個体群遺伝構造

Saito R, Kondo N.I., Nemoto Y., Kumada R., Nakajima N., Tamaoki M. (2022) Genetic Population Structure of Wild Boars (Sus scrofa) in Fukushima Prefecture. Animals 2022, 12, 491.
福島県の野生イノシシの個体群遺伝構造 オンライン公開への外部リンク

気候変動により引き起こされる国立公園の高山景観の価値低下

気候変動により引き起こされる国立公園の高山景観の価値低下

Mameno K., Kubo T., Oguma H., Amagai Y., Shoji Y. (2022) Decline in the alpine landscape aesthetic value in a national park under climate change. Climatic Change, 170, 35.
気候変動により引き起こされる国立公園の高山景観の価値低下 オンライン公開への外部リンク

ミツバチにおけるアカリンダニへの自己グルーミング行動に、ネオニコチノイドが与える影響

ミツバチにおけるアカリンダニへの自己グルーミング行動に、ネオニコチノイドが与える影響

Sakamoto Y., Yoshiyama M., Maeda T., Goka K. (2022) Effects of neonicotinoids on honey bee autogrooming behavior against the tracheal mite Acarapis woodi. Ecotoxicology, DOI:10.1007/s10646-021-02503-5.
ミツバチにおけるアカリンダニへの自己グルーミング行動に、ネオニコチノイドが与える影響 オンライン公開への外部リンク

気候変動と湖沼の結氷・開氷イベントの長期的な変化:世界60湖沼の分析から

気候変動と湖沼の結氷・開氷イベントの長期的な変化:世界60湖沼の分析から

Sharma S, Richardson DC., Woolway RI., Imrit MA., Bouffard D., Blagrave K., Daly J., Filazzola A., Granin N., Korhonen J., Magnuson J., Marszelewski W., Matsuzaki S.S., Perry W., Robertson D., Rudstam L., Weyhenmeyer GA., Yao H.(2021) Loss of ice cover, shifting phenology, and more extreme events in Northern Hemisphere lakes. Journal of Geophysical Research: Biogeosciences, 126, e2021JG006348.
気候変動と湖沼の結氷・開氷イベントの長期的な変化:世界60湖沼の分析から オンライン公開への外部リンク

空間的に反復された環境DNAメタバーコーディングのための多種サイト占有モデリングと研究デザイン

空間的に反復された環境DNAメタバーコーディングのための多種サイト占有モデリングと研究デザイン

Fukaya K., Kondo N. I., Matsuzaki S. S., Kadoya T. (2021) Multispecies site occupancy modeling and study design for spatially replicated environmental DNA metabarcoding. Methods in Ecology and Evolution. doi:10.1111/2041-210X.13732
空間的に反復された環境DNAメタバーコーディングのための多種サイト占有モデリングと研究デザイン オンライン公開への外部リンク

様々な生物多様性や生態系サービスの半定量的なデータから保全優先順位付けができるツールSecSelの開発

様々な生物多様性や生態系サービスの半定量的なデータから保全優先順位付けができるツールSecSelの開発

Takenaka A., Oguma H., Amagai Y., Ishihama F. (2021) SecSel, a new software tool for conservation prioritization that is applicable to ordinal-scale data for multiple biodiversity features. PLoS ONE DOI: 10.1371/journal.pone.0247737
様々な生物多様性や生態系サービスの半定量的なデータから保全優先順位付けができるツールSecSelの開発 オンライン公開への外部リンク

任天堂の「どうぶつの森」は自然保護メッセージのツールとなり得るか?

任天堂の「どうぶつの森」は自然保護メッセージのツールとなり得るか?

Fisher J., Yoh N., Kubo T., Rundle D. (2021) Could Nintendo’s Animal Crossing be a tool for conservation messaging? People and Nature DOI: 10.1002/pan3.10240
任天堂の「どうぶつの森」は自然保護メッセージのツールとなり得るか?(外部リンク:Twitter) オンライン公開への外部リンク

ミツバチヘギイタダニ(トゲダニ目:ヘギイタダニ科)の生態およびミツバチ(ハチ目:ミツバチ科)のダニ抵抗性に関する最新の知見

ミツバチヘギイタダニ(トゲダニ目:ヘギイタダニ科)の生態およびミツバチ(ハチ目:ミツバチ科)のダニ抵抗性に関する最新の知見

坂本佳子 (2021) ミツバチヘギイタダニ(トゲダニ目:ヘギイタダニ科)の生態およびミツバチ(ハチ目:ミツバチ科)のダニ抵抗性に関する最新の知見. 日本応用動物昆虫学会誌, 65, 71-85 DOI: 10.1303/jjaez.2021.71
ミツバチヘギイタダニ(トゲダニ目:ヘギイタダニ科)の生態およびミツバチ(ハチ目:ミツバチ科)のダニ抵抗性に関する最新の知見 オンライン公開への外部リンク

