ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究成果|2014年(平成26年)

  •  誌上発表 
  •  受賞 

誌上発表

[査読付き 原著論文]
Analysis of elemental content and map of beech leaves by PIXE and micro-PIXE
発表者:Saitoh K., Sera K., Oikawa M., Shimizu H.(清水英幸)
掲載誌:International Journal of PIXE, 24 (3), 177-188 (2014)

発表者:Satoh M., Tomita H., Yashiro H., Miura H., Kodama C., Seiki T., Noda A.T., Yamada Y., Goto D.(五藤大輔), Sawada M., Miyoshi T., Niwa Y., Hara M., Ohno T., Iga S., Arakawa T., Inoue T., Kubokawa H.
掲載誌:Progress in Earth and Planetary Science, 1 (18) (2014)

[原著論文]
酸性霧暴露システムの開発および酸性霧の蘚苔類への影響
発表者:清水英幸, 岩元美有記, 山本卓也, JIANG XiangXu, 風野敏英, 藤沼康美, 戸塚績, 岩月善之助
掲載誌:蘚苔類研究, 11 (3), 95-96 (2014)

発表者:王勤学
掲載誌:国立環境研究所ニュース, 33 (5), 6-8 (2014)

発表者:Kanno A., Tanaka Y., Shinohara R.(篠原隆一郎), Kurosawa A., Sekine M.
掲載誌:Marine Geodesy, 37 (3), 283-292 (2014)

発表者:Tanaka Y., Kanno A., Shinohara R.(篠原隆一郎)
掲載誌:Estuarine, Coastal and Shelf Science, 148, 97-108 (2014)

[査読付き 原著論文]
Growth response and soil-plant water relations of 4 dominant psammophyte species with soil moisture in central Inner Mongolia
発表者:Zheng Y., Jiang L., Gao Y., Chen X., Luo G., Feng X., Shimizu H.(清水英幸)
掲載誌:Turkish Journal of Botany, 38, 325-333 (2014)

発表者:Wang S-Q., Tang C-Y., Song X-F., Wang Q-X.(王勤学), Zhang Y-H. , Yuan R-Q.
掲載誌:Science of The Total Environment, 482-483 (1), 325-335 (2014)

発表者:Liu C., Zou C-J., Wang Q-X.(王勤学), Hayashi Y., Yasunari T.
掲載誌:Environmental Science and Pollution Research, 21 (3), 1905-1914 (2014)

発表者:Wang Q-X.(王勤学), Batkhishig O.
掲載誌:J Ecosys Ecograph, 4 (140), 1-7 (2014)

発表者:Wang Q-X.(王勤学), Koshikawa H.(越川海), Liu C, Otsubo K.
掲載誌:Environ. Res. Lett., 9 (115005), 1-12 (2014)

発表者:Morino Y.(森野悠), Tanabe K., Sato K.(佐藤圭), Ohara T.
掲載誌:Journal of Geophysical Research, 119 (23), 13489-13505 (2014)

発表者:Jin Y., Kai K., Kawai K., Sugimoto N., Nishizawa T., Matsui I., Shimizu A.(清水厚), Batdorj D.
掲載誌:Proceedings of SPIE, 9262, 92620M-1-92620M-8 (2014)

発表者:Sugimoto N., Nishizawa T., Shimizu A.(清水厚), Matsui I., Jin Y.
掲載誌:Proceedings of SPIE, 9262, 92620K-1-92620K-9 (2014)

[査読付き 原著論文]
モンゴルの電力供給と水需要
発表者:岡寺智大
掲載誌:環境情報科学 学術研究論文集 , 28, 125-130 (2014)

[査読付き 原著論文]
無酸素DHS・好気DHSリアクターを用いた循環式硝化脱窒法による下水の連続処理
発表者:角野晴彦, 森夏希, 小野寺崇, 水落元之, 珠坪一晃
掲載誌:用水と廃水, 56 (11), 801-809 (2014)

発表者:古市尚基, 東博紀
掲載誌:土木学会論文集B2 (海岸工学), 70 (2), I_1096-I_1100 (2014)

発表者:東博紀, 森野悠, 大原利眞
掲載誌:土木学会論文集B2(海岸工学), 70 (2), I_1121-I_1125 (2014)

[解説・総説]
微生物によるヒ素の酸化・還元に及ぼす抗生物質の影響
発表者:山村茂樹
掲載誌:水環境学会誌, 37(A) (11), 413-416 (2014)

