ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2014年12月10日

【10万組の親子から見えはじめた子どもの健康環境】
環境省エコチル調査シンポジウムの開催について(お知らせ)【終了しました】

2015年1月25日(日)
日本科学未来館 未来館ホール(東京、お台場)

【参加者募集!】 = 1月13日(火)応募締切 =

次世代の子どもたちが健やかに成長していくことのできる環境づくりをめざして、2010年度から始まったのが、環境省の「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」。現在、全国で約10万組の親子が参加しています。

第4回目となる今回のシンポジウムでは、エコチル調査の結果から見えはじめた、アレルギーなどの子どもたちの健康状態や、子どもたちの成長発達に影響を与える可能性のある親の生活習慣について、専門家がわかりやすくお話しします。

出演は、川本俊弘先生(エコチル調査コアセンター長/産業医科大学医学部長)、大矢幸弘先生(国立成育医療研究センター アレルギー科医長)、山縣然太朗先生(エコチル調査甲信ユニットセンター長/山梨大学大学院医学工学総合研究部教授)。

さらに、今回の特別講演では、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が登場! エコチル調査の結果をもとに子育てについてお話をいただきます。

  • 主催:環境省
  • 日時:1月25日(日) 14:00~16:10
  • 場所:日本科学未来館7F未来館ホール(東京、お台場)
  • 定員: 250名 ※応募者多数の場合は抽選。託児あり。
  • 応募締め切り: 1月13日(火) 17時(必着)
  • 申し込み方法:申し込みは終了しました。
  • お問い合わせ:一般社団法人環境情報科学センター内
    第4回エコチル調査シンポジウム事務局 TEL:03-3265-8812

【プログラム】(タイトルは予定)

  • エコチル調査のいま
    ~なんで10万組の親子なの?~
    川本俊弘氏 エコチル調査コアセンター長
  • 10万組の親子から考える アレルギーについて
    ~ちがうかもしれない!? これまでの常識~
    大矢 幸弘氏 エコチル調査メディカルサポートセンター特任部長
  • 10万組の親子から考える 子どもをとりまく環境について
    ~子どもといっしょにケータイ何時間?~
    山縣 然太朗氏 エコチル調査甲信ユニットセンター長
  • 特別講演 10万組の親子から考える 子育てについて
    尾木直樹氏 法政大学教職課程センター長・教授 教育評論家

  ファシリテーター: 本田ともみ氏 日本科学未来館 科学コミュニケーター

関連新着情報

関連記事

関連研究報告書

関連研究者