ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2019年6月28日

海外でのサンプリング

コラム3

ラオスでの調査の写真
ラオスでの調査の様子
トンレサップでの調査の写真
トンレサップでの調査の様子

 海外でのサンプリングは、はじめは不安でしたが、とてもフレンドリーで協力的な研究者と一緒に楽しく調査ができました。私が調査したのは、タイ王国、カンボジア王国、ラオス人民民主共和国の東南アジアの3つの国のダム湖と湖沼です。暑い国々なので、採取したサンプルの保存はとても大変でした。大学に行けば冷蔵庫も冷凍庫もあるのですが、湖の近くでは氷を買うのがやっと、クーラーボックスに入れておいてもすぐに氷が溶けてしまいます。冷蔵の宅配便もないので、試料を運ぶのも一苦労でした。日本ではシアノバクテリアは夏にだけ高濃度になります。一方、熱帯、亜熱帯域ではアオコの原因となるシアノバクテリアは比較的低濃度で、Microcystis aeruginosaによるアオコ現象も見られませんでした。季節変化で言えば、トンレサップでは乾期にアオコ原因シアノバクテリア濃度は高く、雨期にはメコン河から水が逆流してくるので、その濃度は減少します。また、タイの浅いダム湖のフェイロン湖でも雨期と乾期では水深が大きく変わり、やはり乾期にアオコ原因シアノバクテリアの16S リボソームRNA遺伝子の濃度が高くなっています。

メコン河流域ダム湖の図
シアノバクテリアの季節変化のグラフ
図3 メコン河流域ダム湖及びトンレサップのアオコ原因シアノバクテリアの季節変化
調査対象とした、メコン河流域のダム湖とトンレサップの位置とM. aeruginosaの季節変化。
 全リン濃度で分類した場合、フェイロン、トレンサップは富栄養湖(全リン濃度平均0.035~0.1mg/L)に、ランパオ、ウボンラタナは中栄養湖(全リン濃度平均0.001~0.035mg/L) に、ナムグム、シリントーンは貧栄養湖(全リン濃度平均0.001mg/L以下)に分類される。