[査読付き 原著論文]
Emissions of methane from offshore oil and gas platforms in Southeast Asia
発表者:Nara H., Tanimoto H., Tohjima Y., Mukai H., Nojiri Y., Machida T.
掲載誌:JScientific Reports, 4 (6503) (2014)

[査読付き 原著論文]
Detection of internally mixed Asian dust with air pollution aerosols using a polarization optical particle counter and a polarization-sensitive two-wavelength lidar
発表者:Sugimoto N., Nishizawa T., Shimizu A.(清水厚), Matsui I., Kobayashi H.
掲載誌:Journal of Quantitative Spectroscopy & Radiative Transfer, 150, 107-113 (2014)

発表者:Nishina K.(仁科一哉), Ito A., Falloon P., Friend A.D., Beerling D.J., Ciais P., Clark D.B., Kahana R., Kato E., Lucht W., Lomas M., Pavlick R., Schaphoff S., Warszawaski L., Yokohata T.
掲載誌:Earth System Dynamics Discussion, 5, 1197-1219 (2014)

発表者:Kim Y., Nishina K.(仁科一哉), Chae N., Park S.J., Yoon Y.J., Lee B.Y.
掲載誌:Biogeosciences, 11, 5567-5579 (2014)

発表者:Kaneyasu N., Yamamoto S., Sato K.(佐藤圭), Takami A.(高見昭憲), Hayashi M., Hara K., Kawamoto K., Okuda T., Hatakeyama S.
掲載誌:Atmospheric Environment, 97, 416-425 (2014)

[査読付き 原著論文]
中国の地域間仮想水交易と水資源配分の環境公平性評価
発表者:岡本信広, 岡寺智大
掲載誌:地域学研究, 44 (1), 111-122 (2014)

[原著論文]
バンコクの下水処理場の費用および便益に関する基礎調査研究
発表者:岡寺智大, 珠坪一晃, 小野寺崇, W. Yoochatchaval
掲載誌:第42回環境システム研究論文発表会講演集, 337-341 (2014)

[解説・総説]
PM2.5の越境輸送と数値シミュレーション
発表者:菅田誠治
掲載誌:化学物質と環境, (126), 8-10 (2014)

[解説・総説]
PM2.5の現状と今後の課題
発表者:菅田誠治
掲載誌:モダンメディア, 60 (8), 23-26 (2014)

[査読付き 原著論文]
Modeling of black carbon in Asia using a global-to-regional seamless aerosol-transport model
発表者:Goto D.(五藤大輔)
掲載誌:Environmental Pollution, (2014)

[査読付き 原著論文]
Improvement of aerosol optical properties modeling over Eastern Asia with MODIS AOD assimilation in a global non-hydrostatic icosahedral aerosol transport model
発表者:Dai T., Schutgens N.A.J., Goto D.(五藤大輔), Shi G.Y., Nakajima T.
掲載誌:Environmental Pollution, 195, 319-329 (2014)

発表者:Kaskaoutis D.G., Rashki E. E., Houssos E.E., Mofidi A., Goto D.(五藤大輔), Bartzokas A., Francois P., Legrand M.
掲載誌:Climate Dynamic, (2014)

発表者:Kaskaoutis D.G., Rashki A., Houssos E.E., Goto D.(五藤大輔), Nastos P.T.
掲載誌:Atmospheric Environment, 94, 374-384 (2014)

発表者:Frieler K., Levermann A., Elliott J., Heinke J., Arneth A., Bierkens M.F.P., Ciais P., Clark D.B., Deryng D., Döll P., Falloon P., Fekete B., Folberth C., Friend A.D., Gellhorn C., Gosling S.N., Haddeland I., Khabarov N., Lomas M., Masaki Y., Nishina K.(仁科一哉), Neumann K., Oki T., Pavlick R., Ruane A.C., Schmid E., Schmitz C., Stacke T., Stehfest E., Tang Q., Wisser D., Huber V., Piontek F., Warszawski L., Schewe J., Lotze-Campen H., Schellnhuber H.J.
掲載誌:Earth System Dynamics Discussions, 5, 1075-1099 (2014)

[査読付き 原著論文]
異なる陸域解析モデルによる福島第一原子力発電所事故に起因する137Cs流出率の比較
発表者:北村哲浩, 今泉圭隆, 山口正秋, 油井三和, 鈴木規之, 林誠二
掲載誌:環境放射能除染学会誌, 2 (3), 185-192 (2014)

