<HOME < index of 公開シンポジウム2001



結果の御報告

 

来場者総数   約1,200 名(多くの皆様の御来場ありがとうございました)

公開シンポジウム内容・結果

 
会場を埋め尽くすほどの来場者があり、多くの方々に大変熱心に参加していただきました。
 今後とも、研究所の活動に御協力と御支援をよろしくお願いいたします。

来賓挨拶・理事長講演

西野あきら環境大臣政務官による来賓ごあいさつ

合志陽一理事長の講演
「国立環境研究所の到達点と今後の目標」

会場の東京国際フォーラム・ホールCはほぼ満員に

第1セッション「地球環境をマクロな視点で観る」

「人工衛星から地球大気環境の変動を探る」
笹野 泰弘(大気圏環境研究領域)

「広大な海洋環境をいかに把握するか」
功刀 正行(化学環境研究領域)

ポスターセッション

お知らせ
 パネルの内容は近日中に、ホームページに掲載する予定です。会場では時間が十分にはありませんでしたが、どうぞごゆっくりご覧下さい。

会場に設置された16のパネルに多くの方々が集まりました。

第2セッション「車社会の環境リスクを低減する」

「ディーゼル排ガスの危険と汚染の現状を知る」 
新田 裕史(PM2.5・DEP研究プロジェクト)

「人と環境にやさしい新世紀の交通・物流を考える」 
森口 祐一(PM2.5・DEP研究プロジェクト)

第3セッション「循環型社会の実現を目指す」 

「温暖化を防ぐための社会構造の将来について考える」 
甲斐沼 美紀子(社会環境システム研究領域) 

「ゴミ問題から物質循環のあり方を考える」 
酒井 伸一(循環型社会形成推進・廃棄物研究センター)


連絡先
茨城県つくば市小野川16-2
国立環境研究所企画・広報室 TEL 0298-50-2310(直)


先頭へ

HOME

Copyright(C) National Institute for Environmental Studies.
All Rights Reserved. www@nies.go.jp