ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

南アジア諸国の水資源制約下での発電システムの脆弱性評価と適応(平成 30年度)
Vulnerability assessment of electric power generation systems under water constraint and adaptation for countries in Southern Asia region

予算区分
ZZ 個別名を記載 気候変動適応関連研究経費
研究課題コード
1720AI001
開始/終了年度
2017~2020年
キーワード(日本語)
水・エネルギーネクサス,水不足,発電システム,南アジア,適応
キーワード(英語)
Water-energy nexus,Water scarcity,Power generation systems,South Asia,Adaptation

研究概要

気候変動による水資源制約の悪化により有効発電容量の低下が予測されているが、発電システムの脆弱性と適応に関する科学的知見の蓄積が課題となっている。しかし、発電に伴う水需要のデータの整備は遅れている。そこで、これまで開発を進めてきた電力の水需要の定量化と脆弱性評価手法を南アジア地域に適用し、発電水需要データベースを整備する。また、同地域の水文学的知見に基づき、脆弱性が高い地域を同定し、適応策を検討する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

気候変動に伴う水資源制約の変化による南アジア地域の発電システムの脆弱性評価のために、初年度は、対象地域の絞り込みと、農業、工業、家庭および発電の水需要に関する情報を包括的に調査する。また、世界発電所データベースから発電構成(燃料種等)を分類し、発電技術に応じた水利用特性(冷却方式等)を同定し、水需要原単位を整備する。同時に、全球水資源モデル(H08)から域内の再生可能水資源量を地域毎に集計する。次年度は、地域別の発電特性に応じた設備稼働率を求め、発電所毎の年間発電量を推計すると共に、H08で域外起因の再生可能水資源量を求める。3年度は、水需要原単位と年間発電量から発電所毎の水需要を算定し、また、H08で地域ごとの取水特性を明らかにする。最終年度は、農業、工業、家庭と電力部門への水供給特性を求め、水需給バランスによる脆弱性を包括的に評価し、適応策を検討する。

今年度の研究概要

発電システムの発電および水利用特性毎の発電量を規定する。まず、対象地域の発電所毎の発電量を調査する。発電量データが未整備の発電所については、設備利用率(発電容量に対する実発電量)を調査し、WEPPDBの発電容量に乗じて発電量を推計する。設備利用率も不明な発電所については、可能であれば現地調査をし、無理な場合は、国際的な電力統計(IEA Statistics、US EIA等)から国単位の燃料種別発電量を取得し、国単位の設備利用率で代替し発電量を推計する。並行して、対象地域の外的要因による再生可能水資源量(域外RWR)を規定する。そのためにH08で上流域からの河川流入と下流域への河川流出を県毎に集計する。また、域内RWR加えて総RWRを求める。

関連する研究課題

課題代表者

岡寺 智大

  • 地域環境研究センター
    環境技術システム研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (工学)
  • 土木工学
portrait

担当者