発表者:杉本伸夫, 西澤智明, 松井一郎, 清水厚, 日暮明子
掲載誌:日本リモートセンシング学会誌, 34 (4), 286-292 (2014)

発表者:杉本伸夫, 西澤智明, 清水厚, 松井一郎
掲載誌:エアロゾル研究, 29 (3), 166-173 (2014)

発表者:Uno I., Sugimoto N., Shimizu A.(清水厚), Yumimoto K., Hara Y., Wang Z.
掲載誌:SOLA, 10, 136-140 (2014)

[査読付き 原著論文]
Volatility basis-set approach simulation of organic aerosol formation in East Asia: implications for anthropogenic-biogenic interaction and controllable amounts
発表者:Matsui H., Koike M., Kondo Y.(近藤美則), Takami A.(高見昭憲), Fast J.D., Kanaya Y., Takigawa M.
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics, (14), 9513-9535 (2014)

[査読付き 原著論文]
Distribution of gastropods in a tidal flat in association with digestive enzyme activities
発表者:Liu W., Tanimura A., Imai T., Kanaya G.(金谷弦), Niiyama T., Maegawa S., Kohzu A.(高津文人), Kimura T., Toyohara H.
掲載誌:Plankton and Benthos Research, 9 (3), 156-16 (2014)

発表者:Tsuboi S., Yamamura S.(山村茂樹), Imai A.(今井章雄), Satou T., Iwasaki K.(岩崎一弘)
掲載誌:Microbes and Environments, 29 (3), 314-321 (2014)

[査読付き 原著論文]
Tsunami-induced changes in a shallow brackish lagoon ecosystem (Gamo Lagoon) facing Sendai Bay, Japan
発表者:Kanaya G.(金谷弦), Maki H.(牧秀明), Suzuki T., Sato-Okoshi W., Kikuchi E.
掲載誌:Global Environmental Research, 18 (1), 35-46 (2014)

発表者:Sugimoto N., Nishizawa T., Shimizu A.(清水厚), Matsui I.
掲載誌:International Conference on Optical Particle Characterization (OPC 2014), 9232 (2014)

[書籍]
バイオガス生産
発表者:珠坪一晃
掲載誌:日本微生物生態学会編, 環境と微生物の事典, 株式会社 朝倉書店, 354-355 (2014)

[査読付き 原著論文]
Ontogenetic changes in the trophic position of a freshwater Unionidae mussel
発表者:Yasuno N., Shindo K., Takagi Y., Kanaya G.(金谷弦), Shikano S., Fujimoto Y., Shimada T., Kikuchi E.
掲載誌:Fundamental and Applied Limnology, 184 (4), 341-349 (2014)

発表者:Okadera T.(岡寺智大), Wang Q-X.(王勤学), Batkhishig O.
掲載誌:Official Conference Proceedings of the Asian Conference on Sustainability, Energy & the Environment 2014, 467-476 (2014)

[査読付き 原著論文]
琵琶湖に棲息する緑藻Staurastrum arctiscon (Desmidiaceae) の生分解特性に関する研究
発表者:古田世子, 池谷仁里, 池田将平, 藤原直樹, 岡本高弘, 一瀬諭, 馬場大哉, 岸本直之, 今井章雄
掲載誌:水環境学会誌, 37 (3), 103-109 (2014)

[解説・総説]
遺伝マーカーを用いたアオコ形成ラン藻Microcystis aeruginosa の多様性解明と定量評価
発表者:田辺雄彦, 冨岡典子
掲載誌:水環境学会誌, 37(A) (5), 164-168 (2014)

[書籍]
第3章メタルバイオテクノロジーの応用 3.2環境修復 3.2.4環境汚染金属 (2)ヒ素
発表者:山村茂樹
掲載誌:山下光雄,清和成編著, 地球を救うメタルバイオテクノロジー, 成山堂書店, 118-125 (2014)

[解説・総説]
中国における都市下水処理の状況について
発表者:水落元之, 久山哲雄, 小柳秀明
掲載誌:環境技術, 43 (6), 366-370 (2014)

[査読付き 原著論文]
2009~2012年北部九州の都市と離島における大気中ベンゾ[a]ピレン濃度
発表者:佐藤圭, 高見昭憲, 兼保直樹, 清水厚, 小川佳美, 吉野彩子, 中山寛康, 前田恵, 原圭一郎, 林政彦, 伊禮聡, 三好猛雄, 畠山史郎
掲載誌:大気環境学会誌, 49 (3), 138-148 (2014)

