ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2019年6月14日

受賞のお知らせ ~ 坂田 昂平JSPSフェローが第3回海洋化学奨励賞(30歳未満)を受賞

概要

受賞者氏名: 坂田 昂平(地球環境研究センター)
賞の名称:  第3回海洋化学奨励賞(30歳未満)
授賞機関:  公益財団法人海洋化学研究所
受賞年月日: 2019年04月27日
受賞対象:  エアロゾルのクリーン採取法の開発による微量金属の溶解性と大気化学反応の関連性の解明

ひとこと

この度、公益財団法人海洋化学研究所から第 3 回海洋化学奨励賞(30 歳未満)をいただいたことを大変光栄に思います。海洋表層に存在する植物プランクトンの生物代謝は二酸化炭素の海洋への吸収や磯の香りの成分である硫化ジメチルを大気中に放出することにより雲の形成に影響を及ぼす可能性があります。しかし、海洋表層に含まれる水溶性の鉄などの不足により生物代謝が制限されており、その重要な供給源としてエアロゾルが挙げられていますが、エアロゾル中の微量金属が海洋に溶けるメカニズムに関しては十分に理解されていませんでした。これまで海洋エアロゾル中の極微量の金属の分析には粒径を分けずにエアロゾルを採取する方法が主流でしたが、本研究では粒径を7分画して海洋エアロゾルを採取する方法を確立しました。また、本手法では同一試料から微量金属のみでなく、有機物を含めた多成分の同時分析を実現しました。この手法を用いて採取した試料の分析から、鉄と有機物の大気化学反応が溶解性を増大させることが明らかになりました。今後も微量金属や有機物に関する大気化学研究を行い、大気—海洋相互作用が地球環境に与える影響評価に貢献していきたいと思います。

リンク

研究者紹介

坂田 昂平