ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2019年6月20日

ロゴマークの画像
国立環境研究所「夏の大公開」開催のお知らせ

令和元年6月20日(木)

   国立研究開発法人国立環境研究所(以下、「国環研」という)は、7月20日(土)に毎年恒例の研究所の一般公開 「夏の大公開」を開催します。
   1976年より43年間、国環研は、毎年春と夏に一般公開を開催してきました。近年では、春に700人以上(2018年まで。2019年はネット配信と限定公開)、夏に5,000人以上の皆様にご来場いただいております。
   「夏の大公開」では、地球温暖化について解説するパネルディスカッションや、身近な生き物に触れたり観察したりできる展示・体験イベント、普段は見ることのできない研究施設や実験設備の公開など、話題の環境問題・研究について、楽しみながら知ることのできるイベントを多数実施します。
   入場無料、事前申込不要、どなたでも参加できますので、ぜひお気軽にお越し下さい。

チラシのデザイン画像

1.国立環境研究所「夏の大公開」の概要

日時: 令和元年7月20日(土) 9:30~16:00 (受付終了15:00)
場所: 国立環境研究所 (茨城県つくば市小野川16-2)
入場: 無料、事前申込み不要(15名以上の団体でお越しの際は、事前にご連絡ください)

(1) 特徴

・子どもから大人まで、楽しみながら環境問題や環境研究について学べる
・60を超える展示・講演会・体験イベント等を実施
・環境への負担の少ない交通手段による来所を促進するため、以下の取り組みを実施

①つくばエクスプレス(TX)つくば駅・JRひたち野うしく駅から無料バスを運行
②自転車、徒歩、無料バス等の環境にやさしい交通手段で来場していただいた方にオリジナル手ぬぐいをプレゼント

オリジナル手ぬぐいの画像

(2) 主なプログラム

●体験型イベント
・Dr.***ンジャーと考える防災と地球温暖化
・サメやタコのタッチプール
・親子で探そう、水辺の生きもの
・安全機能が付いた未来の乗り物(G5)を体験しよう
・今日から君もヒアリ探偵!-簡単ヒアリDNA検出キット体験-
・絵巻物を作ろう!気候変動「適応」絵巻工房

●クイズ
・メタンを知ろう、測ろう!

●研究者と話そう
・温暖化が進むと何が困るかみんなで考える会
・環境サイエンスカフェ「プラスチック 何が問題?」

●施設公開
・最先端実験施設潜入ツアー
・高磁場MRIで脳を測る

●展示
・生物多様性が大変!?
・いまなぜ気候変動「適応」なの?
・福島×プロジェクションマッピング

●その他
・トレジャーハンター ~埋立地の謎を追え!~

など多数

(3) 交通

2019夏の大公開無料バスのルート図

駐車場のスペースには限りがあります。満車の場合には駐車をお断りする場合もあり、無料バスや自転車など、環境への負担の少ない交通手段による来所を推奨しています。

【無料バス】
「国環研つくばシャトル」
・つくばエクスプレス(TX)つくば駅より5~10分間隔で発車
・TXつくば駅と国環研との間を往復
「国環研ひたち野うしくシャトル」
・JRひたち野うしく駅東口より約20分間隔で発車
・JRひたち野うしく駅と国環研との間を往復

(4) その他

オリジナルエコバッグの画像
オリジナルクリアファイルの画像

・来所者全員にオリジナルエコバッグをプレゼント
・国環研は「つくばちびっ子博士」の指定見学施設となっており、当日は所定の場所でスタンプの押印が可能
・国環研独自のスタンプラリーも行っており、スタンプを4つ以上集めた方にはオリジナルクリアファイルをプレゼント

2.問い合わせ先

夏の大公開特設ウェブサイトへのQRコードの画像

国立研究開発法人国立環境研究所 企画部広報室
・一般のお問い合わせ 029-850-2453
・報道関係のお問い合わせ 029-850-2309
詳細内容や最新情報は、夏の大公開特設ウェブサイトで紹介します。
※ ウェブサイトは7月1日(月)公開です。
http://www.nies.go.jp/event/kokai/2019/index.html

国立研究開発法人国立環境研究所
企画部長:吉口 進朗
広報室長:福澤 謙二
広報係長:丸尾 武史
担当:久保園 遥
(筑波研究学園都市記者会、環境記者会、環境省記者クラブ同時配付)

関連新着情報

関連研究報告書

表示する記事はありません

関連研究者

表示する記事はありません