ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

2019年シャシーダイナモによる排出ガス実態調査(平成 31年度)
Emission Study of Latest Engine Vehicles by Chassis Dynamometer (2019)

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1919AQ001
開始/終了年度
2019~2019年
キーワード(日本語)
粒子状物質,窒素酸化物,排出実態
キーワード(英語)
particulate matter, nitrogen oxide, emission condition

研究概要

我が国でも2017年10月より、乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)での乗用車向けの走行モード(WLTC)による審査値が車両カタログに掲載されるようになってきた。現在市場において利用されているガソリン車等を対象として、この走行モードでのシャシーダイナモ試験を実施し、得られた結果から調査車両の排出ガス基準への適合性や、PM 粒子数の排出実態(粒子個数、成分)の把握を行うことを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

平成17年、または平成30年排出ガス規制に適合する車両総重量が 3.5t 以下のガソリン車等4台に対して、WLTCの3フェーズ:Low+Middle+High、及び4フェーズ:Low+Middle+High+Ex Highについて、ホット状態とコールド状態からの試験スタートとして、各1回のシャシーダイナモ試験を実施する。
計測項目は、速度、燃費(km/L)、窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)、一酸化炭素(CO)、非メタン炭化水素(NMHC)、メタン(CH4)、二酸化炭素(CO2)、PM粒子数(PN)とする。計測装置の一部は、PM粒子数計測装置を用いる。また、PMについては、その中に含まれる有機炭素、元素状炭素、イオン成分、元素の各成分の分析をサンプル採取して実施する。

今年度の研究概要

平成17年、または平成30年排出ガス規制に適合する車両総重量が 3.5t 以下のガソリン車等4台に対して、WLTCの3フェーズ:Low+Middle+High、及び4フェーズ:Low+Middle+High+Ex Highについて、ホット状態とコールド状態からの試験スタートとして、各1回のシャシーダイナモ試験を実施する。
計測項目は、速度、燃費(km/L)、窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)、一酸化炭素(CO)、非メタン炭化水素(NMHC)、メタン(CH4)、二酸化炭素(CO2)、PM粒子数(PN)とする。計測装置の一部は、PM粒子数計測装置を用いる。また、PMについては、その中に含まれる有機炭素、元素状炭素、イオン成分、元素の各成分の分析をサンプル採取して実施する。

備考

平成30年度研究計画(1818AQ001)の継続課題である。

関連する研究課題

課題代表者

近藤 美則

  • 地域環境研究センター
    広域大気環境研究室
  • 主席研究員
  • 博士(工学)
  • システム工学
portrait

担当者