ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2015年9月30日

放射性物質によって汚染された廃棄物の問題

コラム3

 原発事故で放出された放射性物質は、東日本の広範な地域に沈着しました。これらの地域では、放射性セシウムを含む一般廃棄物が焼却施設で処理され、放射能濃度の高い焼却灰が発生しました。また、下水道や上水道では、放射性セシウムが付着した土壌が下水処理や浄水過程に流入し、汚泥の放射能濃度が上昇しました。農村部では、放射性セシウムを含む稲わらや堆肥が発生し、さらに、除染による、多量の除去土壌や除染廃棄物も発生しています。

 このように、東日本の各地では、多種多様かつ多量の汚染廃棄物が発生しており、今後も発生し続けることが予想されます。廃棄物の処理は、発生~分別・保管~収集運搬~中間処理(焼却・破砕・洗浄等による減容化・濃集・分離)~再生利用~最終処分と様々なプロセスが必要ですが、各プロセスでは、前例のない様々な課題に直面しています。これらの廃棄物の処理が滞ると、除染活動や復興、通常の生活や産業活動に大きな支障をきたします。

図3
図3:放射性物質に汚染された様々な廃棄物と処理処分過程での放射性セシウム(Cs)の移行(模式図)

関連新着情報

関連記事

関連研究報告書