ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2012年1月31日

Development of a roadside atmospheric diffusion model MCAD

国立環境研究所研究報告 R-207-2012

表紙
R-207-2012 [6.2MB]

 本報告書は、環境省が平成17~22年度に実施した「局地的大気汚染の健康影響に係る疫学研究」(そらプロジェクト)において、国立環境研究所が開発した大気汚染予測シミュレーションモデルMCADの内容、検証結果、適用例などについて取りまとめたものです。ここで紹介されているMCADモデルは、道路沿道における大気汚染物質の拡散状況を、複雑な道路構造・建物構造の影響を反映して、精緻かつ高速に計算できることが特徴です。道路沿道の複雑な拡散状況を予測するためのシミュレーションモデルとしては、CFDモデル(計算流体力学モデル)が良く使用されますが、高い計算コストが難点になっています。それに比べて、MCADモデルは低コストで高精度な計算ができることから、道路沿道の大気汚染実態把握調査、環境アセスメント、多くの道路沿道を対象とした疫学調査等での活用が期待されます。なお、本報告書には、MCADモデルのソースコードとユーザーガイドに関する情報も紹介されています。

関連研究者