ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

受賞者氏名 : 山本隆広、花崎直太、高橋潔、肱岡靖明、申龍熙
受賞年月日 : 2012年9月14日
賞の名称 : 地球環境論文賞 (土木学会地球環境委員会)
受賞対象 : 地球温暖化による世界の水資源影響評価とその適応策に関する一考察 (Journals of the Japan Society of Civil Engineers G (Environment), 67(5), 1-8, 2011)
受賞者からひとこと :
このたび、土木学会論文集G(環境)に投稿した「地球温暖化による世界の水資源影響評価とその適応策に関する一考察」という論文に対し、土木学会地球環境委員会より地球環境論文賞を頂きました。この研究は2010年度に国立環境研究所の特別研究員だった山本隆広(現長岡工業高等専門学校助教)が中心になって行いました。雨季には水が得られるものの、乾季には水が不足する地域が世界には多くあり、水資源に関する深刻な問題の原因になっています。この問題が、地球温暖化によってどのような影響を受けるか、また、それに対してどのような適応策を取り得るのかについて報告しました。まず、全球水資源モデルH08を利用し、将来の世界の河川流量と水利用を日単位でコンピュータシミュレーションし、水がいつ、どこで、どれくらい不足するのか推計しました。ここで、季節的な水不足を解消するための基本的な方法として、雨季の水を乾季まで貯めることが挙げられます。いくつかの想定の下で、地球温暖化によって悪化した水不足を現在気候と同程度に軽減するために必要な追加的な貯水能力を試算したところ、世界全体で29~41 km3程度が必要だと示されました。温暖化の適応策は多数あり、今後もさまざまなオプションについて検討を続けていきたいと思います。


受賞者氏名 : 大垣眞一郎
受賞年月日 : 2012年9月16日
賞の名称 : IWA Outstanding Service Award 2012
受賞対象 : 活動業績
受賞者からひとこと :
IWA Outstanding Service Awardは、International Water Association(IWA, 国際水学会)の活動への貢献に対して与えられるものです。IWAは水に関するすべての分野の専門家の学会で、130ヶ国以上にわたる研究者や産業人の個人会員約5000名ならびに法人会員約500社から構成されています。私のIWA副会長としての活動、アジア太平洋IWA会議の主催、水中病原微生物専門家研究グループへの貢献などを評価していただいたものと理解しております。


受賞者氏名 : 稲葉陸太、高田光康、多島良、滝上英孝、寺園淳、山本貴士、佐野和美、大迫政浩
受賞年月日 : 2012年10月23日
賞の名称 : 第23回廃棄物資源循環学会優秀ポスター賞 (廃棄物資源循環学会)
受賞対象 : つくば市で発生した竜巻による災害廃棄物とその処理 (第23回廃棄物資源循環学会研究発表会, 第23回廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集, 197-198, 2012)
受賞者からひとこと :
私たちは、2012年10月22日から24日まで仙台国際センター(宮城県・仙台市)で開催された第23回廃棄物資源循環学会研究発表会にて「つくば市で発生した竜巻による災害廃棄物とその処理」と題したポスター発表を行い、優秀ポスター賞を受賞しました。2012年5月6日に強い竜巻がつくば市北部で発生し、日本の竜巻としては大規模の被害をもたらしました。私たちは、発生直後から被災現場や災害廃棄物の仮置場を調査し、つくば市の廃棄物関連部署のご担当に対しては東日本大震災の経験をふまえた情報を提供しつつ、双方向的な議論も継続的に行ってきました。これらの調査と議論から得られた情報を整理し、被災地・仮置場・竜巻経路の位置関係、災害廃棄物の量と内訳、現状の災害廃棄物の処理方法について、できるだけ明快に伝わるようポスターを作成しました。そういった地道な調査や工夫が評価されたとすれば大変嬉しく思います。今回の受賞を励みに、現場を重視した資源循環・廃棄物管理の研究と、明快な成果発信の工夫を続けて行きたいと思います。

関連記事