ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

 このたびの東日本大震災で被災された方々にお見舞い申し上げます。震災の2週間ほど前、仙台に行く機会があり、土浦駅から常磐線で北上しました。折しも受験シーズンで、水戸やいわきをはじめ、その先の福島県の駅からも受験生と思しき高校生がたくさん乗ってきました。あの子たちは大丈夫だったのだろうか、御家族は今頃避難所で不自由な生活を送っているのではないか、また、あの海沿いの松並木と集落は津波で押し流されてしまったのだろうかなどと、つい最近車窓から見た人々と風景、それにテレビで放映されたあの恐ろしい津波の映像とが重なって複雑な気持ちになります。被災された地域の一日も早い復興を願わずにはおれません。国立環境研究所も少なからず被害を受けましたが、復旧に努めており、また、この4月から新体制の下で研究活動を開始しました。国立環境研究所ニュースも、研究所の情報や最新の研究成果、解説などを今後も発信していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(H.A.)
 

関連記事