ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

世界の持続可能な食料生産と消費の実現に向けた政策を支援する環境ホットスポット分析(平成 31年度)
Environmental hotspots analysis for sustainable global food consumption and production

予算区分
CD 文科-科研費 基盤B
研究課題コード
1921CD006
開始/終了年度
2019~2021年
キーワード(日本語)
食料,ホットスポット分析
キーワード(英語)
food, hotspot analysis

研究概要

日本の食料消費活動に起因する世界の様々な地域における食料生産の環境面での持続可能性に関するリスクを分析・特定する手法を構築する。特に、水資源、栄養塩、土地利用に関する環境容量を同一次元で比較可能な環境容量評価指標を開発し、持続可能な食料生産と消費の実現に向けて鍵となるホットスポット(セクター、国、環境要素)を可視化する。これにより、世界の持続可能な食料生産と消費にとって大きなリスクとなるポイントをマクロな視点から把握し、効率的な改善策の立案に貢献できる手法を開発することを目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

本研究では、世界の食料サプライチェーンにおいて日本の消費活動が食料生産の持続可能性に影響を与えるホットスポットを特定できる手法の開発を目指す。食料生産の持続可能性に関わる特に重要な環境要素として「水資源」、「栄養塩」、「土地」に着目し、持続可能性に関わる複数の環境側面の許容量(プラネタリー・バウンダリ)を包括的に評価する指標を開発すると共に、日本の活動に関わる複雑なサプライチェーン構造において持続可能性のリスクとして鍵となるポイントを抽出する手法を構築する。これにより、持続可能な食料生産と消費の実現に向けてより効率的かつ効果的な政策立案の支援に貢献できると期待される。

今年度の研究概要

食料生産に関わる環境負荷は直接的な利用だけでなく、投入される資材・肥料・エネルギーなどの生産に必要な間接的利用も含まれる。そのため、まず直接的な環境負荷量を算定した上で、国際産業連関分析モデル(GLIO)の各セクターに環境負荷量を連結させることで、日本を含む世界231カ国において間接的な利用も含めて日本の食料消費活動に関わる環境負荷を分析することができる。本年度は、本研究で対象とする環境問題のうち、水資源消費、栄養塩排出の2つをまずは対象として各国における環境負荷量を水循環モデルや栄養塩利用に関する統計・モデルを用いて推定し、GLIOモデルのセクターに連結するための配分作業を行う。

外部との連携

産業技術総合研究所、立命館大、早稲田大

課題代表者

南齋 規介

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    国際資源循環研究室
  • 室長
  • 博士(エネルギー科学)
  • システム工学,化学工学
portrait