ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2017年4月28日

「第36回地方環境研究所と国立環境研究所との協力に関する検討会」報告

【行事報告】

企画部研究推進室

検討会の様子の写真

 地方公共団体環境研究機関等(以下、地環研等)と国立環境研究所(以下、国環研)との協力関係をより一層深め発展させることを目的として、「地方環境研究所と国立環境研究所との協力に関する検討会」(以下、検討会)が平成29年2月16日に国環研にて開催されました。第36回を迎えた今回は、地環研等側から全国環境研協議会の藤井幸雄会長(奈良県景観・環境総合センター)をはじめ、副会長、支部長及び常任理事、理事など16機関計19名、環境省から1名が出席されました。また、国環研側からは住理事長をはじめ幹部職員など9名の出席がありました。

 検討会では、冒頭、住理事長、藤井会長の挨拶、太田環境省環境研究技術室長の来賓挨拶があった後、全国環境研協議会からの要望として、a.共同研究(I・II型研究他)の推進について、b.調査研究に関する技術的支援についての2事項が提出され、国環研を代表して榑林企画部長が具体的な回答を行いました。その後、原澤理事から平成28年度に行われたII型共同研究の事前・事後・中間ヒアリングの結果について、企画部の中島主席研究企画主幹から緊急環境調査機関ネットワーク構想の検討状況について報告を行いました。最後、石飛理事の閉会挨拶をもって終了しました。

要望書を受け取った写真

 地方環境研究所と国立環境研究所が一層連携しながら、調査研究・情報交換・成果発信を通じて、国全体の研究開発成果を最大化、地域環境問題の解決を目指すことが確認されました。

関連新着情報

表示する記事はありません

関連研究報告書

表示する記事はありません