ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究成果|2013年(平成25年)

  •  誌上発表 
  •  受賞 

誌上発表

[査読付き 原著論文]
Measurements and modeling of the solar radiation budget
発表者:Nakajima T., Takenaka H., Goto D.(五藤大輔), Misawa S., Uchida J., Nakajima T. Y.
掲載誌:Simulation (2013)

[査読付き 原著論文]
Evaluation of a relationship between aerosols and surface downward shortwave flux through an integrative analysis of a global aerosol-transport model and in-situ measurements
発表者:Goto D.(五藤大輔), Kanazawa S., Nakajima T., Takemura T.
掲載誌:AIP Conference Proceedings, 1531 (680) (2013)

発表者:岩崎俊樹, 宮崎和幸, 関山剛, 五藤大輔, 中島映至, 弓本桂也, 鵜野伊津志, 塩谷雅人
掲載誌:天気, 60 (3), 203-207 (2013)

[査読付き 原著論文]
Characterization of the retained sludge in a down-flow hanging sponge (DHS) reactor with emphasis on its low excess sludge production
発表者:Onodera T. (小野寺崇), Matsunaga K., Kubota K., Taniguchi R., Harada H., Syutsubo K.(珠坪一晃), Okubo T., Uemura S., Araki N., Yamada M., Yamauchi M., Yamaguchi T.
掲載誌:Bioresource Technology, 136, 169-175 (2013)

発表者:Tonghua Wu, Lin Zhao, Ren Li, Wang Q-X.(王勤学), Changwei Xie, Qiangqiang Pang
掲載誌:International Journal of Climatology, (33), 920-930 (2013)

発表者:Wang Y-W, Yang Y-H, Han S-M, Wang Q-X.(王勤学), Zhang J-H
掲載誌:Climate Research, 56, 11-20 (2013)

[査読付き 原著論文]
Temporal changes in carbon and nitrogen stable isotope ratios of macrozoobenthos on an artificial tidal flat facing a hypertrophic canal, inner Tokyo Bay
発表者:Kanaya G.(金谷弦), Nakamura Y., Koizumi T., Yamada K., Koshikawa H.(越川海), Kohzu A.(高津文人), Maki H.(牧秀明)
掲載誌:Marine Pollution Bulletin, 71, 179-189 (2013)

発表者:Zheng Y.R., Jiang L.H., Gao Y., Chen X., Luo G.P., Feng X.W., Yu Y.J., An P., Yu Y., Shimizu H.(清水英幸)
掲載誌:Journal of Arid Land, 5 (3), 331-339 (2013)

[原著論文]
自然教育園における歴史的な人為からの土壌の自然再生
発表者:川井伸郎, 村田智吉, 田中治夫
掲載誌:自然教育園報告, 44, 25-36 (2013)

発表者:Sato K.(佐藤圭), Inomata S., XING J-H., Imamura T., Uchida R., Fukuda S., Nakagawa K., Hirokawa J., Okumura M., Tohno S.
掲載誌:Atmospheric Environment, 79, 147-154 (2013)

[査読付き 原著論文]
Transported and Local Organic Aerosols over Fukuoka, Japan
発表者:Sato K.(佐藤圭), Takami A.(高見昭憲), Irei S., Miyoshi T., Ogawa Y., Yoshino A.(吉野彩子), Nakayama H., Maeda M., Hatakeyama S., Hara K., Hayashi M., Kaneyasu N.
掲載誌:Aerosol and Air Quality Research, 13 (4), 1263-1272 (2013)

[査読付き 原著論文]
Simultaneous carbon removal, denitrification and power generation in a membrane-less microbial fuel cell
発表者:Zhu G., Onodera T. (小野寺崇), Tandukar M., Pavlostathis S.G.
掲載誌:Bioresource Technology, 146, 1-6 (2013)

発表者:Irei S., Rudolph, J., Huang, L.
掲載誌:Analytica Chimica Acta, 786, 95-102 (2013)

[査読付き 原著論文]
Method for the determination of concentration and stable carbon isotope ratios of atmospheric phenols
発表者:Saccon, M., Busca, R., Facca, C., Huang, L., Irei S., Kornilova, A., Lane, D., Rudolph, J.
掲載誌:Atmospheric Measurement Techniques, Discussion, 6, 4705-4733 (2013)

[原著論文]
Water Footprint For Energy in Thailand
発表者:Okadera T.(岡寺智大), Chontanawat J.
掲載誌:6th Intenational Conference on Sustainable Energy and Enviromental Protection Conference Proceedings, 322-326 (2013)

発表者:Okadera T.(岡寺智大), Wang Q-X.(王勤学), Batkhishig O., Watanabe M.
掲載誌:Proceedings of the IX international conference ENVIRONMENT AND SUSTAINABLE DEVELOPMENT IN MONGOLIAN PLATEAU AND SURROUNDING REGIONS, 2, 30-32 (2013)

発表者:Wang Q-X.(王勤学), Watanabe M., Batkhishig O., Chuluun T., Okadera T.(岡寺智大), Yan W., Wu T., Liu J.
掲載誌:Proceedings of the IX international conference ENVIRONMENT AND SUSTAINABLE DEVELOPMENT IN MONGOLIAN PLATEAU AND SURROUNDING REGIONS, 2, 26-29 (2013)

[査読付き 原著論文]
東アジア域のNOx排出量の経年変化と窒素化合物の挙動のモデル解析
発表者:鵜野伊津志, 板橋秀一, 弓本桂也, 入江仁士, 黒川純一, 大原利眞
掲載誌:大気環境学会誌, 48 (5), 223-233 (2013)

