本文へスキップ

論文紹介 2020

今年度の全ての発表論文 過去の論文概要紹介

■「概要はこちら」を除く下記リンク先は、各ジャーナルウェブサイトまたは他機関への外部リンクです。

ツバルのサンゴが記録していたサンゴ礁劣化の歴史―サンゴ骨格年輪に黒色バンドとして記録された無酸素環境―

Anthropogenic anoxic history of the Tuvalu Atoll recorded as annual black bands in coral.

Nakamura N., Kayanne H., Takahashi Y., Sunamura M., Hosoi G., Yamano H. (2020) Scientific Reports, 10, 7338

  オンライン公開への外部リンク

* 概要は東京大学ウェブサイトへの外部リンクです。

無限に増殖可能なアマミノクロウサギの細胞の樹立に成功

Primary and immortalized cell lines derived from the Amami rabbit (Pentalagus furnessi) and evolutionally conserved cell cycle control with CDK4 and Cyclin D1.

Orimoto, A., Katayama, M., Tani, T., Ito, K., Eitsuka, T., Nakagawa, K., Inoue-Murayama, M., Onuma, M., Kiyono, T., Fukuda, T. (2020) Biochemical and Biophysical Research Communications, 525(4), 1046-1053

  オンライン公開への外部リンク

鳥類の免疫遺伝子が配偶者選択に影響
―寿命・生涯繁殖成功と遺伝子の関係を小型フクロウ個体群の長期繁殖モニタリングから調査―

Evaluating the existence and benefit of major histocompatibility complex-based mate choice in an isolated owl population.

Sawada, A., Ando, H., Takagi, M. (in press) Journal of Evolutionary Biology.

プレスリリース「鳥類の免疫遺伝子が配偶者選択に影響」への外部リンク 論文「除草剤がイトトンボ幼虫の個体数を減少させることを実証 農薬リスクを高精度に予測し、より良い使用法が選択可能に」オンライン公開への外部リンク

自然体験型ツーリズムにおける社会的ジレンマは社会的価値志向性に依存する

Social dilemmas in nature-based tourism depend on social value orientations

Honjo, K., Kubo, T. (2020) Scientific Reports, 10, 3730.

  論文「自然体験型ツーリズムにおける社会的ジレンマは社会的価値志向性に依存する」オンライン公開への外部リンク

日本に自生するセイヨウナタネ(Brassica napus L.)の遺伝的多様性と集団構造

Genetic diversity and population structure of feral rapeseed (Brassica napus L.) in Japan.

Chen, R., Shimono, A., Aono, M., Nakajima, N., Ohsawa, R., Yoshioka, Y. (2020) PLoS ONE, 15(1), e0227990.

  論文「日本に自生するセイヨウナタネ(Brassica napus L.)の遺伝的多様性と集団構造」オンライン公開への外部リンク


外来種駆除後の生態系変化をコンピュータシミュレーションで予測する

Predicting changes in ecosystems after eradication of invasive species through computer simulations.

Yoshida, K. (in press) Global Environmental Research, 23.

 

ミャンマー植物誌への貢献5: ランピ島からのMallotus tokiaeの新産報告と花形態の記載

Contributions to the Flora of Myanmar V: a new record of Mallotus tokiae (Euphorbiaceae) with the description of flower morphology from Lampi Island.

Toyama, H., Aung, M., Tagane, S., Naiki, A., Suddee, S., Nagamasu, H., Nagahama, A., Win, S., Tanaka, N., Yahara, T. (2020) Thai Forest Bulletin, 48(1), 1-6.

  論文「ミャンマー植物誌への貢献5: ランピ島からのMallotus tokiaeの新産報告と花形態の記載」オンライン公開への外部リンク


特集:DNAメタバーコーディングによる野生動物の食性解析手法

安藤温子, 安藤正規, 井鷺裕司, 小村健人, 向井喜果 (印刷中) 日本生態学会誌.

* 学術情報特集の4報をまとめて紹介しています。著者は五十音順です。

中国、東チャオシー川における水草の系統的群集構造に対する水質汚染の影響

The effects of water pollution on the phylogenetic community structure of aquatic plants in the East Tiaoxi River, China

Toyama, H., Bessho, K., Huang, L., Hirota, K.S., Kano, Y., Mase, K., Sato, T., Naiki, A., Li, J., Shimatani, Y., Yahara, T. (2020) Freshwater Biology, 65(4), 632-645.

  論文「中国、東チャオシー川における水草の系統的群集構造に対する水質汚染の影響」オンライン公開への外部リンク