ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2014年3月31日

新長期規制対応ガソリン乗用車の車種別速度別CO2等排出係数

国立環境研究所業務報告 F-117-2014

表紙
F-117-2014 [5.7MB]

 本報告書は、平成21~22年度にかけて実施した研究課題「低炭素車両の導入によるCO2削減策に関する研究」と、平成24年度に実施した研究課題「最新直噴ガソリン車の排気ガス中粒子状物質の特性解明」において行った試験結果をとりまとめたデータ集です。

 多様な走行条件下において、新長期規制対応ガソリン乗用車と燃費性能が向上した直噴ガソリン車について排出ガス試験を行い、燃費やCO2および規制ガスの排出量の、車両の平均速度との関係をとりまとめました。乗用車を起源とする環境負荷発生量の削減を目的とした、車両単体の技術開発の車両毎の相違、交差点改良やバイパスの建設等による速度向上等の走行環境の改善等による効果をより正確に把握することに本データは使用できるものと考えます。


(地域環境研究センター 近藤美則(編者))

関連新着情報

関連記事

  • 2015年4月30日国環研ニュース
    特集 都市から進める環境イノベーション
    【シリーズ先導研究プログラムの紹介:「環境都市システム研究プログラム」から】
  • 2013年8月30日国環研ニュース
    特集 環境都市研究の先端と未来
    【環境問題基礎知識】

関連研究者