発表者:Shiogama H., Stone D.A., Nagashima T.(永島達也), Nozawa T., Emori S.
掲載誌:International Journal of Climatology, 33 (11), 2542-2550 (2013)

発表者:Xiao W-W, Sun Z., Wang Q-X.(王勤学), Yang Y-H
掲載誌:J. Appl. Remote Sens, 7 (1) (2013)

発表者:Liu C., Zou C-J., Wang Q-X.(王勤学), Hayashi Y., Yasunari T.
掲載誌:Environ. Sci. Pollut. Res. (2013)

発表者:Wang S-Q., Tang C-Y., Song X-F., Yuan R-Q., Wang Q-X.(王勤学), Zhang Y-H.
掲載誌:Environmental Science: Processes & Impacts, 15, 1430-1443 (2013)

発表者:Sun Z., Wang Q-X.(王勤学), Matsushita B., Fukushima T., Ouyang Z., Watanabe M., Gebremichael M.
掲載誌:Hydrological Sciences Journal, 58 (5), 994-1012 (2013)

[書籍]
Overview on Current Remote Sensing Algorithms for Estimating Land Surface Evapotranspiration
発表者:Sun Z., Matsushita B., Wang Q-X.(王勤学), Ouyang Z.
掲載誌:In: Salah Er-Rakied., Evapotranspiration: Processes, Sources and Environmental Implications, NOVA Publishers, 161-186 (2013)

発表者:Chen B., Ouyang Z., Sun Z., Wu L., Li F.
掲載誌:Irrigation Sci, 31 (4), 715-728 (2013)

発表者:Sun Z., Gebremichael M. , Wang Q-X.(王勤学), Wang J., Sammis T.W., Nickless A.
掲載誌:Remote Sensing, 5 (10), 4735-4752 (2013)

発表者:Young P.J., Archibald A.T., Bowman K.W., Lamarque J.-F., Naik V., Stevenson D.S., Tilmes S., Voulgarakis A., Wild O., Bergmann D., Cameron-Smith P., Cionni I., Collins W.J., Dalsoren S.B., Doherty R.M., Eyring V., Faluvegi G., Horowitz L.W., Josse B., Lee Y.H., MacKenzie I.A., Nagashima T.(永島達也), Plummer D.A., Righi M., Rumbold S. T., Skeie R. B., Shindell D. T., Strode S.A., Sudo K., Szopa S., Zeng G.
掲載誌:Atomospheric Chemistry and Physics, 13, 2063-2090 (2013)

発表者:Voulgarakis A., Naik V., Lamarque J.-F, Shindell D. T., Young P.J., Prather M. J., Wild O., Field R.D., Bergmann D., Cameron-Smith P., Cionni I., Collins W.J., Dalsoren S. B., Doherty R. M., Eyring V., Faluvegi G., Folberth G. A., Horowitz L.W., Josse B., MacKenzie I. A., Nagashima T.(永島達也), Plummer D. A., Righi M., Rumbold S. T., Stevenson D.S., Strode S. A., Sudo K., Szopa S., Zeng G.
掲載誌:Atomospheric Chemistry and Physics, 13, 2563-2587 (2013)

発表者:Stevenson D. S., Young P.J., Naik V., Lamarque J.-F, Shindell D.T., Voulgarakis A., Skeie R.B., Dalsoren S.B., Myhre G., Berntsen T.K., Folberth G.A., Rumbold S.T., Collins W.J., MacKenzie I.A., Doherty R. M., Zeng G., van Noije T. P. C., Strunk A., Bergmann D., Cameron-Smith P., Plummer D.A., Strode S. A., Horowitz L., Lee Y.H., Szopa S., Sudo K., Nagashima T.(永島達也), Josse B., Cionni I., Righi M., Eyring V., Conley A., Bowman K.W., Wild O., Archibald A.
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics, 13, 3063-3085 (2013)

[査読付き 原著論文]
Global premature mortality due to anthropogenic outdoor air pollution and the contribution of past climate change
発表者:Silva R. A., West J.J., Zhang Y., Anenberg S.C., Lamarque J.-F., Shindell D.T., Collins W.J., Dalsoren S., Faluvegi G., Folberth G., Horowitz L.W., Nagashima T.(永島達也), Naik V., Rumbold S., Skeie F., Sudo K., Takemura T., Bergmann D., Cameron-Smith P., Cionni I., Doherty R.M., Eyring V., Josse B., MacKenzie I.A., Plummer D., Righi M., Stevenson D.S., Strode S., Szopa S., Zeng G.
掲載誌:Environmental Research Letters, 8 (3) (2013)

[査読付き 原著論文]
Development of appropriate technology for treatment of molasses-based wastewater
発表者:Syutsubo K.(珠坪一晃), Onodera T. (小野寺崇), Choeisai P., Khodphuvieng J., Prammanee P., Yoochatchaval W., Kaewpradit W., Kubota K.
掲載誌:Journal of Environmental Science and Health, Part A, 48, 1114-1121 (2013)

発表者:Bowman K.W., Shindell D.T., Worden H.M., Lamarque J.F., Young P.J., Stevenson D.S., Qu Z., Torre M. de la, Bergmann D., Cameron-Smith P.J., Collins W.J., Doherty R., Dalsoren S.B., Faluvegi G., Folberth G. , Horowitz L.W., Josse B.M., Lee Y.H., MacKenzie I.A., Myhre G., Nagashima T.(永島達也), Naik V., Plummer D.A., Rumbold S.T., Skeie R.B., Strode S.A., Sudo K., Szopa S., Voulgarakis A., Zeng G., Kulawik S.S., Aghedo A.M., Worden J.R.
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics, 13, 4057-4072 (2013)

