ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ナノプラスチックの環境リスク評価に必要な標準粒子の安定かつ効率的な製造技術の開発(令和 3年度)
Development of a method for stable production of spherical nanoplastic standards towards their environmental risk assessment

研究課題コード
2122AN007
開始/終了年度
2021~2022年
キーワード(日本語)
ナノプラスチック,マイクロリアクター,標準粒子
キーワード(英語)
nanoplastics,microreactor,standard particles

研究概要

近年マイクロプラスチックによる海洋汚染が明らかとなり、さらに小さいナノプラスチック(<1µm)についても、世界的な汚染が進んでいる可能性が高い。しかし、ほとんどのポリマーについて標準粒子が存在しないために、環境中でのナノプラスチック存在量は未解明であり、実態に即した毒性試験もできていない状況である。
本研究では、海洋プラごみ汚染で重要な6種のポリマーについて、ナノプラスチックの標準物質となる球状ナノ粒子を作成する。ポリマー溶液をポリマーが溶けない溶媒に添加する手法で調製し、条件の検討とメカニズムの整理、作成した粒子の物性評価を行う。さらに安定性、効率性を高めるため、マイクロリアクターを用いた製造法の検討を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:基礎科学研究

全体計画

本課題では、海洋で検出される代表的な6種のポリマーのそれぞれについてこの手法を適用し、温度や溶媒の種類、混合比率等の最適な条件を検討する。また、条件による形状変化のデータをまとめ、粒子生成のメカニズムについて整理する。作成した粒子については、分子量、結晶化度等の性状の一般性を調べ、標準物質としての妥当性を評価する。
さらに安定かつ効率的な製造を可能にするため、同じ反応をマイクロチューブ内で2液を混合する形で行う手法の開発に取り組む。

今年度の研究概要

調製条件の検討とメカニズムの整理、作成した粒子の物性評価を行う。

関連する研究課題
  • 25563 : 資源循環分野(ア先見的・先端的な基礎研究)

課題代表者

田中 厚資

  • 資源循環領域
    資源循環基盤技術研究室
  • 特別研究員
  • 博士(農学)
  • 化学,農学
portrait

担当者