ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2015年9月18日

平成28年度「環境賞」【終了しました】

主催:国立環境研究所/日刊工業新聞社 後援:環境省(予定)

ごあいさつ

 「環境賞」は公害問題の解決が叫ばれていた昭和49年に創設されました。この42年間にわたり、環境保全や環境の質の向上に貢献すべく、時代の要請に応える優れた取り組みを表彰してまいりました。そして今、温暖化、資源の枯渇、生物種の絶滅など地球環境問題は深刻さを増し、身近な生活環境も悪化を続けています。こうしたなか、環境を守り、未来につなげる調査、研究、技術・製品開発、活動を広く募集し、画期的な成果をあげた個人、法人、団体・グループ等に環境大臣賞等を授与いたします。

応募要項

1.目的

 本賞は環境保全や環境の質の向上への貢献が認められる成果、または貢献が期待される成果をあげた個人、法人、団体・グループ等を表彰することにより、広く環境意識の啓発を図ることを目的とする。

2.対象

 環境に関する調査、研究、技術・製品開発、活動等で画期的な成果をあげ、または成果が期待されるもので、本賞の目的にふさわしいものとする。

  • 低炭素社会の構築に関するもの
  • 生物多様性をはじめとする自然環境の保全に関するもの
  • 循環型社会の形成に関するもの
  • 大気環境、水環境、土壌環境等の保全に関するもの
  • 化学物質の環境リスクの評価・管理に関するもの
  • その他、環境保全や環境の質の向上に関するもの

3.応募資格

 環境保全や環境の質の向上への貢献が認められる成果、または貢献が期待される成果をあげた個人、法人、学校、団体・グループ等

4.応募方法

 環境賞の公式ホームページから所定の申請書をダウンロードし、必要事項を記入してアップロードしてください。

5.募集期間

 平成27年10月1日(木)~12月18日(金)

6.発表・表彰

 環境月間(6月)にあわせて日刊工業新聞紙上で発表し、平成28年6月28日(火)に東京都内で表彰式を開きます。

  • 環境大臣賞   1点(表彰状、盾)
  • 優秀賞   1-2点(表彰状、盾)
  • 優良賞   1-2点(表彰状、盾)
  • 奨励賞   必要に応じて(表彰状)

審査委員会

審査委員長   合志 陽一  (国際環境研究協会会長、東京大学名誉教授)
審査委員    大塚 柳太郎 (自然環境研究センター理事長、東京大学名誉教授)
        三好 信俊  (環境省 総合環境政策局長)
        住 明正   (国立環境研究所理事長)
        松野 建一  (日本工業大学教授、工業技術博物館長)
        丸山 瑛一  (理化学研究所名誉研究員)
        本川 達雄  (東京工業大学名誉教授)
        安河内 朗  (九州大学大学院教授)
        岡田 直樹  (日刊工業新聞社 日刊工業産業研究所長)
専門審査委員  太田 志津子 (環境省 総合環境政策局総務課環境研究技術室長)
        榑林 茂夫  (国立環境研究所企画部長)

審査要綱

1.審査期間 平成28年1月中旬~3月下旬
2.審査手順 書類審査、ヒアリング審査、最終審査を経て選考する。
       ※ヒアリング審査は平成28年3月4日(金)の予定。

お問い合わせ先

「環境賞」事務局 日刊工業新聞社 日刊工業産業研究所
 〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1
 TEL.03(5644)7117/FAX.03(5644)7294
 E-mail:sanken@media.nikkan.co.jp