発表者:Lamarque J.-F., Shindell D.T., Josse B., Young P.J., Cionni L., Eyring V., Bergmann D., Cameron-Smith P., Collins W.J., Collins W.J, Doherty R., Dalsoren S., Faluvegi G. , Folberth G., Ghan S.J., Horowitz L.W., Lee Y.H., MacKenzie I.A., Nagashima T.(永島達也), Naik V., Plummer D., Righi M., Rumbold S.T., Schulz M., Skeie R.B., Stevensons D.S., Strode S., Sudo K., Szopa S., Voulgarakis A., Zeng G.
掲載誌:Geoscientific Model Development, 6, 179-206 (2013)

発表者:Lee Y.H., Lamarque J.-F., Flanner M.G., Jiao C., Shindell D.T., Berntsen T., Bisiaux M.M., Cao J., Collins W.J., Curran M., Edwards R., Faluvegi G., Ghan S., Howowitz L.W., McConnell J.R., Ming J., Myhre G., Nagashima T.(永島達也), Naik V., Rumbold S.T., Skeie R.B., Sudo K., Takemura T., Thevenon F., Xu B., Yoon J.-H.
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics, 13, 2607-2634 (2013)

発表者:Nabat P., Somot S., Mallet M., Chiapello I., Morcrette J.J., Solomon F., Szopa S., Dulac F., Collins W., Ghan S., Horowitz L.W., Lamarque J.F., Lee Y.H., Naik V., Nagashima T.(永島達也), Shindell D., Skeie R.
掲載誌:Atmospheric Meaurement Techniques, 6, 1287-1314 (2013)

発表者:Naik V., Voulgarakis A., Fiore A.M., Horowitz L.W., Lamarque J.-F., Lin M., Prather M.J., Young P.J., Bergmann D., Cameron-Smith P.J., Cionni I., Collins W.J., Dalsoren S.B., Dherty R., Eyring V., Faluvegi G., Folberth G.A., Josse B., Lee Y.H., MacKenzie I.A., Nagashima T.(永島達也), van Noije T.P.C., Plummer D.A., Righi M., Rumbold S.T., Skeie R., Shindell D.T., Stevenson D.S., Strode S., Sudo K., Szopa S., Zeng G.
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics, 13, 5277-5298 (2013)

発表者:Shindell D.T., Lamarque J.-F., Schulz M., Flanner M., Jiao C., Chin M., Yound P.J., Rotstayn L., Mahowald N., Milly G., Faluvegi G., Balkanski Y., Collins W.J., Conley A.J., Dalsoren S., Easter R., Ghan S., Horowitz L., Liu X., Myhre G., Nagashima T.(永島達也), Naik V., Rumbold S.T., Skeie R., Sudo K., Szopa S., Takemura T., Voulgarakis A., Yoon J.-H., Lo F.
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics, 13, 2939-2974 (2013)

発表者:Clark C.H., Nakao S., Asa-Awuku A., Sato K.(佐藤圭), Cocker D. R. III
掲載誌:Aerosol Science and Technology, 47, 1374-1382 (2013)

[その他の誌上発表]
2.干潟生態系 [PDF:22.2MB]
発表者:鈴木孝男, 金谷弦, 木村妙子, 古賀庸憲, 多留聖典, 浜口昌巳, 逸見泰久, 岸本和雄, 仲岡雅裕
掲載誌:環境省自然環境局生物多様性センター編, モニタリングサイト1000沿岸域調査(磯・干潟・アマモ場・藻場)2008-2012年度取りまとめ報告書, , 19-30 (2013)

[その他の誌上発表]
バンコク都(BMA)の下水処理とエネルギー消費
発表者:岡寺智大, 珠坪一晃, 小野寺崇, Wilasinee Yoochatchaval
掲載誌:第41回環境システム研究論文発表会講演集, 81-85 (2013)

[査読付き 原著論文]
Multi-Regional Carbon Footprint Reduction in Steel Sector in China due to Low Carbon Technology Implementation
発表者:Yoshida N., Wu Y., Kanazawa T., Yamamoto Y., Fujita T., Okadera T.(岡寺智大), Geng Y.
掲載誌:Journal of Japan Soceiety of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research), 69 (6), 383-390 (2013)

[その他の誌上発表]
有機性排水の無加温メタン発酵処理技術
発表者:珠坪一晃
掲載誌:用水と廃水, 55 (10), 53-61 (2013)

[書籍]
スタック型微生物燃料電池による省・創エネルギー排水処理システムの開発
発表者:珠坪一晃, 窪田恵一
掲載誌:渡邊一哉監修, 微生物燃料電池による排水処理システム最前線, 株式会社エヌ・ティー・エス, 218-225 (2013)

発表者:佐藤圭
掲載誌:ぶんせき, 2013 (10), 633-634 (2013)

発表者:Saccon, M., Busca, R., Facca, C., Huang, L., Irei S., Lane, D., Rudolph, J.
掲載誌:Atmospheric Measurement Techniques, (6), 2965-2974 (2013)

