ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/07/13 11:25:48

稲葉 陸太

INABA Rokuta

稲葉 陸太
氏名
稲葉 陸太(いなば ろくた)
所属/職名
資源循環・廃棄物研究センター(循環型社会システム研究室)/主任研究員
研究課題
炭素資源の持続可能な利用戦略の立案
学位の種類
博士(工学)
専門とする学問分野
工学
専門とする環境分野
廃棄物管理,資源循環,地球温暖化
自分の強みのキーワード
ライフサイクルアセスメント,バイオマス,循環システム
関心のある研究、実施してみたい研究
バイオジェット燃料の生産から利用までの有効性評価
研究概要
生物資源と化石資源を併せて「炭素資源」と捉え、その循環技術システムについて国家規模と地域規模で分析している。国家規模分析の目的は、過去から現在への傾向を把握するとともに、近未来に予測される問題とその対策の効果を推定し、在るべきビジョンと辿るべきシナリオを提案することである。具体的には、MFAやLCAを実施して日本全体の資源消費・環境負荷排出の評価を実施する。過去から現在、各種対策を導入した近未来も対象とする。炭素資源の適材適所を考慮して対策を検討し、その種類や時期を整理してシナリオとして評価し、炭素資源の持続的利用シナリオを提案する。地域規模分析の目的は、現状で廃棄生物資源の地域的循環システムを形成するための実現性が高い手法を示すことである。具体的には、湿潤系生物資源を対象とし、MFAやLCAに加えて需給均衡、事業性などの要因も検討し、適切な地域循環圏の形成手法を提案する。
略歴
2002年〜2003年 国立環境研究所 循環型社会形成推進・廃棄物研究センター NIESポスドクフェロー
2003年〜2006年 北海道大学 大学院工学研究科 助手
2006年〜    国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター NIES特別研究員
URL
http://www-cycle.nies.go.jp/jp/member/room3/inaba_rokuta/profile.htm
所属学会
廃棄物資源循環学会,日本水環境学会,環境経済・政策学会
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • バイオマス利活用とメタン発酵の可能性
    発表者 : 稲葉陸太
    掲載誌 : 廃棄物研究財団だより, 71:15-20 (2007)
  • 廃棄物系バイオマスの利用に関するLCAの論点
    発表者 : Inaba R.(稲葉陸太), Hashimoto S.(橋本征二)
    掲載誌 : 日本LCA学会誌, 8(4):321-327 (2012)
  • LCAの背景. リサイクルシステムのLCA. プラスチックリサイクルシステムのLCA事例
    発表者 : 稲葉陸太
    掲載誌 : プラスチックリサイクル入門−システム・技術・評価− (2009)
  • 4.1 リサイクルのLCA. 4.2.1 リサイクルのLCAとシステム境界. 4.3 プラスチックリサイクルシステムのLCA事例
    発表者 : 稲葉陸太, 藤井実, 松藤敏彦, リサイクルシステム・技術研究部会
    掲載誌 : プラスチックリサイクル入門–システム・技術・評価- (2009)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
  • 発表者 : 稲葉陸太
    学会等名称 : 第27回環境工学連合講演会 (2014)
    予稿集名 : 第27回環境工学連合講演会講演論文集, 29-32
  • 地域のバイオマス利活用戦略
    発表者 : 稲葉陸太
    学会等名称 : 北海道大学 寄付分野 循環・エネルギー技術システム分野 第1回シンポジウム 循環から見たエネルギーシステム (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 1-18
委員会活動
  • 2016年度 : 平成28年度環境省地域循環圏高度化モデル事業協議会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2016年度 : 研修講師(地域循環圏形成推進のための研修) (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2016年度 : 流山市廃棄物対策審議会委員 (流山市環境部クリーンセンター)
  • 2015年度 : 茨城県廃棄物処理施設設置等専門委員会委員 (茨城県生活環境部廃棄物対策課)
  • 2015年度 : 平成27年度環境省地域循環圏高度化モデル事業協議会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 廃棄物資源循環学会学術研究委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2015年度 : 地域循環圏の高度化に向けた検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 第12回ISIE Socio-Economic Metabolism Section Conference,第5回ISIE Asia-Pacific Conference実行委員会委員 (名古屋大学大学院環境学研究科)
