ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2015年4月30日

木漏れ日便り

 日本には、約50種類のスミレの仲間が分布しています。春、構内の林のなかで一番よく見られるのはタチツボスミレ(写真1)。ほのかな紫がきれいです。そのほか、ニオイタチツボスミレ(写真2)、アカネスミレ(写真3)、ツボスミレ(写真4)などが見られます。遠目には目立ちませんが、足元を見ながらゆっくり歩くと、スミレだけではなくさまざまな花に出会える4月の国環研構内です。

写真1タチツボスミレ、写真2ニオイタチツボスミレ、写真3アカネスミレ、写真4ツボスミレ。

(竹中明夫)

関連記事