[査読付き 原著論文]
Bacterial contribution to dissolved organic matter in eutrophic lake Kasumigaura, Japan
発表者:Kawasaki N., Komatsu K.(小松一弘), Kohzu A.(高津文人), Tomioka N.(冨岡典子), Shinohara R.(篠原隆一郎) , Satou T., Nara Watanabe F., Tada Y., Hamasaki K., Kushairi M. R. M., Imai A.(今井章雄)
掲載誌:Applied and Environmental Microbiology, 79 (23), 7160-7168 (2013)

[査読付き 原著論文]
何故2013年冬季の中国でPM2.5が高濃度になったか?
発表者:鵜野伊津志, 弓本桂也, 原由香里, 板橋秀一, 金谷有剛, 杉本伸夫, 大原利眞
掲載誌:大気環境学会誌, 48 (6), 274-280 (2013)

[査読付き 原著論文]
EarthCARE衛星搭載ライダーデータを用いたエアロゾル種推定アルゴリズムの開発
発表者:西澤智明, 杉本伸夫, 松井一郎, 清水厚, 岡本創
掲載誌:日本リモートセンシング学会誌, 33 (5), 367-376 (2013)

[原著論文]
Development of Down-flow Hanging Sponge Reactor for the low strength sewage treatment
発表者:Yoochatchaval W., Onodera T.(小野寺崇) , Sumino H., Yamaguchi T., Mizuochi M.(水落元之), Okadera T.(岡寺智大), Syutsubo K.(珠坪一晃)
掲載誌:7th IWA International Conference on Efficient Use and Management of Water (2013)

[その他の誌上発表]
酸素供給型DHSリアクターによる豆腐工場模擬排水の連続処理
発表者:角野晴彦, 馬島孝治, 川上周司, 高石有希子, 加藤勇治, 珠坪一晃
掲載誌:用水と廃水, 55 (11), 836-845 (2013)

[査読付き 原著論文]
下水処理UASB後段のDHSリアクターにおける排水処理特性と真核生物群集構造の季節変動
発表者:宮岡佑馬, 幡本将史, 珠坪一晃, 小野寺崇, 多川正, 上村繁樹, 荒木信夫, 山口隆司
掲載誌:土木学会論文集G(環境), 69 (7), 257-264 (2013)

[査読付き 原著論文]
EGSB法による飲料系工場排水の無加温メタン発酵処理技術の開発
発表者:藤本典之, 稲葉英樹, 窪田恵一, 珠坪一晃
掲載誌:土木学会論文集G(環境), 69 (7), 623-630 (2013)

発表者:Sun Z., Gebremichael M. , Wang Q-X.(王勤学)
掲載誌:Journal of the Meteorological Society of Japan, 91 (5), 627-638 (2013)

[総説・解説]
嫌気性微生物処理分野における最近の研究動向
発表者:小林拓朗, 日高平, 小野寺崇
掲載誌:水環境学会誌, 36 (12), 422-429 (2013)

[総説・解説]
日本農村之分散型生活汚水処理
発表者:Mizuochi M. (水落元之)
掲載誌:環保産業, (6), 30-32 (2013)

[査読付き 原著論文]
Dependence of Precipitation Scaling Patterns on Emission Scenarios for Representative Concentration Pathways
発表者:Ishizaki Y., Shiogama H., Emori S., Yokohata T., Toru N., Takahashi K., Ogura T., Masakazu Y., Nagashima T.(永島達也)
掲載誌:
JOURNAL OF CLIMATE, 26 (22), 8868-8879 (2013)

[査読付き 原著論文]
パームオイル工場廃液を処理するラグーンシステムからのメタンガス放出量の測定
発表者:谷川大輔, 久保田健吾, 佐瀬信哉, 珠坪一晃, Chen Sau Soon , Yunus Mohammed Faisal Mohammed, 山口隆司, 原田英樹
掲載誌:土木学会論文集G(環境), 69 (4), 157-165 (2013)

発表者:東博紀, 古市尚基, 牧秀明
掲載誌:土木学会論文集B2(海岸工学), 69 (2), I_1066-I_1070 (2013)

[査読付き 原著論文]
Performance and Microbial Community Analysis of a full-scale Hybrid Anaerobic-Aerobic Membrane System for Treating Molasses-Based Bioethanol Wastewater
発表者:Pattananuwat N., Aoki M., Hatamoto M., Nakamura A., Yamazaki S., Syutsubo K.(珠坪一晃), Araki N., Takahashi M., Harada H., Yamaguchi T.
掲載誌:International Journal of Environmental Research, 7 (4), 979-988 (2013)

[査読付き 原著論文]
Interactive Effects of Elevated Co2, Drought, and Warming on Plants
発表者:Xu Z., Shimizu H.(清水英幸), Yagasaki Y., Ito S., Zheng Y., Zhou G.
掲載誌:Journal of Plant Growth Regulation, 32, 692-707 (2013)

[総説・解説]
大気中の物質はどのように運ばれるか
発表者:菅田誠治
掲載誌:安全工学, 52 (6), 359-363 (2013)

[査読付き 原著論文]
Development of Combined Anaerobic-Aerobic System for Treating Industrial Molasses Wastewater
発表者:Pattananuwat N., Kawai T., Hatamoto M., Syutsubo K.(珠坪一晃), Takahashi M., Harada H., Yamaguchi T.
掲載誌:Journal of Water and Environment Technology, 11 (6), 519-528 (2013)

[総説・解説]
地球科学分野における活動と緊急災害時における研究者の対応
発表者:中島映至, 鶴田治雄, 滝川雅之, 森野悠, 関山剛, 梶野瑞王, 渡邊明, 篠原厚, 北和之
掲載誌:RADIOISOTOPES, 62 (10), 761-766 (2013)

