ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2015年3月31日

PM2.5と光化学オキシダントの実態解明と発生源寄与評価に関する研究

国立環境研究所研究報告 R-210-2014

表紙
R-210-2014 [52.7MB]

 本研究報告書は、平成22~24年度の3ヶ年で実施した国立環境研究所と地方環境研究所とのⅡ型共同研究「PM2.5と光化学オキシダントの実態解明と発生源寄与評価に関する研究」の研究成果をとりまとめたものです。

 全国の地方環境研究機関延べ54機関と共同で、①常時測定時間値データやPM2.5測定データのデータベース化と解析、②粒子成分やVOC成分の測定と解析、③モデル解析等による発生源寄与率の評価などを進めて、PM2.5と光化学オキシダントの実態を解明し発生源寄与率を評価する研究を実施しました。本報告書は、本研究で実施した解析結果等をとりまとめています。

 本報告書の解析結果や解析方法が、PM2.5と光化学オキシダントの発生原因を理解し、大気汚染対策を進める上でお役にたてば幸いです。

(光化学オキシダント等に関する共同研究グループ 大原利眞、菅田誠治(編者))

関連新着情報

関連記事

関連研究報告書

関連研究者