ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ライフサイクル的視点を考慮した資源循環促進策の評価に関する研究(平成 15年度)
Life cycle assessment of technological and policy measures for promoting better material cycles

予算区分
AB 政策対応型
研究課題コード
0105AB398
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
資源循環,ライフサイクル・アセスメント
キーワード(英語)
MATERIAL CYCLES,LIFE CYCLE ASSESSMENT

研究概要

ライフサイクルアセスメント(LCA)の考え方を適用して、循環資源の利用促進による環境負荷の低減効果を定量的・総合的に評価する手法を開発する。また、この手法を用いて、企業、消費者、政府等の各主体の行動促進策に係る5種類程度のシナリオについて、廃棄物処分量など主要な10項目程度の環境負荷の低減効果を評価する。

全体計画

資源循環促進による環境負荷低減効果の評価にLCAを適用する際の問題点の検討、インベントリデータの収集に着手する(13年度)。消費財のリサイクル促進による環境負荷低減効果評価の事例研究、経済的手段導入による資源循環促進効果のモデル分析手法、コミュニケーション手法の検討を行う(14~15年度)。資源循環に関する影響評価手法を促進策の効果の評価に適用する(16年度)。廃棄物・リサイクル関連のLCA手法の標準的手法をまとめ、この手法を用いて資源循環促進による環境負荷低減効果を裏付ける(17年度)。

今年度の研究概要

LCA手法を用いて、資源循環の促進による環境負荷の低減効果を評価するため、プラスチックなど代表的な物質のリサイクル技術に関するインベントリーデータを引き続き収集するとともに、リサイクルにおける「配分問題」の扱いや、廃棄物処理・処分に伴う環境影響のLCAにおける評価手法の基本的枠組みを構築する。また、資源循環の促進策に係る経済的手段の導入効果の分析や資源循環の促進のため多様な政策手段について、基礎的検討を進める。

課題代表者

森口 祐一

担当者