[査読付き 原著論文]
2011年2月上旬に観測された広域的なPM2.5高濃度エピソードの要因推定
発表者:山神真紀子, 佐川竜也, 中戸靖子, 長田健太郎, 米持真一, 山本勝彦, 山田大介, 芝和代, 山田克則, 菅田誠治, 大原利眞
掲載誌:大気環境学会誌, 48 (4), 196-205 (2013)

発表者:大泉毅, 秋元肇, 金谷有剛, 永島達也, 櫻井達也, 大原利眞, 佐藤啓市
掲載誌:大気環境学会誌, 48 (4), 181-187 (2013)

発表者:Okadera T.(岡寺智大), Chontanawat J.
掲載誌:Agricultural Science Journal, 44 (2), 673-679 (2013)

発表者:Kong Y., Watanabe Mirai.(渡邊未来), Nagano H., Watanabe Keiji, Yashima M., Inubushi K.
掲載誌:Soil Science and Plant Nutrition, 59 (5), 790-799 (2013)

発表者:齊藤勝美, 伏見暁洋, 藤谷雄二, 田邊潔, 佐藤圭, 高見昭憲, 世良耕一郎
掲載誌:NMCC共同利用研究成果報文集, 20, 177-184 (2013)

[査読付き 原著論文]
To What Extent Can Speed Management Alleviate the Range Anxiety of EV?
発表者:Kondo Y.(近藤美則), Kato H., Ando R., Suzuki T., Karakama Y.
掲載誌:27th International Battery, Hybrid and Fuel Cell Electric Vehicle Symposium (2013)

[査読付き 原著論文]
Comparative measurements of the eco-driving effect between electric and internal combustion engine vehicles
発表者:Kato H., Ando R., Kondo Y.(近藤美則), Suzuki T., Matsuhashi K., Kobayashi S.
掲載誌:27th International Battery, Hybrid and Fuel Cell Electric Vehicle Symposium (2013)

[査読付き 原著論文]
エコドライブ活動による日常の運転特性の変化に関する研究
発表者:加藤秀樹, 安藤良輔, 西堀泰英, 近藤美則, 鈴木勉
掲載誌:自動車技術会論文集, 44 (6), 1497-1502 (2013)

[総説・解説]
2012年夏季、福岡市と大阪市における高濃度硫酸イオン観測事例の解析
発表者:高見昭憲, 伊禮聡, 紀本岳志, 竹村俊彦, 林政彦, 原圭一郎, 三好猛雄, 上田佳代, 佐藤圭, 兼保直樹, 吉野彩子, 畠山史郎
掲載誌:エアロゾル研究, 28 (4), 281-286 (2013)

[査読付き 原著論文]
油汚染土壌の浄化に及ぼすマット状シバの浄化効果の検証
発表者:岩崎一弘, 坪井隼, 大川恵, 鶴小屋晃, 田島万穂路, 中島敏明, 内山裕夫
掲載誌:Journal of Environmental Biotechnology (環境バイオテクノロジー学会誌), 13 (2), 161-165 (2013)

[査読付き 原著論文]
Source contribution analysis of surface particulate polycyclic aromatic hydrocarbon concentrations in northeastern Asia by sourceereceptor relationships
発表者:Inomata Y., Kajino M.
掲載誌:Environmental Pollution, 182, 324-334 (2013)

[査読付き 原著論文]
原子力発電所事故によるI131の環境影響評価:排出地点および時期を考慮した健康影響評価と考慮しない場合の比較
発表者:伊坪徳宏, 久保利晃, 森野悠, 大原利眞
掲載誌:LCA学会誌, 9 (3), 206-220 <日本LCA学会 論文賞受賞> (2013)

[書籍]
第3章 発生源と越境汚染状況
発表者:大原利眞
掲載誌:編集企画委員会編著, PM2.5の基礎知識, 日本環境衛生センター, 26-32 (2013)

[総説・解説]
中国における大気汚染の現状
発表者:大原利眞
掲載誌:環境と公害, 43 (1), 45-50 (2013)

[総説・解説]
オゾン生成レジームに関する法則—オゾン低減戦略のための理論として—
発表者:神成陽容, 大原利眞
掲載誌:大気環境学会誌, 48 (2), 110-111 (2013)

[総説・解説]
最近のPM2.5汚染問題をどのように考えるか?
発表者:大原利眞
掲載誌:科学, 83 (4), 420-424 (2013)

[査読付き 原著論文]
2011年度の連続測定結果に基づく全国的なPM2.5汚染の状況解析
発表者:板野泰之, 大原利眞, 山神真紀子, 大野隆史, 長田健太郎, 武直子, 菅田誠治
掲載誌:大気環境学会誌, 48, 154-160 (2013)

[査読付き 原著論文]
タグ付き輸送モデルによるアジア域のCO濃度と発生源寄与の長期解析
発表者:鵜野伊津志, 弓本桂也, 大原利眞, 黒川純一
掲載誌:大気環境学会誌, 48, 133-139 (2013)

[査読付き 原著論文]
タグ付きCO輸送モデルを用いたアジア域のソース・リセプター解析
発表者:鵜野伊津志, 弓本桂也, 大原利眞, 黒川純一
掲載誌:大気環境学会誌, 48, 123-132 (2013)

[査読付き 原著論文]
Key chemical NOx sink uncertainties and how they influence top-down emissions of nitrogen oxides
発表者:Stavrakou T., Muller J.-F., Boersma K. F.
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics, 13, 9057-9082 (2013)

