ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境化学計測の標準化に関する研究(令和 3年度)
Study on the Standardization of Environmental Chemical Analysis

研究課題コード
2125AV013
開始/終了年度
2021~2025年
キーワード(日本語)
標準化,網羅分析,同位体分析
キーワード(英語)
Standardization,Non-target Analysis,Isotope Analysis

研究概要

環境中や生体中における元素・同位体や化学物質を精確に計測するための手法開発とその標準化や実環境への適用を行う。分析試料中に含まれている元素や同位体比の精確な分析法、有機物質の効果的な捕集法、多数の物質を一斉に分析するための手法やデータ解析法の開発と標準化の過程を通じ、環境計測精度の維持・向上に資する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

新しい発想に基づく環境試料捕集法や試料直接導入法などの試料処理法の開発、多重検出型誘導結合プラズマ質量分析計や二次元ガスクロマトグラフ飛行時間型質量分析計などを用いた機器分析法との組み合わせによる環境化学計測の高度化・標準化を目指し、実環境試料、長期保存試料、環境標準物質などへの適用を進める。

今年度の研究概要

環境試料中のカドミウムなどの同位体測定のための前処理法を確立し、精密同位体比分析に適用する。
近年、生態系へのリスク評価が急務となっているベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤の微量分析法を検討し、その妥当性検証のための予備的な環境モニタリングを実施する。

外部との連携

福岡県保健環境研究所
神奈川県環境科学センター

関連する研究課題
  • 25566 : 環境リスク・健康分野(ア先見的・先端的な基礎研究)
  • 25584 : 基盤計測研究(ア先見的・先端的な基礎研究)
  • 25586 : 基盤計測業務(ウ知的研究基盤整備)

課題代表者

田中 敦

  • 環境リスク・健康領域
    環境標準研究室
  • 室長(研究)
  • 理学士
  • 化学
portrait

担当者