ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2016年3月31日

国立環境研究所福島支部の設置について

(筑波研究学園都市記者会、
環境省記者クラブ、福島県政記者クラブ 同時配付)

平成28年3月31日(木)
国立研究開発法人国立環境研究所
  企画部長(福島支部準備室長)
      :榑林 茂夫
  企画部次長(福島支部準備室 企画管理総括)
      :滝村  朗
  総務部施設課長(福島支部準備室管理運営Gリーダー)
      :渡邊  充
  企画部企画室係長(福島支部準備室研究企画調整G))
      :丸尾 武史

   国立環境研究所では、平成28年4月1日、災害環境研究の現地研究拠点として、福島県三春町の福島県環境創造センター内に福島支部を設置します。今後、同センター研究棟への研究設備・機材の搬入などの準備を進め、6月より本格的な業務を開始する予定です。
 

 国立環境研究所では、東日本大震災以降、被災地の復興支援と環境創造に向けて、災害と環境に関する研究を鋭意推進してきました。
 一方、福島県は、放射性物質によって汚染された環境の回復・創造に取り組むための拠点施設として、福島県環境創造センターを設置し、同センターには国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)とともに、本研究所が招致されることとなりました。
 平成25年10月からは、つくば本講に福島支部準備室を設置し、支部の開設準備に当たってきたところですが、今般、福島県環境創造センターの整備工事が終了したことから、平成28年4月1日、同センター研究棟内に国立環境研究所福島支部を設置します。
 今後、4月当初には管理課職員等が赴任し、研究設備・機材の搬入などの諸準備を進め、6月より本格的な業務を開始する予定です。
 福島支部では、平成28年度からスタートする第4期中長期計画に基づき、福島県、JAEAをはじめとする関係機関と連携しつつ、災害環境研究プログラムを中心に研究展開を図る予定です。

(参考)国立環境研究所福島支部
   住所:福島県田村郡三春町深作10-2

問い合わせ先

国立研究開発法人国立環境研究所 企画部広報室
 E-mail: kouhou0 (末尾に@nies.go.jpをつけてください)

関連新着情報

関連記事

関連研究者