ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

報道発表

報道発表

国立環境研究所の報道発表について掲載しています。

最新の報道発表

  • 2016年9月23日new!
       2013年8、9月に中国北東部-朝鮮半島域と日本の上空のGOSATメタンデータを解析した結果、2009〜2013年の夏季の平均よりも約20 ppb高い高濃度メタンを検出しました。    GOSATと同様の原理で地上から上空までのメタン量(カラム平均濃度注1)を測定している全量炭素カラム観測ネットワーク (TCCON) 注2のデータを解析したところ、同様の高濃度メタンが観測されており、GOSATの観測データが正しいことが分かりました。    さらにGOSATによる高濃度メタンが観測された原因を調べるために大気輸送モデルを用いた解析の結果、2013年夏季はアジア上空の気圧配置が例年と異なり、中国東部のメタン発生源地域から日本へあまり希釈されずに高濃度メタンが輸送されたことが分かりました。これらからGOSATはTCCONデータと同程度の確度で総観規模(数千km規模)のメタン濃度の増加を観測する能力を有することを実証できました。    なお、これら研究結果は、日本時間7月26日付けで欧州地球科学連合大気化学・物理学雑誌「Atmospheric Chemistry and Physics」に掲載されました。
  • 2016年9月1日
       今般、平成21年6月から平成26年12月までの5年半に大都市等とその周辺で取得された「いぶき」データの解析を進め、東京都市域を含む世界の大都市等における人為起源二酸化炭素(CO2)濃度の推計を行いました。
       さらに、日本における人為起源CO2濃度について、「いぶき」データからの推計結果と統計データ等から算出した排出量データ(インベントリ)からの推定結果を比較したところ、両者が概ね一致することを初めて確認できました。国レベルで概ね一致することが確認できたことにより、今後世界各国が「パリ協定」に基づき作成・公表するCO2排出量の監視・検証を衛星観測により実現できる可能性が示されました。
  • 2016年8月29日
    環境省は関係府省庁と連携し、平成27年11月27日に閣議決定された「気候変動の影響への適応計画」に基づき、気候リスク情報の提供を通じ、地方公共団体や事業者等の取り組みを促進する基盤として「気候変動適応情報プラットフォーム」を国立環境研究所に設立しました。
    これにともない、気候変動の影響への適応に関する情報を一元的に発信するポータルサイトを開設しました。
  • 2016年8月5日
    国立環境研究所、酪農学園大学、京都大学は、絶滅危惧鳥類であるヤンバルクイナ、タンチョウ、コウノトリの3種について全ゲノムの塩基配列解読をおこない、ドラフトゲノム情報を日本時間2016年7月1日付けで、日本DNAデータバンク(DDBJ)に掲載して公表しました。
  • 2016年8月2日
    環境省と国立環境研究所は、モンゴル国自然環境グリーン開発観光省とともに、アジア地域諸国の温室効果ガスインベントリ(排出・吸収目録)の精度向上と、地域の協力関係の促進を目的とし、7月26日(火)~28日(木)に、「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第14回会合(14th Workshop on Greenhouse Gas Inventories in Asia(WGIA14))」を、モンゴル・ウランバートルにおいて開催しました。