[査読付き 原著論文]
Effects of phytoplankton on the distribution of submerged macrophytes in a small canal
発表者:Shinohara R.(篠原隆一郎), Asaeda T., Isobe M.
掲載誌:Landscape and Ecological Engineering, 10 (1), 115-121 (2014)

発表者:村田智吉
掲載誌:中島大介 滝上英孝編著, 汎用IT製品中金属類のライフサイクルに着目した環境排出・動態・影響に関する横断連携研究(分野横断型提案研究), 国立環境研究所, 22-32 (2014)

発表者:段下剛志, 角野晴彦, 小島誠貴, 川上周司, 高石有希子, 山口隆司, 珠坪一晃
掲載誌:土木学会論文集G(環境), 70 (7), Ⅲ_141-Ⅲ_150 (2014)

[書籍]
3.4大気拡散モデルの不確実性の要因
発表者:滝川雅之, 森野悠, 中村尚
掲載誌:中島映至, 大原利眞, 植松光夫, 恩田裕一編, 原発事故環境汚染 福島第一原発事故の地球科学的側面, 東京大学出版会, 61-62 (2014)

[書籍]
3.2. 放射性セシウムの沈着量分布推定
発表者:森野悠, 滝川雅之, 中村尚
掲載誌:中島映至, 大原利眞, 植松光夫, 恩田裕一編, 原発事故環境汚染 福島第一原発事故の地球科学的側面, 東京大学出版会, 49-58 49-58 (2014)

発表者:神成陽容, 大原利眞, 森野悠
掲載誌:大気環境学会誌, 49 (5), 207-217 (2014)

[総説・解説]
入門講座 数式で理解する分析化学 大気化学輸送モデル
発表者:永島達也
掲載誌:ぶんせき, 10, 522-527 (2014)

[査読付き 原著論文]
福島県松川浦における底質の放射性セシウム濃度と蓄積量の実態把握
発表者:有田康一, 矢部徹, 林誠二
掲載誌:土木学会論文集G(環境), 70 (7), III_225-III_231 (2014)

発表者:Yu S., Alapaty K., Mathur R., Pleim J., Zhang Y., Nolte C., Eder B., Foley K., Nagashima T.(永島達也)
掲載誌:Scientific Reports, 4 (6929) (2014)

[原著論文]
Development of High-rate Treatment System of Palm Oil Mill Effluent (POME)
発表者:Tanikawa D., Abdul Rauf A., Kubota K., Yamaguchi T., Syutsubo K.(珠坪一晃), Sekiguchi Y., Yunus M.F.M., Chen S.S., Harada H.
掲載誌:9th IWA International Symposium on Waste Management Problems in Agro-Industries Proceedings, 2, 301-308 (2014)

発表者:Onodera T.(小野寺崇), Yoochatchaval W., Sumino H., Mizuochi M.(水落元之), Okadera T.(岡寺智大), Fujita T., Banjongproo P., Syutsubo K.(珠坪一晃)
掲載誌:Bioprocess and Biosystems Engineering, 37 (11), 2281-2287 (2014)

発表者:Okadera T.(岡寺智大), Chontanawat J., Gheewala S. H.
掲載誌:Energy, 77, 49-56 (2014)

発表者:Okadera T.(岡寺智大), Okamoto N., Watanabe M., Chontanawat J.
掲載誌:Economic Systems Research, 26 (4), 444-462 (2014)

[書籍]
3.1 放射性物質の輸送過程とそれに関わる気象場 . 3.3 今回の事故が他の季節や他の原発で起きたら?
発表者:中村尚, 森野悠, 滝川雅之
掲載誌:中島映至, 大原利眞, 植松光夫, 恩田裕一編, 原発事故環境汚染 福島第一原発事故の地球科学的側面, 東京大学出版会, 48-49 59-61 (2014)

[査読付き 原著論文]
Transboundary Secondary Organic Aerosol in Western Japan Indicated by the δ13C of Water-Soluble Organic Carbon and the m/z 44 Signal in Organic Aerosol Mass Spectra
発表者:Irei S., Takami A.(高見昭憲), Hayashi M., Sadanaga Y., Hara K., Kaneyasu N., Sato K.(佐藤圭), Arakaki T., Hatakeyama S., Bandow H., Hikida T., Shimono A.
掲載誌:Environmental Science&Technology, 48 (11), 6273-6281 (2014)

