ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2018年10月5日

受賞のお知らせ ~
若手奨励賞

概要

受賞者氏名: 竹下和貴(環境リスク・健康研究センター)
賞の名称:  若手奨励賞
授賞機関:  日本環境毒性学会
受賞年月日: 2018年09月11日
受賞対象:  ニッケルが河川の底生動物群集に与える影響の評価,第24回日本環境毒性学会研究発表会, 同予稿集 , 18-19,2018

賞状を手にする

ひとこと

このたび,第24回日本環境毒性学会研究発表会におきまして,若手奨励賞をいただきましたことを大変光栄に存じます.今回の受賞の対象となった「ニッケルが河川の底生動物群集に与える影響の評価」は,8府県にわたる河川調査をリスク評価科学事業連携オフィスと共同で実施して,底生無脊椎動物の種数や個体数と,重金属であるニッケルの濃度との関係性を評価した研究です.化学物質の生態リスク評価においては,実験室内での単一種を対象とした毒性試験が重要な役割を担います.さらに,実際に野外に生息する生物群集に対する化学物質の影響も,生態系保全を図る上では重要な知見となります.しかし,自然環境において生物は着目する要因以外の影響も受けるため,着目する化学物質と生物群集について誤った関係性を導き出してしまわないように,野外調査のデザインや統計解析は慎重に検討されなければいけません. 今回の受賞を励みに,現場と理論の両面から化学物質のリスク評価・管理に貢献できるような研究に,今後も邁進していきたいと思っております.