<HOME















>> シンポジウム会場の様子はこちらをご覧ください
 



内容(要旨集:PDF)
講演発表資料(HTML)
講演発表資料(PDF)
質問への回答(HTML)

《特別講演》西岡秀三
「大局を読む〜次の環境問題は?」

 
 

〈講演1〉横内陽子
「塩化メチルを介した大気-生物圏相互作用を探る〜 森から出るオゾン層破壊物質」

〈講演2〉田村正行
「衛星リモートセンシングで見る環境の現況と変化〜 渡り鳥の生息域とサンゴ礁を例として」

   
 

〈講演3〉五箇公一
「侵入生物の脅威〜 生き物の輸入がもたらす環境破壊」

〈講演4〉野原恵子
「ダイオキシンによる免疫低下のメカニズム〜 人への影響の解明をめざして」

 

〈講演5〉牧 秀明
「微生物で環境をきれいにする〜 バイオレメディエーションとは?」

〈講演6〉中嶋信美
「環境浄化技術〜 植物で何ができるのか?」

 






内容(要旨集:PDF
パネル(PDF)


環境の世紀のフロンティア 独立行政法人国立環境研究所


西洋から見た日本風景の評価


自動車排気中のナノ粒子は健康に悪いか?


バイオテクノロジーを駆使した人工上皮/内皮組織の構築


大気汚染物質はどこで、たくさん発生しているか?


光化学スモッグ中で発生する浮遊粒子


熱帯林の現在、過去、未来


干潟生態系アセスメントにおける新展開 〜HGMアプローチ〜


衛星センサILAS-IIによるオゾン層観測


化学物質のリスク評価と管理のための統合情報システム


母体から子へのダイオキシンの移行と甲状腺機能への影響


観測ネットワーク、MODIS衛星データ及びモデリングを用いた中国の生態系評価


ディーゼル排気微粒子は遺伝子の発現に影響を及ぼすか?


自動車の燃費の実体をさぐる


アジア・大平洋地域における有毒アオコの発生と防止技術


越境する再生資源を追う 〜アジアの資源循環・廃棄の構造〜


ごみの高温溶解スラグを安全に利用するために


化学物質のリスク評価のための動態モデル


ダイオキシンの乳児への健康リスクを数理モデルを用いて評価する


大気と水の汚染状況を地図上で見る!


環境にやさしく快適なオフィスビル「地球温暖化研究棟」の検証


温室効果ガスインベントリとは?
 










2003年6月18日(水)10:00〜17:00 東京メルパルクホール
〒105-8582 東京都港区芝公園 2-5-20 TEL/FAX:03-3459-5501




(交通)JR浜松町駅より徒歩10分/都営三田線芝公園駅より徒歩2分/
    都営浅草線・大江戸線大門駅より徒歩4分




2003年6月25日(水)10:00〜17:00 京都リサーチパークバズホール
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
TEL:075-322-7888 FAX:075-314-2968




(交通)JR山陰線丹波口駅より徒歩5分











(参加費は無料) *申し込み受付は終了しました。 





参加ご希望の方は、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス、参加希望会場を明記の上、下記宛に、添付ハガキ、FAX 、またはE-mailにて お申し込みください。
後日、「申込み受付通知」をお送り致しますので、シンポジウム当日に受付まで お持ち下さい。


〒107-8476 港区赤坂4-9-17 赤坂第一ビル4F(株)インターグループ内
国立環境研究所 公開シンポジウム2003 登録事務局

TEL: 03-3479-6003 FAX: 03-3423-1601
E-mail: nies2003@intergroup.co.jp


 リーフレット(pdf:2.6MB)   ※Adobe Acrobat Readerの最新版はこちらから


※尚、会場の都合により、定員数を超えるお申込みについてお断りさせて頂く場合もございますので、予めご了承ください。












国立環境研究所 公開シンポジウム2003 登録事務局
TEL: 03-3479-6003

※申込み多数の場合、会場定員に達した時点で申込みを締め切らせていただきますのであらかじめ御了承ください。










Copyright(C) National Institute for Environmental Studies.All Rights Reserved. www@nies.go.jp