ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

 受賞者氏名:持立 克身
表彰年月日:平成18年3月15日
賞の名称:高木賞(インテリジェント材料・システムシンポジウム最優秀論文発表賞)
受賞対象:第15回インテリジェント材料・システムシンポジウムにおける発表
       「定質バイオセンサの創製を目指した細胞接着性センサマトリックスの
        構築」
受賞者からひとこと:
     受賞した発表は,九州工業大学・春山哲也教授と淺川雅氏との共同研究
    です。環境省受託「バイオナノ協調体による有害化学物質の生体影響の高
    感度・迅速評価技術の開発」における成果の一つです。NO分子を微弱電流
    に変換する化学センサマトリックスは,九工大が開発しました。これに国環
    研が開発した擬似マトリックスをコートすることで,ヒト血管内皮細胞に対す
    る細胞接着能が賦与され,センサマトリックス上で長期間安定した細胞培養
    が可能になりました。血管内皮細胞が放出するNO分子を,直下のセンサマ
    トリックスを介して電気的にモニタ-できる人工組織の構築が評価されまし
    た。創薬や毒性研究に有効なツールと考えられます。



 受賞者氏名:山形 与志樹
表彰年月日:平成18年6月22日
賞の名称:論文賞(日本シミュレーション学会)
受賞対象:日本シミュレーション学会が賞に価するものと認める論文を書いた者
受賞者からひとこと:
     日本シミュレーション学会誌に昨年度に発表いたしました「地球温暖化対
    策の国際合意形成に関する動的ゲームシミュレーション」に対し論文賞を
    いただきました。この論文は,人間活動に伴うCO2排出量がある閾値を越え
    ると,グローバルな炭素循環システムが変動するリスクを考慮した国際合
    意形成について動的なゲーム理論を用いて分析した研究です。地球温暖化
    対策に関する国際合意については,すでにゲーム理論を用いた数多くの分
    析がなされていますが,この論文は初めて,炭素循環の確率的変動リスク
    を考慮した場合について,微分ゲームという動的最適化とゲーム理論を組
    み合わせた新たな手法を用いてシミュレーション分析を実施したものです。
    分析の結果,先進国と途上国等,リスク回避度が異なる国家間により形成
    されるレジームでは,排出総量が大きくなり,リスク回避的な国家が,そうで
    ない国家の分まで肩代わりして排出削減を行うことが示されました。