ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

平成7年度環境庁の地球環境研究総合推進費による研究課題について(国立環境研究研究所における実施状況)

伊藤 裕康

 地球環境研究総合推進費は,人の活動が地球環境に及ぼす影響及び地球環境の変化が人の健康,生態系等に及ぼす影響に関する研究,地球環境を保全するための施策の立案に関する調査研究,これら研究を進めるに当たって必要な関連研究を推進するためのものとされている。

 研究対象分野は,(1)オゾン層の破壊,(2)地球の温暖化,(3)酸性雨,(4)海洋汚染,(5)熱帯林の減少,(6)生物多様性の減少,(7)砂漠化,(8)その他の地球環境問題となっている。

 地球環境研究は目的,研究対象の範囲,研究実施主体等で以下のように分類される。

(1)重点研究

 特に重点的に取り組む必要があると認められた研究((1)緊急政策対応研究,(2)大型観測研究,(3)国際共同計画に連携する研究に該当するもののうち優先度の高いもの)

(2)開発途上国等共同研究

 特に開発途上国及び市場経済への移行過程にある諸国の研究組織と共同で,その地域全体について取り組む必要があると認められる研究

(3)課題別研究

 地球環境研究の個別要素に係る研究

(4)総合化研究

 複数の個別要素に係る研究の成果を活用し,これらを総合化する研究,あるいは複数分野に共通する研究対象について分野横断的に行う総合的な研究

(5)課題検討調査研究

 実施の具体的方途が未分明で検討・分析を要する研究領域について適切な課題の設定又は課題の見直しに反映させるために必要な調査研究

(6)国際交流研究

 地球環境研究の国際的な推進を図るために,地球環境部門における外国の研究者をわが国に招聘し,国内の国立試験研究機関等の研究者との共同研究  実施機関は,国立試験研究機関等が実施する事になっているが,総合化研究は,地球環境研究センター及び必要に応じ同センターと共同研究を行うその他の国立試験研究機関が実施し,課題検討調査研究は,国立試験研究機関又は環境庁が実施する。また,必要に応じ国立試験研究機関等から研究課題の一部を大学,民間研究機関等に委託して実施する事になっている。  当研究所が実施に関与している地球環境研究総合推進費の研究課題を表に示す。表において課題番号の欠番が有るのは,当研究所実施分のみを示したためである。表に示した如く,平成7年度で終了する研究課題が多数有るため,今後,課題の見直し等の対応が重要となる。

平成7年度地球環境研究総合推進費研究課題一覧  クッリクで拡大画像がポップアップします

(いとう ひろやす,研究企画官)