ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2018年10月5日

受賞のお知らせ ~
中田聡史特別研究員がBest Paper Awardを受賞

概要

受賞者氏名: 中田 聡史(地域環境研究センター)
賞の名称:  Best Paper Award
授賞機関:  一般社団法人日本シミュレーション学会
受賞年月日: 2018年09月19日
受賞対象:  Satoshi Nakada, Mitsuru Hayashi, Shunichi Koshimura, Yuuki Taniguchi, Ei-ichi Kobayashi Salinization by Tsunami in a semi-enclosed bay: Tsunami-Ocean 3D simulation based on the great earthquake scenario along the Nankai Trough J. Adv. Simulat. Sci. Eng., 3(2), 206-214 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jasse/3/2/3_206/_article

ひとこと

巨大津波による被災は陸域と海域の両方において大きいのですが、とりわけ海の被災、例えば水環境や漁場環境の損失だけでなく海事・養殖産業の被害といった、津波マリンハザードについては定量評価が困難です。そのため、津波マリンハザードの全体の被害総額推定も難しいという現状があります。その突破口のひとつとして、このたびの受賞論文では、南海トラフ地震を想定した巨大津波による沿岸海洋環境の海洋高塩化について、大阪湾を実験海域として高解像度の津波海洋シミュレーションを用いて定量評価をしました。その結果、高塩分に弱いヤマトシジミの漁場となっている淀川河口域が、巨大津波により約5日間程度は高塩化することを示唆しました。他にも様々なマリンハザード被害を想定した研究成果もあがっており、マスコミにとりあげられて、“津波による海洋への被害”について認識されるようになってきました。ここまで到達できたのも、共同研究者のみならず多くの関係研究機関の方々のご助力の賜物です。このたび大変栄誉な賞をいただきまして、そのことを実感すると共に、関係者みなさまに感謝いたします。

【参考文献】

Nakada, S., Hayashi, M., Koshimura, S., Kobayashi, E., (2018):
Port-resolving, tsunami, and tidal simulations to locate “tsunami vortexes” for safe vessel evacuation planning, International Journal of Modeling, Simulation, and Scientific Computing, 9(3), 1840007. DOI: doi.org/10.1142/S179396231840007X
https://www.worldscientific.com/doi/abs/10.1142/S179396231840007X

Nakada, S., Hayashi, M., Koshimura, S., (2018):
Transportation of Sediment and Heavy Metals Resuspended by a Giant Tsunami Based on Coupled Three-Dimensional Tsunami, Ocean, and Particle-Tracking Simulations, Journal of Water and Environment Technology, 16(4),161-174. DOI: 10.2965/jwet.17-028
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwet/16/4/16_17-028/_article

Nakada, S., Suzuki, S., Hayashi, M., Koshimura, S., Kobayashi, E., (2016):
Simulation of heavy metal transport induced by a giant tsunami based on Nankai-Trough Earthquake: Application to Osaka Bay. Proc. of the 26th Int. Ocean and Polar Eng. Conference, ISOPE-I-16-385. (査読有)
https://www.onepetro.org/conference-paper/ISOPE-I-16-385

Nakada, S., Hayashi, M., Koshimura, S., Taniguchi, Y., Kobayashi, E. (2016):
Salinization by Tsunami in a semi-enclosed bay: Tsunami-Ocean 3D simulation based on the great earthquake scenario along the Nankai Trough, J. Adv. Simulat. Sci. Eng., 3(2), 206-214, JSST学会賞(研究賞&Best Paper Award)受賞
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jasse/3/2/3_206/_article

Nakada, S., Hayashi, M., Koshimura, S., Yoneda, S., Kobayashi, E. (2016):
Tsunami simulation generated by the greatest scenario earthquake along the Nankai Trough under consideration of tidal currents in a large bay, International Journal of Offshore and Polar Engineering, 26(4), 392-400.
https://www.onepetro.org/journal-paper/ISOPE-16-26-4-392