発表者:Yoochatchaval W., Onodera T.(小野寺崇), Sumino H., Yamaguchi T., Mizuochi M.(水落元之), Okadera T.(岡寺智大), Syutsubo K.(珠坪一晃)
掲載誌:Water science and technology, 70 (4), 656-663 (2014)

発表者:Satoh K.(佐藤圭), Saji S., Ito S., Shimizu H.(清水英幸), Saji H., kikuchi S.
掲載誌:Rice, 7 (10) (2014)

[査読付き 原著論文]
Microbiology of inorganic arsenic: From metabolism to bioremediation
発表者:Yamamura S.(山村茂樹), Amachi S.
掲載誌:Journal of Bioscience and Bioengineering, 118 (1), 1-9 (2014)

[書籍]
3.1 気象と気候
発表者:永島達也
掲載誌:3.12 大気の組成. 国立環境研究所地球環境研究センター編著, 地球温暖化の事典, 丸善, 95-99 146-152 (2014)

[その他の誌上発表]
芦崎干潟潮下帯に生息するアマモZostera marina群落の葉上動物相
発表者:金谷弦, 五十嵐健志, 山田勝雅, 木村昭一
掲載誌:むつ市教育委員会編, 平成25年度むつ市文化財調査報告第42集, むつ市教育委員会, 55-65 (2014)

発表者:水谷千亜紀
掲載誌:研究所報, (44), 73-78 (2014)

[総説・解説]
大気汚染物質の観測と数値予測の現状と課題
発表者:菅田誠治
掲載誌:環境情報科学, 42 (4), 1-5 (2014)

[査読付き 原著論文]
Sugarcane molasses-based bio-ethanol wastewater treatment by two-phase multi-staged up-flow anaerobic sludge blanket (UASB) combination with up-flow UASB and down-flow hanging sponge
発表者:Choeisai P., Jitkam N., Silapanoraset K., Yubolsai C., Yoochatchaval W., Yamaguchi T., Onodera T.(小野寺崇), Syutsubo K.(珠坪一晃)
掲載誌:Water Science and Technology, 69 (6), 1174-1180 (2014)

[査読付き 総説・解説]
ライダーおよび地上モニタリングネットワークによるエアロゾル動態解明
発表者:杉本伸夫, 西澤智明, 財前祐二, 清水厚, 松井一郎, 五十嵐康人
掲載誌:エアロゾル研究, 29 (S1), 72-81 (2014)

[査読付き 原著論文]
Effects of elevated CO2, warming and precipitation change on plant growth, photosynthesis and peroxidation in dominant species from North China grassland
発表者:Xu Z., Shimizu H.(清水英幸), Ito S., Yagasaki Y., Zou C., Zhou G., Zheng Y.
掲載誌:Planta, 239 (2), 421-435 (2014)

[原著論文]
室内制御型小型モノリスライシメーターの開発
発表者:村田智吉, 渡邊未来, 高松武次郎
掲載誌:日本緑化工学会誌, 39 (3), 429-433 (2014)

[査読付き 原著論文]
都市緑地における鉛直方向の土壌硬度分布と過去の土地利用,造成方法および現在の整備形態との関係—皇居外苑北の丸地区を事例として—
発表者:魚井夏子, 渡邊眞紀子, 村田智吉
掲載誌:日本緑化工学会誌, 39 (3), 412-421 (2014)

[原著論文]
生態系内における寄生虫を介した物質循環:安定同位体比による解析
発表者:金谷弦, Yurlova Natalia I, Vodyanitskaya Svetlana N, Yadrenkina Elena N, 岡野淳一, 鹿野秀一
掲載誌:生態学・疫学談話会ニュース, (27), 2-9 (2014)

発表者:Harada S., Koshikawa H.(越川海), Adams E.E.
掲載誌:Journal of Marine Environmental Engineering, 9 (4), 275-283 (2014)

発表者:Dai T., Goto D.(五藤大輔), Schutgens N.A.J., Dong X., Shi G., Nakajima T.
掲載誌:Atmospheric Environment, 82, 71-82 (2014)

[査読付き 原著論文]
Synoptic weather conditions and aerosol episodes over Indo-Gangetic Plains, India
発表者:Kaskaoutis D.G., Houssos E.E., Goto D.(五藤大輔), Bartzokas A., Nastos P.T., Sinha P.R., Kharol S.K., Kosmopoulos P.G., Singh R.P., Takemura T.
掲載誌:Climate Dynamic (2014)

