ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

熱帯地域における生態・社会ネットワーク解析による生態系サービスの持続性の評価(令和 2年度)
Ecosystem services sustainability in developing tropical areas through social-ecological network analysis

予算区分
CD 文科-科研費 121176
研究課題コード
1922CD002
開始/終了年度
2019~2022年
キーワード(日本語)
生態系サービス,熱帯林,ネットワーク解析,生物多様性
キーワード(英語)
ecosystem service,tropical forest,network analysis,biodiversity

研究概要

生態系サービスの持続的利用のためには、基盤となる生態系機能の供給と社会の需要のバランスの調和、生態系・社会システムにおける供給と需要の安定性の理解が不可欠である。本研究では、生態学のネットワーク解析を生態・社会システムに応用することにより、局所から地域スケールにおける生態系サービスの持続性の評価を行うことを目的とする。具体的には、申請者の研究蓄積のあるマレーシア・サラワク州を対象として、GIS解析による過去50年間の土地利用の変化とそのドライバーの解析、地域の生物多様性、生態系サービスについてマッピングを行う。さらに地域の生態系サービスに関連する生態・社会システムをネットワーク構造化し、生態系サービスの供給・利用のバランスと、持続性の鍵となる生物種や利用者を明らかにする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

本研究では、以下の4点について明らかにする。
1)GIS解析による過去50年間の土地利用の変化とそのドライバー
2)地域の生物多様性・生態系サービスのマッピングと土地利用変化ドライバーの影響の解明
3)各土地利用における生態・社会システムのネットワーク解析による持続性評価
4)地域スケールにおける持続性の評価と鍵となる土地利用、ステークホルダーの特定
1~2年目は野外調査を中心に行い、3年目は生態系サービスマップと局所スケールでのネットワーク解析の完成、4年目には研究参画者全員で結果のまとめ、地域の持続性評価を完成させる。

今年度の研究概要

クムナ川・タタウ川流域を中心としたフィールド調査を進める一方、種分布推定、GIS解析に必要なデータの収集を行う。
1)GIS解析による過去50年間の土地利用の変化とそのドライバー
基盤となる土地利用図をもとに、保護区・保存林・焼畑休閑林・伐採区(従来型・持続型林業地)・プランテーションの50年間の変化量を抽出する。気候データも入手する。
2)地域の生物多様性・生態系サービスのマッピングと土地利用変化ドライバーの影響の解明
2-1. 種分布推定による生物多様性のマッピング
フタバガキ科を中心として種分布推定モデルの条件の検討をおこなう。
2-2. 生態系サービス評価。
• 供給サービス(木材):商業伐採で対象とする樹木種の利用頻度も明らかに、経済効果を含めたサービス利用量を算出する。
• 供給サービス(水):利用者は集水域の住民とし、供給ポテンシャルとして生態系サービスモデルにより流出量のマッピングを行う。人口分布より需要の推定を行う。

外部との連携

大阪市立大学・文学部・教授 祖田亮次
公益財団法人地球環境戦略研究機関 自然資源・生態系サービス領域 リサーチマネージャー鮫島弘光
東京大学 サステイナビリティ学連携研究機構 准教授 Gasparatos Alex

課題代表者

竹内 やよい

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性評価・予測研究室
  • 主任研究員
  • 理学博士
  • 生物学,林学
portrait

担当者