ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2017年1月20日

受賞のお知らせ ~ 小野寺 崇 主任研究員らが
環境技術・プロジェクト賞を受賞

概 要

受賞者氏名: 小野寺 崇 (地域環境研究センター), 珠坪 一晃 (地域環境研究センター), 水落 元之 (地域環境研究センター)
賞の名称:  環境技術・プロジェクト賞
授賞機関:  公益社団法人土木学会 環境工学委員会
受賞年月日: 2016年12月8日
受賞対象:  バイオガスによる阻害物除去機能を有する新規メタン発酵リアクターの開発, 第53回環境工学研究フォーラム, 同予稿集, 8, 2016

小野寺 崇(左:地域環境研究センター 環境技術システム研究室 主任研究員)

ひとこと

 メタン発酵リアクターは、メタン菌などの嫌気性微生物を巧みに利用することで、廃水や廃棄物からバイオガスを回収できる創エネルギー型の環境技術です。メタン発酵リアクターの性能を安定化・効率化するためには、廃水・廃棄物に含まれる有機物を分解する嫌気性微生物の働き(活性)を高めることが求められます。微生物の働きを高めるためには、リアクター内を微生物にとって心地の良い環境に調整するとともに、微生物の働きを低下させる物質(阻害物)の除去・低減を図ることが必要です。この阻害物には、廃水・廃棄物に含まれる毒物や塩類だけでなく、有機物を嫌気性微生物が分解する過程に生じるアンモニア、硫化水素、水素なども含まれます。本技術開発では、嫌気性微生物の阻害物(アンモニア、硫化水素、水素など)を除去するために、嫌気性微生物が生成するバイオガスを利用するユニークなコンセプトで、新しいリアクターシステムを提案しました。今回の受賞を励みにして、社会に役立つ環境技術の開発ができるよう、今後も研究に精進して参りたいと思います。