[その他の誌上発表]
第50回下水道研究発表会 ポスター発表論文・優秀賞を受賞して
発表者:小野寺崇
掲載誌:下水道協会誌, 51 (616), 76-77 (2014)

発表者:Sato K.(佐藤圭)
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics Discussions, 14, C13-C17 (2014)

[査読付き 原著論文]
Effect of Antibiotics on Redox Transformations of Arsenic and Diversity of Arsenite-Oxidizing Bacteria in Sediment Microbial Communities
発表者:Yamamura S.(山村茂樹), Watanabe K., Suda W., Tsuboi S., Watanabe M.(渡邊未来)
掲載誌:Environmental Science & Technology, 48, 350-357 (2014)

発表者:Onodera T.(小野寺崇), Tandukar M., Sugiyana D., Uemura S., Ohashi A., Harada H.
掲載誌:Bioresource Technology, 152, 93-100 (2014)

[原著論文]
Qualitative evaluation of m/z 85, 87, and 133 signals in organic aerosol mass spectra of fly ash produced by coal combustion
発表者:Irei S., Shimono A., Hikida T., Kuramoto K., Suzuki Y., Takami A.(高見昭憲)
掲載誌:Aerosol and Air Quality Research, 14 (1), 406-412 (2014)

[書籍]
Land cover classification using multi-temporal satellite images in a subtropical region
発表者:Ishihara M., Hasegawa H., Hayashi S.(林誠二), Yamano H.
掲載誌:In: Nakano, S., Yahara, T., and Nakashizuka, T.編, The biodiversity observation network in the Asia-Pacific region: Integrative observations and assessments of Asian biodiversity, Springer, 231-237 (2014)

発表者:橋爪真弘, 西脇祐司, 道川武紘, 上田佳代, 横田賢一, 三根眞理子, 森淳子, 清水厚, 杉本伸夫
掲載誌:エアロゾル研究, 29 (S1), 225-229 (2014)

発表者:上田佳代, 清水厚, 井上健一郎
掲載誌:エアロゾル研究, 29 (S1), 230-236 (2014)

[査読付き 原著論文]
Verification of NOx emission inventories over North Korea
発表者:Kim N. K., Kim Y. P., Morino Y.(森野悠), Kurokawa J., Ohara T.
掲載誌:Environmental Pollution, 195, 236-244 (2014)

[書籍]
Land cover classification using multi-temporal satellite images in a subtropical area
発表者:Ishihara M., Hasegawa H., Hayashi S.(林誠二), Yamano H.
掲載誌:In: Nakano, S., Yahara, T., and Nakashizuka, T.eds., The biodiversity observation network in the Asia-Pacific region: Integrative observations and assessments of Asian biodiversity, Springer, 231-237 (2014)

発表者:Inomata S., Sato K.(佐藤圭), Hirokawa J., Sakamoto Y., Tanimoto H., Okumura M., Tohno S., Imamura T.
掲載誌:Atmospheric Environment, 97, 397-405 (2014)

[その他の誌上発表]
(3)九州・沖縄地区におけるガス・粒子状物質濃度変動の解析
発表者:高見昭憲, 畠山史郎
掲載誌:環境省編, 越境大気汚染・酸性雨長期モニタリング報告書(平成20~24年度) 57-63 (2014)

[査読付き 原著論文]
Numerical Simulation of Extreme Air Pollution by Fine Particulate Matter in China in Winter 2013
発表者:Shimadera H., Hayami H., Ohara T., Morino Y.(森野悠), Takami A.(高見昭憲), Irei S.
掲載誌:Asian Journal of Atmospheric Sciences, 8 (1), 25-34 (2014)

[査読付き 原著論文]
Multi-Model Analyses of Dominant Factors Influencing Elemental Carbon in Tokyo Metropolitan Area of Japan
発表者:Chatani S.(茶谷聡), Morino Y.(森野悠), Shimadera H., Hayami H., Mori Y., Sasaki K., Kajino M., Yokoi T., Morikawa T., Ohara T.
掲載誌:Aerosol and Air Quality Research, 14 (1), 396-405 (2014)

