ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2015年9月30日

「平成26年度 災害環境研究成果報告書」の発刊について

(筑波研究学園都市記者会、
 環境省記者クラブ、
 福島県政記者クラブ同時配付)

平成27年9月30日(水)
国立研究開発法人国立環境研究所
 企画部長(福島支部準備室長)
      :榑林 茂夫
 福島支部準備室
      :丸尾 武史

 国立環境研究所は、東日本大震災の直後から、大震災による環境汚染と環境の回復に関する研究を「災害環境研究」と位置づけ研究活動を続けています。
 このたび、平成26年度の研究成果をとりまとめた「平成26年度 災害環境研究成果報告書」を発刊しましたのでお知らせします。
 ホームページ上で公開しています。
 http://www.nies.go.jp/shinsai/saigai_report.html

1.概要

 東日本大震災によって生じた環境被害、環境中に放出された放射性物質による環境汚染、その汚染が生物や人の健康に与える影響、汚染の除去のための技術や汚染廃棄物の処理技術、復興による環境創造など、災害に関する環境研究の分野は幅広くかつ緊急性も高い課題です。
 国立環境研究所は、東日本大震災の直後から、上記の研究を「災害環境研究」と位置づけ研究活動を続けています。
 その研究成果については、行政担当者や研究者向けに作成した「災害環境研究サマリー2014」等としてとりまとめ、公表してきました。
 今回は、平成26年度の研究成果を詳しくとりまとめた成果報告書を発刊することと致しました。
 研究者や行政担当者をはじめとして、様々な方々にご覧いただければ幸いです。

(参考)これまでに作成した刊行物

  • 災害環境研究の俯瞰 -震災からの復興と環境創造のために-(2012年4月)
  • 東日本大震災後の災害環境研究の成果(2013年3月)
  • 災害環境研究サマリー2014 被災地の環境回復と創生のために(2014年12月)
  • 被災地の環境回復と創生のための災害環境研究Q&A 2015(2015年4月)

2.お問い合わせ先

国立研究開発法人国立環境研究所 福島支部準備室
電話:029-850-2276

関連新着情報

関連記事

関連研究者