ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

受賞者氏名 : 道川武紘
受賞年月日 : 2013年3月26日
賞の名称 : 第83回日本衛生学会学術総会若手優秀演題賞 【日本衛生学会学術総会】
受賞対象 : 微小粒子状物質の長期曝露評価 : 定点と個人曝露の比較 (第83回日本衛生学会学術総会予稿集, 68 ,(Supplement), S180, 2013)
受賞者からひとこと :
昨今、微小粒子状物質(PM2.5)の健康影響が話題になっていますが、日本において人を対象とした研究(疫学研究)、とくに長期的な影響に関する研究は、欧米諸国と比較して非常に少ないです。長期的なPM2.5曝露による健康影響を調べる疫学研究では、大気中のPM2.5濃度が対象地域内でほぼ均一であるという前提の下で、常時観測局(定点)における濃度を個人曝露代替指標として利用している事が多いですが、その前提が必ずしも正しいわけではありません。一方で、個人曝露を精度良く評価するために、何千、何万という人を対象とする疫学研究で、長期的に個人モニタリングを行うのは現実的ではありません。そこで、今回、PM2.5曝露の個人モニタリングを行い、定点濃度と比較することで、疫学研究において、定点測定を個人曝露として利用する事の妥当性を検討しました。このような基礎的な情報提供を行う研究に対して、高い評価を頂けたことを大変嬉しく思っております。今後は、このデータをもとに、長期的なPM2.5曝露の健康影響について検討していきたいと考えています。


受賞者氏名 : 中島謙一
受賞年月日 : 2013年3月27日
賞の名称 : 学術記念賞 (西山記念賞) 【一般社団法人日本鉄鋼協会】
受賞対象 : 鉄鋼および関連資源の持続可能な資源利用に関する産業エコロジー研究
受賞者からひとこと :
このたび、「鉄鋼および関連資源の持続可能な資源利用に関する産業エコロジー研究」に関する学術的貢献に対して、学術記念賞(西山記念賞)を頂きました。近年は、鉄鋼および関連資源を対象とした持続可能な資源利用およびサプライチェーンマネジメントを目的として、具体的には、1)マテリアルフロー分析(MFA)を用いた鉄鋼および関連資源の国内・国際サプライチェーンの把握・分析、2)鉄鋼製錬プロセスおよび非鉄金属製錬プロセスにおける元素の分配挙動解析および不純物の除去可能性・元素の回収可能性の検討を行ってきました。特に、ニッケル、クロム、モリブデンなどの鉄鋼合金元素の更なる有効利用に向けた解析・検討を進めており、鉄鋼業が希少資源の物質循環において重要な役割をもつことを定量的に示すと共にその改善策の検討を行ってきました。私の重要な研究フィールドである鉄鋼分野において、産業エコロジー研究の学術的貢献が認めて頂けたことは非常に名誉であると共に、更なる貢献を期待されての受賞であると理解しております。今後、更なる精進と共に、持続可能な資源利用に向けての研究・情報発信に努めていきたいと思います。

関連記事