ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

令和元年度農薬生態リスクの新たな評価法確立事業(調査研究)業務(平成 31年度)
FY2019 Research on the development of novel methods for the assessment of ecological risk of pesticides in aquatic environment

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
1919BY020
開始/終了年度
2019~2019年
キーワード(日本語)
農薬,生態リスク,代謝物
キーワード(英語)
pesticides,ecoligical risk,metabolites

研究概要

水域の生活環境動植物の新たな評価法についてのガイダンス文書(案)を作成するとともに、農薬の分解物の評価法の検討、生物試験によらない毒性評価、欧米における農薬生態リスク評価、OECDで検討されている新たな試験法等に係る知見を収集すること等により、農薬水域生態リスクの新たな評価法の我が国への導入に係る技術的な検討を行う

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

水域の生活環境動植物の新たな評価法について、欧州および米国のガイダンス文書(案)を作成する。また、農薬の分解物の評価法の検討として、10物質程度を対象に親化合物と分解物の両方で藻類、ミジンコ、魚類試験を実施し、結果を解析するとともに、評価および毒性試験方法を提案する。さらに、QSAR、リードアクロス等の生物試験によらない毒性評価、欧米における農薬生態リスク評価の調査と整理、OECDで検討されている新たな試験法の提案に向けた検討等に係る知見を収集する。

今年度の研究概要

水域の生活環境動植物の新たな評価法について、欧州および米国のガイダンス文書(案)を作成する。また、農薬の分解物の評価法の検討として、10物質程度を対象に親化合物と分解物の両方で藻類、ミジンコ、魚類試験を実施し、結果を解析するとともに、評価および毒性試験方法を提案する。さらに、QSAR、リードアクロス等の生物試験によらない毒性評価、欧米における農薬生態リスク評価の調査と整理、OECDで検討されている新たな試験法の提案に向けた検討等に係る知見を収集する。

課題代表者

山本 裕史

  • 環境リスク・健康領域
  • 副領域長
  • Ph.D.
  • 化学,生物学,土木工学
portrait

担当者

  • 山岸 隆博環境リスク・健康領域
  • 渡部 春奈環境リスク・健康領域
  • 松崎 加奈恵
  • 小塩 正朗
  • 阿部 良子
  • 高橋 裕子
  • 新宅 洋子
  • 八木 文乃
  • 大野 浩一環境リスク・健康領域