[査読付き 総説・解説]
東シナ海上空における窒素化合物の航空機観測
発表者:定永靖宗, 坂東博, 新垣雄光, 張代洲, 渡邉泉, 藤本敏行, 奥山喜久夫, 荻崇, 瀬戸章文, 高見昭憲, 清水厚, 畠山史郎
掲載誌:エアロゾル研究, 29 (S1), 117-124 (2014)

発表者:兼保直樹, 佐藤圭, 高見昭憲, 秀森丈寛, 松見豊, 山本重一
掲載誌:エアロゾル研究, 29 (S1), 82-94 (2014)

[査読付き 原著論文]
Paleoclimatic changes on the southern Tibetan Plateau over the past 19,000 years recoreded in Lake Pumoyum Co, and their implications for the southwest monsoon evolution
発表者:Nishimura M., Matsunaka T., Morita Y., Watanabe T., Nakamura T., Zhu L., Nara F.W., Imai A.(今井章雄), Izutsu Y., Hasuike K.
掲載誌:Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecolgy, 396, 75-92 (2014)

[査読付き 原著論文]
Biological nitrate utilization in south Siberian lakes (Baikal and Hovsgol) during the last Glacial period: the influence of climate change on primary productivity
発表者:Nara F.W., Watanabe T., Kakegawa T., Minoura K., Imai A.(今井章雄), Fagel N., Horiuchi K., Nakamura T., Kawai T.
掲載誌:Quaternary Science Reviews, 90, 69-79 (2014)

>> ページのトップへもどる

受賞

[受賞]
森野悠主任研究員が大気環境学会進歩賞を受賞
授賞者:森野悠(大気環境モデリング研究室)
賞の名称:大気環境学会 進歩賞
授賞機関:公益社団法人大気環境学会
受賞年月日:2014年9月18日
受賞対象:地域スケールにおける広域大気汚染の化学輸送モデリング
ひとこと:

モデリングと観測を統合して都市・広域大気汚染の発生機構を解明する研究における業績に対して、大気環境学会から進歩賞をいただいた。今回の受賞は、これまでのPM2.5や二次有機エアロゾル、揮発性有機化合物、窒素・硫黄沈着、放射性物質などのモデリング研究における成果を評価していただいたものであり、光栄に受け止めている。 これらの研究は共同研究者に恵まれたおかげであり、お世話になった方々に感謝するとともに、今後の大気環境モデリング分野の進歩に向けてますます努力していく所存である。


[受賞]
大原利眞センター長、菅田誠治主任研究員、清水厚主任研究員、森野悠主任研究員らが平成25年度NIES賞を受賞
授賞者:大原利眞(地域環境研究センター)、菅田誠治(大気環境モデリング研究室)、清水厚(広域大気環境研究室)、森野悠(地域環境研究センター)、新田裕史、上田佳代
賞の名称:平成25年度NIES賞
授賞機関:独立行政法人国立環境研究所
受賞年月日:2014年3月17日
受賞対象:研究所の活動の発展への多大なる貢献
ひとこと:

各氏は、今年度国民の関心を集め大きな社会問題ともなった微小粒子状物質(PM2.5)に関し、環境省が緊急に設置した専門家会合に参画・協力し、注意喚起のための暫定的な指針策定等に貢献するとともに、マスコミの取材対応や所外での講演等を通じてこの問題に関する社会的理解の促進にも貢献するなど、研究所の活動の発展に大きく貢献した。


[受賞]
森野悠主任研究員、大原利眞センター長が日本LCA学会論文賞を受賞
授賞者:森野悠(大気環境モデリング研究室)、大原利眞(地域環境研究センター)
賞の名称:日本LCA学会 論文賞
授賞機関:日本LCA学会
受賞年月日:2014年3月4日
受賞対象:原子力発電所事故によるI131の環境影響評価:排出地点および時期を考慮した健康影響評価と考慮しない場合の比較,Journal of Life Cycle Assessment, Japan ,9 (3), 206-220,2013
ひとこと:

この度、上記論文に対して日本LCA学会より論文賞をいただきました。本論文は主著者である東京都市大学の伊坪徳宏先生、およびみずほ情報総研の久保利晃氏との共同研究の成果です。国立環境研究所で実施した大気シミュレーションの結果を基に、ライフサイクル影響評価手法を用いて福島第一原発事故で放出された放射性物質に起因する健康影響を評価しました。今回の評価を嬉しく受け止めるとともに、放射性物質の動態・影響の解明に向けた研究は課題が山積みですので、今後ともますます精進してまいります。