[査読付き 原著論文]
Evaluation of the Effect of Surface Ozone on Main Crops in East Asia: 2000, 2005, and 2020
発表者:Nawahda A., Yamashita K., Ohara T., Kurokawa J., Yamaji K.
掲載誌:Water, Air, and Soil Pollution, 224, 1537 (2013)

[原著論文]
Estimation of soil carbon storage in Shinjuku Gyoen National Garden based on land use history and soil compactness profiles
発表者:Uoi N., Kawahigashi M., Ono M., Murata T.(村田智吉), Watanabe M.
掲載誌:GEOGRAPHICAL REPORTS OF TOKYO METROPOLITAN UNIVERSITY, 48, 13-24 (2013)

発表者:Sakurai T., Kobayashi J., Kinoshita K., Ito N. , Serizawa S., Shiraishi H., Lee J.H., Horiguchi T., Maki H.(牧秀明), Mizukawa K., Imaizumi Y., Kawai T., Suzuki N.
掲載誌:Environmental Toxicology and Chemistry, 32 (9), 2009-2017 (2013)

[査読付き 原著論文]
Structural analysis of aerosol particles by microscopic observation using a time-of-flight secondary ion mass spectrometer
発表者:Takami A.(高見昭憲), Mayama N., Sakamoto T., Ohishi K. , Irei S., Yoshino A.(吉野彩子), Hataleyama S., Murano K., Sadanaga Y., Bandow H., Misawa K., Fujii M.
掲載誌:Journal of Geophysical Research: Atmospheres, 118, 6276-6737 (2013)

[査読付き 原著論文]
福岡県北九州市における黄砂を含む越境性微量粒子が健康に及ぼす影響調査 2010・2011年の症状日記を用いたSPM濃度上昇時症状スコア変動の検討
発表者:岸川禮子, 今井透, 市瀬孝道, 嵐谷奎一, 欅田尚樹, 吉田成一, 西川雅高, 清水厚, 下田照文, 岩永知秋
掲載誌:職業・環境アレルギー誌, 20 (2), 37-4 (2013)

[査読付き 原著論文]
New particle formation and growth associated with East-Asian long range transportation observed at Fukue Island, Japan in March 2012
発表者:Seto T., Kim S., Otani Y., Takami A.(高見昭憲), Kaneyasu N., Fujimoto T., Okuyama K., Takamura T., Hatakeyama S.
掲載誌:Atmospheric Environment, 74, 29-36 (2013)

[査読付き 原著論文]
Characterization of Black Carbon in Fine Aerosol Particles Using High Lateral Resolution TOF-SIMS
発表者:Mayama N., Miura Y., Misawa K., Takami A.(高見昭憲), Sakamoto T., Fujii M.
掲載誌:Analytical Sciences, 29, 479-481 (2013)

[査読付き 原著論文]
ブナに及ぼす複合的なストレスの影響
発表者:清水英幸, 伊藤祥子
掲載誌:森林科学, (67), 14-17 (2013)

発表者:Campbell J.R., Reid J.S., Westphal D.L., Zhang J., Tackett J.L., Chew B.N., Welton E.J., Shimizu A.(清水厚), Sugimoto N., Aoki K., Winker D.M.
掲載誌:Atmospheric Research, 122, 520-543 (2013)

[査読付き 原著論文]
Field study of PM2.5 and harmful substances to human health in aerosols at upwind areas of Japan
発表者:Kaneyasu N., Takami A.(高見昭憲), Sato K.(佐藤圭), Matsumi Y.
掲載誌:In: Kaneyasu N.,Takami A.,Sato K.,Matsumi Y.著, Impacts of Aerosols in East Asia on Plants and Human Health (ASEPH) Research Report 2012, , 31-34 (2013)

[その他の誌上発表]
健康影響が懸念されるPM2.5粒子状物質の我が国風上域での動態把握-全体研究期間の成果概観-
発表者:兼保直樹, 高見昭憲, 佐藤圭, 松見豊
掲載誌:兼保直樹,高見昭憲,佐藤圭,松見豊著, 東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト平成24年度研究成果報告書, , 51-58 (2013)

[その他の誌上発表]
健康影響が懸念されるPM2.5粒子状物質の我が国風上域での動態把握-全体研究期間の成果概観-
発表者:兼保直樹, 高見昭憲, 佐藤圭, 松見豊
掲載誌:兼保直樹,高見昭憲,佐藤圭,松見豊著, 東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト平成24年度研究成果報告書, , 51-58 (2013)

[総説・解説]
「多環芳香族炭化水素(PAH)のエアロゾル化学」関連用語
発表者:佐藤圭
掲載誌:エアロゾル研究, 28 (1), 42-43 (2013)

[総説・解説]
特集にあたって:多環芳香族炭化水素(PAH)のエアロゾル化学
発表者:佐藤圭
掲載誌:エアロゾル研究, 28 (1), 4 (2013)

[その他の誌上発表]
アメリカエアロゾル学会第31回年会酸化報告
発表者:佐藤圭, 伏見暁洋, 森野悠, 濱尚矢, 斎藤衛修, 木本成, 北山智歩
掲載誌:エアロゾル研究, 28 (1), 71-76 (2013)