移動能力の高い種子食者が島間で種子を散布する:カラスバトの事例

移動能力の高い種子食者が島間で種子を散布する:カラスバトの事例

Ando H., Mori Y., Nishihiro M., Mizukoshi K., Akaike M., Kitamura W., J Sato N. (2021) Highly mobile seed predators contribute to interisland seed dispersal within an oceanic archipelago. Oikos
DOI: 10.1111/oik.08068
移動能力の高い種子食者が島間で種子を散布する:カラスバトの事例 オンライン公開への外部リンク

野生生物に配慮して生産されたお米の価格プレミアム:日本の小売店データからの洞察

野生生物に配慮して生産されたお米の価格プレミアム:日本の小売店データからの洞察

Mameno K., Kubo T., Shoji Y. (2021) Price premiums for wildlife-friendly rice: Insights from Japanese retail data. Conservation Science and Practice, 3, e417
DOI: 10.3755/jcrs.23.1
野生生物に配慮して生産されたお米の価格プレミアム:日本の小売店データからの洞察 オンライン公開への外部リンク

日本全国の淡水温度の時空間変化;1982-2016年

日本全国の淡水温度の時空間変化;1982-2016年

Ye F., Kameyama S. (2021) Long-term nationwide spatiotemporal changes of freshwater temperature in Japan during 1982–2016. Journal of Environmental Management, 281, 111866
DOI: 10.1016/j.jenvman.2020.111866
日本全国の淡水温度の時空間変化;1982-2016年 オンライン公開への外部リンク

足摺宇和海国立公園周辺海域における沿岸生態系の利用・保全状況とサンゴ群集・海藻藻場の分布

足摺宇和海国立公園周辺海域における沿岸生態系の利用・保全状況とサンゴ群集・海藻藻場の分布

阿部博哉, 三ツ井聡美, 鈴木はるか, 北野裕子, 熊谷直喜, 山野博哉 (2021) 足摺宇和海国立公園周辺海域における沿岸生態系の利用・保全状況とサンゴ群集・海藻藻場の分布. 日本サンゴ礁学会誌, 23, 1-19
DOI: 10.3755/jcrs.23.1
足摺宇和海国立公園周辺海域における沿岸生態系の利用・保全状況とサンゴ群集・海藻藻場の分布 オンライン公開への外部リンク

様々な種構成で実施した稲田養魚での魚類の成長と摂餌行動

様々な種構成で実施した稲田養魚での魚類の成長と摂餌行動

Saowakoon S., Saowakoon K., Jutagate A., Hiroki M., Fukushima M., Jutagate T. (2021) Growth and feeding behavior of fishes in organic rice-fish systems with various species combinations. Aquaculture Reports, 20, 100663
DOI: 10.1016/j.aqrep.2021.100663
様々な種構成で実施した稲田養魚での魚類の成長と摂餌行動 オンライン公開への外部リンク

熱帯樹木の自然集団では長距離花粉散布は種子の二親性近交弱勢の回避に有効である

熱帯樹木Shorea laxaの自然集団では長距離花粉散布は種子の二親性近交弱勢の回避に有効である

Takeuchi Y., Diway B. (2021) Long pollen dispersal prevents biparental inbreeding depression in seeds in a natural population of the tropical tree Shorea laxa. Forest Ecology and Management, 489, 119063 DOI: 10.1016/j.foreco.2021.119063
熱帯樹木の自然集団では長距離花粉散布は種子の二親性近交弱勢の回避に有効である オンライン公開への外部リンク

アジア太平洋生物多様性観測ネットワーク:10年間の成果と2030年にむけた新たな計画

アジア太平洋生物多様性観測ネットワーク:10年間の成果と2030年にむけた新たな計画

Takeuchi Y., Muraoka H., Yamakita T., Kano Y., Nagai S., Bunthang T., Costello M., Darnaedi D., Diway B., Ganyai T., Grudpan C., Hughes A., Ishii R., Lim P.T., Ma K., Muslim A., Nakano S., Nakaoka M., Nakashizuka T., Onuma M., Park C.H., Pungga S.R., Saito Y., Shakya M., Sulaiman M., Sumi M., Thach P., Trisurat Y., Xu X., Yamano H., Yao T.L., Kim E.S., Vergara S., Yahara T. (2021) The Asia-Pacific Biodiversity Observation Network: 10-year achievements and new strategies to 2030. Ecological Research, 36, 232-257 DOI: 10.1111/1440-1703.12212 アジア太平洋生物多様性観測ネットワーク:10年間の成果と2030年にむけた新たな計画 オンライン公開への外部リンク

絶滅危惧淡水魚イトウの高い繰り返し産卵率と母川回帰率

絶滅危惧淡水魚イトウの高い繰り返し産卵率と母川回帰率

Fukushima M., Rand P.S. (2021) High rates of consecutive spawning and precise homing in Sakhalin taimen (Parahucho perryi). Environmental Biology of Fishes, 104, 41–52 DOI: 10.1007/s10641-021-01052-4
絶滅危惧淡水魚イトウの高い繰り返し産卵率と母川回帰率 オンライン公開への外部リンク

Last updated Mar. 1, 2021