  • 2015年度 : 平成27年度地域循環圏高度化・2Rシステム構築モデル事業選考会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 平成26年度地域循環圏の高度化に向けた検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : エコタウン検討会及び関連ワーキンググループ委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : エコタウン関連事業審査委員会及びワーキンググループ委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 平成26年度地域循環圏形成モデル事業選考委員会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : つくば市一般廃棄物減量等推進審議会委員 (つくば市環境生活部)
  • 2014年度 : 流山市廃棄物対策審議会委員 (流山市環境部)
  • 2012年度 : 茨城県廃棄物処理施設設置等専門委員会委員 (茨城県生活環境部)
  • 2012年度 : 平成24年度地域循環圏形成推進に向けた検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2012年度 : 廃棄物資源循環学会学術研究委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2012年度 : 流山市廃棄物対策審議会委員 (流山市環境部)
  • 2011年度 : つくば市一般廃棄物減量等推進審議会委員 (つくば市環境保全部)
  • 2011年度 : 平成23年度「新メカニズム実現可能性調査」に係る新メカニズムタスクフォース構成員 ((公財)地球環境センター)
  • 2011年度 : 平成23年度地域循環圏形成推進に向けた検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2011年度 : 第22回廃棄物資源循環学会研究発表会実行委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2011年度 : 非常勤講師(環境マネジメント) (東洋大学国際地域学部)
  • 2010年度 : 廃棄物資源循環学会常設委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2010年度 : 平成22年度容器包装リユース・リサイクルに伴う環境負荷等調査検討委員会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2010年度 : 流山市廃棄物対策審議会委員 (流山市環境部リサイクル推進課)
  • 2009年度 : 平成21年度地域循環圏形成推進に向けた検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2009年度 : 平成21年度容器包装リユース・リサイクルに係る環境負荷等検討委員会 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2009年度 : 土浦市バイオマスタウン構想策定委員会委員 (土浦市市民生活部)
  • 2009年度 : つくば市一般廃棄物減量等推進審議会委員 (つくば市環境保全部)
  • 2008年度 : 平成20年度容器包装リユース・リサイクルに係る環境負荷等検討委員会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2008年度 : 循環的な利用による温室効果ガス排出量・天然資源消費量・埋立処分量の削減効果の評価手法に関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2008年度 : バイオマス等未活用エネルギー事業調査補助事業」実施に向けた検討委員会委員 (経済産業省 関東経済産業局)
  • 2007年度 : 容器包装リユース・リサイクルに係る環境負荷等調査検討WG委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2007年度 : つくば市一般廃棄物減量等推進審議会委員 (つくば市環境保全部)
  • 2006年度 : プラスティック製容器包装再商品化手法に関する環境負荷等検討委員会WG委員 ((財)日本容器包装リサイクル協会)
受賞
  • 2014年 : 地球環境優秀講演賞 (公益社団法人土木学会地球環境委員会)
  • 2012年 : The Gold Poster Award (The 10th International Conference on EcoBalance Executive Committee)
  • 2012年 : 第23回廃棄物資源循環学会 優秀ポスター賞 (廃棄物資源循環学会)
  • 2011年 : Sir Richard Stone Prize (International Input-Output Association (国際産業連関分析学会))
  • 2007年 : 廃棄物学会論文賞 (廃棄物学会)
学会活動
  • 2011年度 : 日本LCA学会 : 平成23年度日本LCA学会年会実行委員会委員
  • 2011年度 : 日本LCA学会 : 第10回エコバランス国際会議実行委員会委員
  • 2010年度 : 日本LCA学会 : 日本LCA学会第6回年会実行委員会委員
  • 2010年度 : (一社)廃棄物資源循環学会 : リサイクルシステム・技術研究部会会員
  • 2010年度 : 日本LCA学会 : 第9回エコバランス国際会議実行委員会委員
  • 2009年度 : 日本LCA学会 : 日本LCA学会第5回年会実行委員会委員
  • 2008年度 : 日本LCA学会 : 日本LCA学会第4回年会実行委員会委員
  • 2007年度 : 日本LCA学会 : 日本LCA学会第3回年会実行委員会委員
  • 2007年度 : アジア太平洋埋立国際会議(APLAS)札幌2008準備委員会 : アジア太平洋埋立国際会議(APLAS)札幌2008委員会委員

この研究者の関連情報・記事