[その他の誌上発表]
Analysis of source apportionment and chemical transformation of particles in trans-boundary air pollution using high lateral resolution imaging SIMS
発表者:Sakamoto T., Ohishi K., Miura Y., Fujii M., Misawa K., Mayama N., Riese M., Kitatsugu K., Takami A.(高見昭憲), Irei S., Hatakeyama S., Yoshino A.(吉野彩子), Murano K., Mukaida T., Bandow H., Sadanaga Y.
掲載誌:TECHNICAL REPORTS OF THE METEOROGICAL RESEACH INSTITUTE No.68 2012, 59-60 (2013)

発表者:Sugimoto N., Hara Y., Shimizu A.(清水厚), Nishizawa T., Matsui I., Nishikawa M.
掲載誌:Asia-Pacific Journal of Atmospheric Sciences, 49 (1), 27-39 (2013)

[査読付き 原著論文]
エアロゾル質量分析計により沖縄県辺戸岬において観測されたエアロゾル化学組成の特徴
発表者:三好猛雄, 高見昭憲, 下野彰夫, 畠山史郎
掲載誌:大気環境学会誌, 48 (1), 1-11 (2013)

発表者:Nakayama T., Sato K.(佐藤圭), Matsumi Y., Imamura T., Yamazaki A., Uchiyama A.
掲載誌:Atmospheric Chemistry and Physics, 13 (1), 531-545 (2013)

発表者:Dong H., Geng Y., Sarkis J., Fujita T., Okadera T.(岡寺智大), Xue B.
掲載誌:Science of the Total Environment, 442, 215-224 (2013)

発表者:Sekimoto K., Inomata S., Tanimoto H., Fushimi A., Fujitani Y., Sato K.(佐藤圭), Yamada H.
掲載誌:Atmospheric Environment, 81, 523-531 (2013)

[査読付き 原著論文]
Analysis of Summertime Atmospheric Transport of Fine Particulate Matter in Northeast Asia
発表者:Shimadera H., Hayami H., Morino Y.(森野悠), Ohara T., Chatani S.(茶谷聡), Hasegawa S., Kaneyasu N.
掲載誌:Atmospheric Environment, 81, 523-531 (2013)

[査読付き 原著論文]
Verification of NOX emission inventory over South Korea using sectoral activity data and satellite observation of NO2 vertical column densities
発表者:Kim N. K., Kim Y. P., Morino Y.(森野悠), Kurokawa J., Ohara T.
掲載誌:Atmospheric Environment, 77, 496-508 (2013)

[査読付き 原著論文]
Black carbon at a roadside site in Beijing: Temporal variations and relationships with carbon monoxide and particle number size distribution
発表者:Song S., Wu Y.
掲載誌:Atmospheric Environment, 77, 213-221 (2013)

[査読付き 原著論文]
Episode Analysis of Deposition of Radiocesium from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident
発表者:Morino Y.(森野悠), Ohara T., Watanabe Mirai.(渡邊未来), Hayashi S.(林誠二), Nishizawa M.
掲載誌:Environmental Science and Technology, 47, 2314-2322 (2013)

[査読付き 原著論文]
On-line measurements of gaseous nitro-organic compounds in diesel vehicle exhaust by proton-transfer-reaction mass spectrometry
発表者:Inomata S., Tanimoto H., Fujitani Y., Sekimoto K., Sato K.(佐藤圭), Fushimi A., Yamada H., Hori. S., Kumazawa Y., Shimono A., Hikida T.
掲載誌:Atmospheric Environment, 73, 195-203 (2013)

[査読付き 原著論文]
Development of a treatment system for molasses wastewater: The effects of cation inhibition on the anaerobic degradation process
発表者:Onodera T.(小野寺崇), Sase S. , Choeisai P., Yoochatchaval W., Sumino H., Yamaguchi T., Ebie Y., Xu K-Q., Tomioka N.(冨岡典子), Mizuochi M.(水落元之), Syutsubo K.(珠坪一晃)
掲載誌:Bioresource Technology, 131, 295-302 (2013)

>> ページのトップへもどる

受賞

[受賞]
冨岡典子主任研究員、今井章雄副センター長、松重一夫客員研究員らが日本陸水学会第1回学会賞論文賞を受賞
授賞者:冨岡典子(湖沼・河川環境研究室)、今井章雄(地域環境研究センター)、松重一夫(総務部)
賞の名称:日本陸水学会第1回学会賞論文賞
授賞機関:日本陸水学会
受賞年月日:2013年9月12日
受賞対象:In-situ growth rate of Microcystis spp. and their growth-limiting factors: use of cellular RNA content,Limnology ,12 (3), 235-243,2011
ひとこと:

このたび、上記論文に対して第1回陸水学会論文賞を授与されました。本論文は、湖沼・河川研究室に当時在籍されていた永井氏を中心に、アオコの発生頻度の高い用水路において、採水、アオコ原因藻類の細胞濃度、リボソーマルRNA(rRNA)濃度および環境因子の測定を共著者が協力して行い、アオコ細胞の現場(in-situ)での増殖活性を細胞当たりのrRNA含量を用いて推定することが可能で在ることを明示したものです。今回の受賞を励みに、陸水環境での微生物、有機物の挙動を精力的に研究して参る所存です。


[受賞]
佐藤圭主任研究員、高見昭憲室長らが日本エアロゾル学会論文賞を受賞
授賞者:藤谷雄二、佐藤圭(広域大気環境研究室)、古山昭子、伏見暁洋、伊藤智彦、田邊潔、平野靖史郎、今村隆史、高見昭憲(広域大気環境研究室)
賞の名称:論文賞
授賞機関:日本エアロゾル学会
受賞年月日:2013年8月28日
受賞対象:二次生成有機エアロゾルの毒性評価を目指した小規模チャンバーによる粒子発生法評価,Earozoru Kenkyu ,27 (4), 350-356,2012
ひとこと:

第30回エアロゾル科学・技術研究討論会において「論文賞」を頂きました。論文賞は、エアロゾル学会誌「エアロゾル研究」に過去3年間に発表されたオリジナルの研究論文・技術論文の中で特に優れた論文の著者に対して授与されるものです。 ガス状物質の酸化反応で生じる二次生成有機エアロゾル(SOA)の毒性評価を行うためには、まず、SOAを発生させて試料を得なければなりませんが、試料量を確保する等の観点から、従来は大型チャンバーを使用します。本研究では、比較的安価で小回りがきく小型チャンバーでSOA試料を作成するための発生条件の最適化、チャンバーの形状や大きさの最適化を行いました。さらに得られた試料で化学分析・毒性スクリーニングを行いました。小型チャンバーでも試料が得られるという実用性を示し、また、応用まで示したことが評価されました。本研究成果は複数の研究センターの研究者が参画して得られたものであり、国立環境研究所の総合力の強みが発揮できたと思います。昨年度に同学会で受賞したベストポスター賞に引き続き、論文賞を受賞できたことは大変に自信になります。この受賞を励みに、ますますエアロゾル工学と毒性学の学際的な分野で活躍できるよう、精進していきたいと思います。


[受賞]
小野寺崇主任研究員がポスター発表セッション優秀賞を受賞
授賞者:小野寺崇(環境技術システム研究室)
賞の名称:ポスター発表セッション優秀賞
授賞機関:公益社団法人日本下水道協会
受賞年月日:2013年8月1日
受賞対象:タイ・バンコクにおける開発途上国向け下水処理技術の実証試験,第50回下水道研究発表会, 同予稿集 , 25-27,2013
ひとこと:

2013年7月31日~8月1日に東京ビックサイトで開催された第50回下水道研究発表会におけて、「タイ・バンコクにおける開発途上国向け下水処理技術の実証試験」と題したポスター発表を行い、優秀賞を頂きました。本研究では、東南アジア等の開発途上国に適用可能な下水処理技術として、スポンジ担体を用いた散水ろ床法であるDown-flow hanging sponge (DHS)を提案し、タイ・バンコク都の実下水処理場にて1年以上の実証試験を行いました。本発表では、提案技術が優れた処理性能を発揮するとともに、運転管理が容易であり、余剰汚泥が少ないなど、途上国への高い適応性を有することを示しました。また、散水ろ床法では、後生動物の大量発生による汚泥損失(性能悪化)が大きな問題でしたが、本提案技術はこの問題も解決できるユニークな技術であることを示しました。今回の受賞を励みにして、今後も地道に技術開発と実証試験を行うとともに、研究成果の発信を積極的に行っていきたいと思います。


[受賞]
水谷千亜紀特別研究員が地理空間学会奨励賞を受賞
授賞者:水谷千亜紀(海洋環境研究室)
賞の名称:地理空間学会奨励賞
授賞機関:地理空間学会
受賞年月日:2013年6月29日
受賞対象:-
ひとこと:

この度,下記3本の論文に対して,地理空間学会奨励賞を頂きました.この研究は,博士論文の内容であり,土地利用の遷移過程を分析する際,用途だけではなく,土地利用の形状にも着目した分析手法を提案しました.これにより市街地の発展段階と形状の関係性を示唆しました.今回の受賞を励みに,より一層土地利用の遷移過程に対する理解を深め,地域環境研究に取り組んで参りたいと思います. ・Mizutani, C. and Murayama, Y., Analytical Framework for Polygon-based Land Use Change. ACM SIGSPATIAL Psecial, 3(3), pp. 15-20, 2011年11月. ・Mizutani, C. Construction of an analytical framework for polygon-based land use transition analyses. Computers, Environment and Urban Systems. 36(3), pp. 270-280, 2012年5月. ・Lwin, K., Murayama, Y., and Mizutani, C. Quantitative vs. Qualative Geospatial Data in Spatial Modelling and Decision-Making. Journal of Geographic Information System, 4(3), pp. 237-241, 2012年6月.


[受賞]
水落元之主任研究員が平成24年度NIES賞を受賞
授賞者:水落元之(環境技術システム研究室)
賞の名称:平成24年度NIES賞
授賞機関:独立行政法人国立環境研究所
受賞年月日:2013年3月15日
受賞対象:研究所の活動の発展への貢献
ひとこと:

多媒体での放射性物質実態把握・動態解明グループの研究調整主幹として、複数の研究センターのメンバーによって構成される同グループの研究マネージメントに尽力するとともに、福島県南相馬市の福島南相馬実験室の開所に多大な貢献をするなどし、研究所の活動の発展に大きく貢献した。


[受賞]
林誠二室長が平成24年度NIES賞を受賞
授賞者:林誠二(土壌環境研究室)
賞の名称:平成24年度NIES賞
授賞機関:独立行政法人国立環境研究所
受賞年月日:2013年3月15日
受賞対象:研究所の活動の発展への貢献
ひとこと:

福島第一原子力発電所から大気中に放出された放射性物質の流域圏での挙動を解明するために、事故直後から筑波山において継続的に環境測定を実施し、森林からの流出率が非常に小さいこと等を明らかにするとともに、その成果を環境省の環境回復検討会に提供し、森林除染のあり方を取りまとめる上で活用されるなど、研究所の活動の発展に大きく貢献した。